乾燥に負けない肌は時短で育む! 私の40代的「うるおい肌」養成術

 

このところ急激に湿度が下がってきていて、いよいよ本格的に乾燥対策を意識したいタイミングとなりました。

40代ともなると、ただでさえ若い頃と比較して「肌がカサつく」「うるおいが足りていない感じ」などと感じる人も珍しくないだけに、自分なりに対応策を見つけておくと心強いもの。

特に、顔の乾燥はメイクのノリにも直結するので、できるだけ効率的かつ時短でフォローできれば、それに越したことはありません。

今月のOTONA SALONE執筆陣のリレー記事は“大人の乾燥対策”がテーマということで、時短美容家である私、並木まきからは、今の私がおこなっている顔の乾燥対策ケアをご紹介します。

 

40代になってから乾燥による“くすみ”も悩みに

 

私の場合、40歳になって「ああ、肌が老けたなー」と思う変化のひとつに、乾燥による“くすみ”があります。

若い頃には、見るからにエネルギッシュそのものだった肌が、なんとなくしぼんでいるように感じると同時に、かさついた箇所があるせいで、全体的に以前よりワントーン沈んだ“くすんだ肌”の印象が加速したように感じています。

だからこそ、乾燥対策でも血行促進ケアを組み合わせ、さらには上質なオイルを使って、しっかりとうるおいを与えるお手入れがマストに。

本格的な冬の乾燥が訪れる前の今の段階から、冬を乗り切るべく、対策を講じています。

 

「乾かない肌の土台づくり」&「うるおいを逃さない」の二刀流ケア

 

そんな私の乾燥対策は「なるべく手間をかけずに、エステ帰りのような肌を目指す」がモットー。

具体的には「乾いてきそう」と感じる前に、炭酸パックで肌の血行を促進し、乾きにくい肌の土台づくりを意識するとともに、デイリースキンケアでは大人肌のためにつくられた上質なオイルを用いて、うるおいを逃しにくい肌を目指しています。

(左から、炭酸ジェルパック10回分/27,000円・税込、ハダリフト 美容液オイル/3,240円・税込 ともにフェヴリナ)

このところずっと愛用中なのは、フェヴリナの『炭酸ジェルパック』と『ハダリフト 美容液オイル』。

どちらも同じメーカーのものだけに、相性もよく、今の私の乾燥対策に欠かせないものとなっています。(まわしものみたいで、ごめんなさい……!)

『炭酸ジェルパック』は、1回ごとにフレッシュな炭酸をつくれる衛生的な使い心地も気に入っているほか、血行を促進してくれたように感じるだけでなく、肌をうるおすヒアルロン酸やダイズ種子エキス、ダメージから守るよう働きかけるザクロ果皮エキスが入っているので、パック後にはうるおいが増した肌を実感でき、ずっと手放せないアイテムになっています。

また、『ハダリフト 美容液オイル』は、マカデミアナッツオイルやアボカドオイルなど、エイジングケアにアプローチするオイルをはじめとして、7種ものオイルを配合しているのにベタつきを感じることは一切なく、さらには加水分解ヒアルロン酸や浸透型ビタミンC、アーチチョーク葉エキスなど、私が「今の私の年齢に必要」と感じる美容成分が15種も入っていることから「これじゃないと」と思うレベルで愛用中です。

パックをした肌に、化粧水を塗る前の段階でオイルを塗る“ブースター的”な使い方が好きで、この流れでお手入れを始めてからは、空気の乾燥が激しい真冬でも、お肌のカサつきを感じにくくなりました。

パックは入浴前後のすきま時間に、オイルはデイリーケアの延長でおこなっているので、高い効果を実感できているのにお手入れそのものは“時短”で済んでいます。

 

私は時短美容家として、40代肌の乾燥対策では「乾いた」に対処するよりも、「乾かない肌にする」に着目した日頃のお手入れがモノを言うと感じています。

個人的には、年齢を重ねるにつれて、外気や環境、ストレスの影響も肌に出やすくなったと痛感しているので、ちょっとやそっとではビクともしない“強い肌”を育むべく、目下、いまの時期から仕込みに励んでいる次第です。

 

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

【緊急対策!】乾燥でパサつく髪の毛をツヤツヤに戻す方法とは?

外気が一気に乾燥して、肌はもちろん、髪もパサつきが気になる季節になりました。ショートヘアの私ですら髪の乾燥が気になるくらいですから、髪の長いアラフォー女性はかな…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても…

使ってよかった! 40代の「ベストコスメ2017」by編集長アサミ【40代からの美容道】 

人生において超・肌荒れ時代を経験しているOTONA SALONE編集長の浅見です。当時とても悲しい思いをしたことがあるため、肌に関しては公私ともにいろいろ研究してまいりまし…

肌を〇〇するのはNGだった!「化粧水の使い方」3つの新常識

スキンケアで使うもので身近なものであり、ないと不安になるもの、といえば化粧水ではないでしょうか。しかしながら本当に正しく化粧水を使えていて、しかも役割を知ってい…

40代は全員、間違いなく乾燥肌です!「保湿しつつ落とす」皮膚科医の5つの正解ケアとは?

気温がぐっと下がり、秋めいてきた今日この頃。肌に潤いがなくなり、カサカサ感を感じ始める人も多いのではないでしょうか。でもその乾燥は季節的なものじゃなく、加齢によ…

肌を砂漠化させない! 冬の保湿ケア4つのポイント

乾燥が当たり前になりすぎて、自分の肌をあきらめていませんか。生物には本来の姿に戻ろうとする力があります。これはアラフォー肌でも変わることはないのです。的確な保湿…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事