美容ライター 摩文仁こずえが選ぶ、2018年ベストコスメ

今年1年間に発売された製品の中から選び抜かれた「ベストコスメ(ベスコス)」。雑誌などで特集も組まれていますが、ここでは完全に個人的な好みで選んだMYベスコスを発表します!

私はもともとミーハー気質で、光GENJIなら諸星カー君派、高校時代にはアムラーになり、パフィーが流行ったときにはスパイラルパーマをかけたり(失敗してドぎついドレッドになっていましたが)。なのでやっぱり、MYベスコスもTHE王道コスメばかり。マニアックな製品も好きなのですが、各ジャンル1品に絞り込んでみたら、こうなりました。

 

スキンケア・ベーシック部門:クレ・ド・ポー ボーテの美容液

最新の皮膚科学の研究から生まれた、ハリ美容液。レーザー治療などの美容医療とも張り合えるような高いリフトアップ効果が話題のこちら、見た目も肌感も即効的に変わります! 塗り伸ばした時点で肌がピンと張るような緊張感が生まれ、夕方になっても目の下の嫌な小影が現れず、はじめて使った日から大ファンに♪ さらに使い続けていくうちに、両頬を手で包み込むようにすると「なんだか痩せた?」と思うほどの引き締め効果。頬のたるみ毛穴も目立ちにくくなり、今年いちばん手応えを感じたMYベストです!

クレ・ド・ポー ボーテ セラム ラフェルミサン S(医薬部外品)40g 30,000円+税/資生堂インターナショナル

 

スキンケア・スペシャル部門:ポーラ B.Aのアイクリーム

こちらは以前に「目元美容」の記事でもご紹介したのですが、とにかく眼輪筋にアプローチする新技術が画期的。眼輪筋が痩せたり衰えたりすると、まぶたがくぼんだり、たるんだり、目元の形状変化が起こる原因に。このアイクリームを塗った途端にそれが改善されるということはないものの、継続して使えばきっと結果が出るはず、と確信できるほど、ポーラの開発研究技術って本当にスゴイんです!  周りでも「ポーラのチューブものは効く!」いう声をよく聞きます。このチューブものとは、「B.A アイゾーンクリーム」のほか、集中美白美容液の「ホワイトショット SXS」、シワ改善美容液の「リンクルショット」。中でもリンクルショットは発売から約1年後、2018年の1月に値下げをしたことも衝撃でした。製品の売れ行きがあまりに好調のために、生産効率が高まった&研究費のコスト回収の見込みが早まった、というのが値下げの理由らしく……、消費者思いの神対応に感激!

B.A アイゾーンクリーム 26g 16,000円+税/ポーラ

 

ベースメイク部門:ランコムのウルトラファンデ

私がファンデーションに求める条件は、毛穴カバー力と皮脂に対する崩れにくさがありつつ、厚ぼったいオバ肌にならないこと。それを見事に叶えてくれたのが、このリキッド。毛穴もモヤモヤ肝斑もスッと消えて、経時の皮脂テカや皮脂ぐすみも気にならず、それでいて変な重さや圧迫感がなく、若世代向けのラスティングファンデーションにありがちなパサつきとも無縁。「高いカバー力と崩れにくさVS快適なつけ心地という、矛盾を解き放つ」というキャッチコピーに嘘はありません。特に私のようにインナードライ肌の人、化粧直しするのが面倒な人には絶対おすすめです。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッド SPF38・PA+++ 全12色 各6,000円+税/ランコム

 

ポイントメイク部門:THREEのリキッドアイシャドウ

「そのメイク、古いんだよ!」。誰かに言われたわけじゃないのですが、私のアイメイク、古臭くないかな?と思ってしまうことがしばしば。なぜなら、マスカラ3本重ねが定番だった目力全盛期時代の名残で、いまだにアイシャドウは明るい色から濃い色をみっちり重ねてグラデーションにいないと落ち着かなくて……。そんな呪縛から私を解き放ってくれたのが、このアイシャドウ。まぶたに点置きして指でスーッと広げるだけで、今っぽくイイ感じに仕上がるんです。ベースはマットな質感なので、影色効果できちんとまぶたの奥行きを深めつつ、上品パールのキラめきがほどよく華やか。変にキメすぎていないのに目元がボケず、オシャレな雰囲気。しかも時短にもなるから、便利すぎて手離せません。

アルカミストツイストフォーアイ 01 3,500円+税/THREE

 

ボディ部門:タカミのボディゲル。

塗るだけで角質ケアができる、名品ボディゲル。昔はよく、「1週間後のデートでLOVEな展開があるかも⁉なんてことになったら、スリミングケアは潔く諦め、このボディゲルで触り心地の良い体を作ることに専念しよう」と勝手に妄想しておりました……(照)。そんなこんなで何個もリピートしていましたが、今年のリニューアルでもっと大好きに! テクスチャーがさらに良くなりベタつき感がなくなったこと、エイジングケア効果がアップしたのがNEWポイント。背中のニキビ、しぶとく残る虫刺されの痕、放っておいた鏡餅のようにひび割れたかかと、キツイ下着で黒ずんだVライン、座り仕事が続いてザラッと象のようになったヒップなどなど、肌代謝をアップしたい部分に塗っておけば、いつの間にかツルッツル。スクラブのように肌を傷つけることがなく、保湿クリームなどを重ね塗りする必要もないので手軽です。

タカミスキンポールボディ 200g 5,741円+税/タカミ

問い合わせ先

資生堂インターナショナル 0120-81-4710

ポーラ 0120-117111

ランコム 03-6911-8151

THREE 0120-898-003

タカミ 0120-291-714

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

【美容ライターが提言】40代「目元の乾燥」どう対策する?やってないとヤバい目元美容とは?

今月のオトナサローネは、大人の乾燥対策がテーマ。ここでは、40代女性ならほぼ100%の人が気になっているはずの、目もとの乾燥にフォーカスします。目もとの皮膚は顔の他の部分に比べて厚みが1/3ほどしかなく、皮脂…

塗るだけで歯が白く美しく立体的に?3つのプチプラリップで叶います

大人の女性にとって、口紅は新調するのが難しいアイテム。肌から色浮きしていない? オバサンっぽく見えない? 時代に取り残されてない……? などなど、考えれば考えるほど、新しい1本に踏み出すのを躊躇しがち。ですが…

「乾燥しすぎて化粧水さえ入らない」そんな40代肌を救うこの冬の3大スキンケア

気温も湿度もいっきに下がり、肌が急激に乾燥する季節。たかが乾燥、と放っておくと命取り。乾いた肌は折りジワが付きやすくなるし、肌内部がスカスカだと毛穴や開きやたるみも目立ってきます。さらに肌のターンオー…

マロ自眉もあくまで自然な「生えてた風」に。40代を救う眉リキッドがブーム!

細眉ブームのときに抜いた眉毛が復活せずに、いまだに麻呂眉。そうでなくても年とともに眉毛が細く薄く少なくなってきた……。そんなお悩み、40代女性に多いのではないでしょうか。アムロちゃんの引退宣言は衝撃的でし…

たるみもほうれい線も! 40代こそ使いたい最先端コスメ3選

みなさん、たるみケアしていますか? たるみやほうれい線はシミやくすみと違って、ファンデーションではなかなか隠せないのも痛いところ。夕方のエレベーターの鏡や、帰宅時の電車の窓に映った自分の顔……、その深い影…

3歳若見え! ペタッとつぶれた髪の分け目をふんわり戻すワザ

髪の根元がペタッとつぶれていると、いっきに貧相で生活感あふれる印象になりますよね。柔らかなネコ毛が外国の少女みたいにオシャレに見えることもありますが、それは顔が若々しければ、の条件付き。ほうれい線+ペ…

「老けた?」と言われない!オトナ美肌を叶える秋ファンデーション4選

はじめまして、美容ライターの摩文仁こずえです。これからBEAUTYの記事を執筆していきますので、どうぞよろしくお願いします。常に数多くの製品をお試ししていて、新製品や季節モノが大好きなミーハー気質。現在は雑…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事