乾燥に負けない肌は時短で育む! 私の40代的「うるおい肌」養成術

 

このところ急激に湿度が下がってきていて、いよいよ本格的に乾燥対策を意識したいタイミングとなりました。

40代ともなると、ただでさえ若い頃と比較して「肌がカサつく」「うるおいが足りていない感じ」などと感じる人も珍しくないだけに、自分なりに対応策を見つけておくと心強いもの。

特に、顔の乾燥はメイクのノリにも直結するので、できるだけ効率的かつ時短でフォローできれば、それに越したことはありません。

今月のOTONA SALONE執筆陣のリレー記事は“大人の乾燥対策”がテーマということで、時短美容家である私、並木まきからは、今の私がおこなっている顔の乾燥対策ケアをご紹介します。

 

40代になってから乾燥による“くすみ”も悩みに

 

私の場合、40歳になって「ああ、肌が老けたなー」と思う変化のひとつに、乾燥による“くすみ”があります。

若い頃には、見るからにエネルギッシュそのものだった肌が、なんとなくしぼんでいるように感じると同時に、かさついた箇所があるせいで、全体的に以前よりワントーン沈んだ“くすんだ肌”の印象が加速したように感じています。

だからこそ、乾燥対策でも血行促進ケアを組み合わせ、さらには上質なオイルを使って、しっかりとうるおいを与えるお手入れがマストに。

本格的な冬の乾燥が訪れる前の今の段階から、冬を乗り切るべく、対策を講じています。

 

「乾かない肌の土台づくり」&「うるおいを逃さない」の二刀流ケア

 

そんな私の乾燥対策は「なるべく手間をかけずに、エステ帰りのような肌を目指す」がモットー。

具体的には「乾いてきそう」と感じる前に、炭酸パックで肌の血行を促進し、乾きにくい肌の土台づくりを意識するとともに、デイリースキンケアでは大人肌のためにつくられた上質なオイルを用いて、うるおいを逃しにくい肌を目指しています。

(左から、炭酸ジェルパック10回分/27,000円・税込、ハダリフト 美容液オイル/3,240円・税込 ともにフェヴリナ)

このところずっと愛用中なのは、フェヴリナの『炭酸ジェルパック』と『ハダリフト 美容液オイル』。

どちらも同じメーカーのものだけに、相性もよく、今の私の乾燥対策に欠かせないものとなっています。(まわしものみたいで、ごめんなさい……!)

『炭酸ジェルパック』は、1回ごとにフレッシュな炭酸をつくれる衛生的な使い心地も気に入っているほか、血行を促進してくれたように感じるだけでなく、肌をうるおすヒアルロン酸やダイズ種子エキス、ダメージから守るよう働きかけるザクロ果皮エキスが入っているので、パック後にはうるおいが増した肌を実感でき、ずっと手放せないアイテムになっています。

また、『ハダリフト 美容液オイル』は、マカデミアナッツオイルやアボカドオイルなど、エイジングケアにアプローチするオイルをはじめとして、7種ものオイルを配合しているのにベタつきを感じることは一切なく、さらには加水分解ヒアルロン酸や浸透型ビタミンC、アーチチョーク葉エキスなど、私が「今の私の年齢に必要」と感じる美容成分が15種も入っていることから「これじゃないと」と思うレベルで愛用中です。

パックをした肌に、化粧水を塗る前の段階でオイルを塗る“ブースター的”な使い方が好きで、この流れでお手入れを始めてからは、空気の乾燥が激しい真冬でも、お肌のカサつきを感じにくくなりました。

パックは入浴前後のすきま時間に、オイルはデイリーケアの延長でおこなっているので、高い効果を実感できているのにお手入れそのものは“時短”で済んでいます。

 

私は時短美容家として、40代肌の乾燥対策では「乾いた」に対処するよりも、「乾かない肌にする」に着目した日頃のお手入れがモノを言うと感じています。

個人的には、年齢を重ねるにつれて、外気や環境、ストレスの影響も肌に出やすくなったと痛感しているので、ちょっとやそっとではビクともしない“強い肌”を育むべく、目下、いまの時期から仕込みに励んでいる次第です。

 

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

【緊急対策!】乾燥でパサつく髪の毛をツヤツヤに戻す方法とは?

外気が一気に乾燥して、肌はもちろん、髪もパサつきが気になる季節になりました。ショートヘアの私ですら髪の乾燥が気になるくらいですから、髪の長いアラフォー女性はかな…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても…

使ってよかった! 40代の「ベストコスメ2017」by編集長アサミ【40代からの美容道】 

人生において超・肌荒れ時代を経験しているOTONA SALONE編集長の浅見です。当時とても悲しい思いをしたことがあるため、肌に関しては公私ともにいろいろ研究してまいりまし…

肌を〇〇するのはNGだった!「化粧水の使い方」3つの新常識

スキンケアで使うもので身近なものであり、ないと不安になるもの、といえば化粧水ではないでしょうか。しかしながら本当に正しく化粧水を使えていて、しかも役割を知ってい…

肌を砂漠化させない! 冬の保湿ケア4つのポイント

乾燥が当たり前になりすぎて、自分の肌をあきらめていませんか。生物には本来の姿に戻ろうとする力があります。これはアラフォー肌でも変わることはないのです。的確な保湿…

40代は全員、間違いなく乾燥肌です!「保湿しつつ落とす」皮膚科医の5つの正解ケアとは?

気温がぐっと下がり、秋めいてきた今日この頃。肌に潤いがなくなり、カサカサ感を感じ始める人も多いのではないでしょうか。でもその乾燥は季節的なものじゃなく、加齢によ…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

BEAUTYに関する最新記事