ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので。

ここ数年で感じていたのはハリの低下とシミくすみ感。多少は受け入れていますが、ちょっとは改善したいじゃないですか。そんな編集長アサミが本気で驚いた【オトナサローネ2018ベストコスメ編集長賞・スペシャルケア編】をお届けします!

 

【高機能クリーム部門】ハリ復活⁉ 枕のあとがつかなくなった、私の救世主

 

エスト ザ クリーム TR 30g・30,000円+税/花王

朝、ほおに枕のあとがクッキリ残る、しかもなかなか消えない。そんな状況がこの数年で何度あったことでしょう。寄る年波には勝てないのかと受け止めていました。それがですね、このエスト ザ クリーム TRを使うようになってから1カ月くらいして……なくなったんです! 自分でもびっくり! ハリが戻ったってことですか⁉

月下香の花びらが持つ「自己再生力」に着目した、エイジングケアのクリーム。こっくりとリッチな使用感ながら、とろけるように肌になじみます。夜、寝る前につけるのですが、その瞬間からふっくら潤って柔らかな肌に。そして翌朝の肌はピンとしたハリを感じられます。顔のたるみもアップするのかな? 先日カメラマンさんから「顔がスッキリした」と言われました。

高級フレグランスに使われる月下香の天然香料を使用したラグジュアリーな香りも、使い続けたくなる理由のひとつ。個人的には「ベスト・オブ・ベストコスメ2018」です!

■花王 0120-165-691

 

【美白ケア部門】肌がトーンアップ。くすみ、にごりを払ってくれます

ONE BY KOSÉ メラノショットホワイト [医薬部外品] 5,300円+税(編集部調べ)美白美容液/コーセー

シミのもとを無色化する──⁉ シミ発生源を初めて3D解析したことでわかった、メラノサイトからケラチノサイトへ大量の黒色メラニンが受け渡されているという事実。そんなシミ発生の原因にダイレクトにアプローチした美白美容液。

こっくりした乳液のようなテクスチャーが心地よく、紫外線が強い季節は毎日使っていました。使ってすぐ、くすみや肌のにごりがパッと晴れた感じがしたんです。この即効感はうれしかったですね。すっごく濃いシミはちょっと薄くなった気がします。ソバカスも薄くなーれと期待中です。

■コーセー 0120-526-311

 

【美容液部門】「年齢=プラス」! ステキに年を重ねる相棒です

DHC クイーン オブ セラム 8,000円+税/DHC

年齢を重ねた肌の遺伝子に働きかけ、老廃物を分解しながら、加齢で低下した肌の再生力を高める。クイーン オブ セラムは、そんな新発想のエイジングケア美容液。いろんな面で「ためないこと」を大切にしているのですが(お金以外・笑)、塗りながら老廃物を分解するという発想がユニークで!

とろんとしたリッチなテクスチャーだけれど、肌にのせるとみずみずしく広がります。フローラルな香りも幸せな気持ちに。使い続けて感じたのは、まず肌が柔らかくなったこと。そして、肌の内側から自然なツヤが出た気がしています。

「年齢=マイナス」ではなく「年齢=プラス」。オトナ世代を応援してくれる美容液です!

■DHC 0120-333-906

 

【ベストコスメ2018特集をもっと知りたいかたはコチラ】

奥二重によかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

ほうれい線と唇の縦ジワに! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

重大なご報告。40代婚活中の編集長アサミが下した「決断」とは?

40代で未婚・独身、恋人いない歴9年、婚活歴2年のOTONA SALONE編集長アサミです。2016年の夏から「40代編集長の婚活記」を毎週更新してまいりました。公開した記事は120回以上。ずっとお読みいただき、本当にありが…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事