男はちゃっかり見てる! うっかり「ダメなオバサン」になる40代女性の後ろ姿3選

婚活中には、全方位で男性からの好感度アップを狙っておくのも、思っている以上に大切なのかもしれません。

ところで、自分ではそこまで意識を向けていないのに、他者からは意外と目につく姿のひとつが“後ろ姿”。

この“後ろ姿”で男性からの幻滅を招いてしまうと、正面からの姿がイケていたとしても「ちょっとご遠慮したいな」につながっているケースもチラホラです。

そこで、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちからこっそりヒアリングしてきた“40代女性のダメ後ろ姿”を3選ご紹介します。

 

うっかり「ダメなオバサン」になる40代の後ろ姿1:後ろだけ髪の毛が絡まっていてツヤもない

 

「この前、飲み会で知り合った41歳の女性が、ものすごいタイプだったんですけど……。

その人がお手洗いに行くときにパッと見たら、髪の毛の後ろ側だけがやたらツヤがなく、さらにはちょっと絡まっている感じで、すごく残念な印象でした。

正面から見ると綺麗なロングヘアだったので、おそらく座っているときに壁に頭をくっつけて、くつろいでいたせいだとは思うんですけど、なんかダサいって言うか、言いようのない残念っぷりでしたね。

好意を抱いていない女性がそうなっていてもあまり気にならないんだけど『いいな』と思っていただけに、衝撃的でした」(42歳男性/保険)

 

髪の長さに関係なく、ダウンスタイルにしていると意外とあるのが、“後ろ部分だけ髪の毛が絡まっている問題”。

居酒屋の座敷などでくつろいでいるときだけでなく、帽子をかぶっている日にも要注意です。

絡まった毛は、手ぐしで軽く整えるだけでもある程度は収まりますし、後ろ姿は、飲み会でも男性たちの目につきやすいだけに、改めて意識しておいて損はありません。

 

うっかり「ダメなオバサン」になる40代の後ろ姿2:スカートやパンツがヒップのラインでシワシワ

 

「僕は、ガリガリに痩せている人よりも、ぽっちゃりめの女性が好きなんですけど、それでも、だらしない感じになっている人はダメなんです。

で、よくいるのが、後ろ姿になるとスカートやパンツのヒップや太もものあたりが、妙にシワシワになっている女性です。

一度見つけちゃうと、そのあと一緒に歩くのも恥ずかしいし、あれはいただけない。

だらしない感じがするし、いかにもオバサン!って雰囲気になるから、どんなに小ぎれいにしている女性でも、あれを見てしまった途端に『やばい』って思います」(43歳男性/システム)

 

ボトムスのシワは、素材の特性に加え、座り方にも関係があるものの、男性からの幻滅を招かないコツとしては、シワになりにくい素材を選ぶのが、なによりも対策に。

また、サイズが小さめなボトムスを選んでいると、そのパツパツ感から、どうしても無用なシワができやすい面も否めません。

余談ですが、言うまでもなく、下着のラインが後ろ姿でクッキリ……も、同様に幻滅を招きやすいポイントですので、ご用心ください。

 

意外と自分で気づかないんですよね…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事