ワケありにしか感じない…「40代女のカラオケ選曲」男がドン引きした3選

取引先との接待や、親しくなりつつある男性との食事デートにおける“2軒目”などなど、ちょっとした場面で男性とカラオケをご一緒する機会は、40代女性にも意外と多いシチュエーション。

本来カラオケは、好きな曲を自由に歌うからこそ楽しめる場面ですが、そんなシチュエーションでの選曲によって「ん? この女性は、ワケあり……!?」などとあらぬ誤解をしだす男性も!

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちから聞いた“ワケあり感が漂う40代女性のカラオケ選曲”にまつわるエピソードを集めてきました。

 

熱唱でうっかり「ワケありなオバサン」1:少し古い不倫ソング

「社内の懇親会でカラオケに行くと、必ず、ひと昔前の不倫系の歌を熱唱する47歳の女性がいるんですけど、あまりにも歌いこんでいる感じが、ものすごい“ワケあり感”を醸し出しています。

最近のヒット曲で、たまたま不倫っぽい歌詞が入っているとかなら、全然気にならないんですけどね。

いつも数曲の不倫ソングを“十八番”で歌うもんだから『あの人きっと、現役の頃に不倫していたんだろうな……』なんて、俺らの間で噂されています」(37歳男性/不動産営業)

 

40代ともなると最新ヒット曲のレパートリーよりも、少し前に流行した曲のほうが歌いやすい面は否めません。

しかしそれが“不倫ソング”なうえに、かなり“歌いこんでいる”様子が出てしまうと、特に年下男性からは「若い頃に、ワケあり!?」な疑惑を向けられる引き金になりやすい傾向もあるのかも……。

どんなに気に入っている曲でも、無用な誤解を避けたいシーンでは、明るい曲が鉄則!?

 

熱唱でうっかり「ワケありなオバサン」2:謎のヒラヒラ手のひら付きバラード

「取引先にカラオケ好きで有名な46歳のオバサンがいるんですけど、スナックなんかで歌が始まると、手のひらをヒラヒラと動かす謎のジェスチャーを入れながら、バラードを熱唱するんです。

正直、歌はそこまでプロレベルって感じじゃなく、まぁうまいかな……ってレベル。

でも、そのジェスチャーがかなり激しくて、まるで歌手になりきっているような自己陶酔っぷりで、どっからどう見てもワケありのオバサンにしか見えません。

ウチの社の若い女子も『カラオケであんなになっちゃうなんて、昔、なんか辛いことでもあったのかねぇ…』とボソッと言っていたので、そういう風に思うのは俺だけじゃないんだなって。

ああいう歌い方をするオバサンって、壮絶な過去がありそうなイメージです」(42歳男性/情報通信)

 

カラオケなんて、自己満足の世界! と開き直って歌ったほうが楽しいのは事実。

しかし、周囲の目が点になるようなジェスチャー付きでバラードを歌い上げてしまえば、ワケありなムードを醸し出してしまう引き金にもなるわけです。

“バラード”というあたりもまた、ワケあり臭を出してしまう要因のひとつかもしれませんが……。

人生がいろいろハードすぎたのかな?次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事