乾燥に負けない肌は時短で育む! 私の40代的「うるおい肌」養成術

 

このところ急激に湿度が下がってきていて、いよいよ本格的に乾燥対策を意識したいタイミングとなりました。

40代ともなると、ただでさえ若い頃と比較して「肌がカサつく」「うるおいが足りていない感じ」などと感じる人も珍しくないだけに、自分なりに対応策を見つけておくと心強いもの。

特に、顔の乾燥はメイクのノリにも直結するので、できるだけ効率的かつ時短でフォローできれば、それに越したことはありません。

今月のOTONA SALONE執筆陣のリレー記事は“大人の乾燥対策”がテーマということで、時短美容家である私、並木まきからは、今の私がおこなっている顔の乾燥対策ケアをご紹介します。

 

40代になってから乾燥による“くすみ”も悩みに

 

私の場合、40歳になって「ああ、肌が老けたなー」と思う変化のひとつに、乾燥による“くすみ”があります。

若い頃には、見るからにエネルギッシュそのものだった肌が、なんとなくしぼんでいるように感じると同時に、かさついた箇所があるせいで、全体的に以前よりワントーン沈んだ“くすんだ肌”の印象が加速したように感じています。

だからこそ、乾燥対策でも血行促進ケアを組み合わせ、さらには上質なオイルを使って、しっかりとうるおいを与えるお手入れがマストに。

本格的な冬の乾燥が訪れる前の今の段階から、冬を乗り切るべく、対策を講じています。

 

「乾かない肌の土台づくり」&「うるおいを逃さない」の二刀流ケア

 

そんな私の乾燥対策は「なるべく手間をかけずに、エステ帰りのような肌を目指す」がモットー。

具体的には「乾いてきそう」と感じる前に、炭酸パックで肌の血行を促進し、乾きにくい肌の土台づくりを意識するとともに、デイリースキンケアでは大人肌のためにつくられた上質なオイルを用いて、うるおいを逃しにくい肌を目指しています。

(左から、炭酸ジェルパック10回分/27,000円・税込、ハダリフト 美容液オイル/3,240円・税込 ともにフェヴリナ)

このところずっと愛用中なのは、フェヴリナの『炭酸ジェルパック』と『ハダリフト 美容液オイル』。

どちらも同じメーカーのものだけに、相性もよく、今の私の乾燥対策に欠かせないものとなっています。(まわしものみたいで、ごめんなさい……!)

『炭酸ジェルパック』は、1回ごとにフレッシュな炭酸をつくれる衛生的な使い心地も気に入っているほか、血行を促進してくれたように感じるだけでなく、肌をうるおすヒアルロン酸やダイズ種子エキス、ダメージから守るよう働きかけるザクロ果皮エキスが入っているので、パック後にはうるおいが増した肌を実感でき、ずっと手放せないアイテムになっています。

また、『ハダリフト 美容液オイル』は、マカデミアナッツオイルやアボカドオイルなど、エイジングケアにアプローチするオイルをはじめとして、7種ものオイルを配合しているのにベタつきを感じることは一切なく、さらには加水分解ヒアルロン酸や浸透型ビタミンC、アーチチョーク葉エキスなど、私が「今の私の年齢に必要」と感じる美容成分が15種も入っていることから「これじゃないと」と思うレベルで愛用中です。

パックをした肌に、化粧水を塗る前の段階でオイルを塗る“ブースター的”な使い方が好きで、この流れでお手入れを始めてからは、空気の乾燥が激しい真冬でも、お肌のカサつきを感じにくくなりました。

パックは入浴前後のすきま時間に、オイルはデイリーケアの延長でおこなっているので、高い効果を実感できているのにお手入れそのものは“時短”で済んでいます。

 

私は時短美容家として、40代肌の乾燥対策では「乾いた」に対処するよりも、「乾かない肌にする」に着目した日頃のお手入れがモノを言うと感じています。

個人的には、年齢を重ねるにつれて、外気や環境、ストレスの影響も肌に出やすくなったと痛感しているので、ちょっとやそっとではビクともしない“強い肌”を育むべく、目下、いまの時期から仕込みに励んでいる次第です。

 

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

 

スポンサーリンク

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

【緊急対策!】乾燥でパサつく髪の毛をツヤツヤに戻す方法とは?

外気が一気に乾燥して、肌はもちろん、髪もパサつきが気になる季節になりました。ショートヘアの私ですら髪の乾燥が気になるくらいですから、髪の長いアラフォー女性はかな…

40代は全員、間違いなく乾燥肌です!「保湿しつつ落とす」皮膚科医の5つの正解ケアとは?

気温がぐっと下がり、秋めいてきた今日この頃。肌に潤いがなくなり、カサカサ感を感じ始める人も多いのではないでしょうか。でもその乾燥は季節的なものじゃなく、加齢によ…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても…

肌を〇〇するのはNGだった!「化粧水の使い方」3つの新常識

スキンケアで使うもので身近なものであり、ないと不安になるもの、といえば化粧水ではないでしょうか。しかしながら本当に正しく化粧水を使えていて、しかも役割を知ってい…

使ってよかった! 40代の「ベストコスメ2017」by編集長アサミ【40代からの美容道】 

人生において超・肌荒れ時代を経験しているOTONA SALONE編集長の浅見です。当時とても悲しい思いをしたことがあるため、肌に関しては公私ともにいろいろ研究してまいりまし…

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を…

【大人の失恋】恋愛が長続きしない40代女性の3つの傾向

せっかくご縁あってお付き合いすることになったのに、長続きせずに別れてしまう残念な恋愛もチラホラ。残念な恋は、若いころなら「これも経験のうち!」と笑える話でも「40代にもなって、これはない」と自らダメ出し…

近寄りがたい! 悪い意味で「貫禄あるよね…」と思われちゃう40代女性のメイク

40代ともなると、その経験値や見た目によって、まわりから「やたら貫禄ある!」なんて思われる女性も少なくありません。貫禄は、いい意味で出ていれば魅力だけれど、悪い意味で出てしまうと「近寄りがたい」「話しに…

なんで使わないの?夏にオバ見えする40代ほど使っていない3つのコスメ

夏場は、気温や湿度のせいで、どうしてもメイクも崩れがちなうえに、お肌の状態も不安定になりがちですよね。「毎年、夏老けを痛感中……」な40代女性ほど、ひょっとすると、大人世代がこの時期に使うべきコスメを省い…

【男性心理】 身体の関係をもったあとに「なんか違う」と思われる40代独女の特徴

親しくなった男性と、本気でお付き合いをするにあたり「いつ、そういう関係になるのがベスト?」「早すぎると、軽いと思われそう……」と頭をかすめるのは、40代でもありがちなお話。しかし私が、同世代男性10名に「出…

夏にやりがち!実は男が嫌がっている【40代のNGヘア】3選

気温や湿度が上がってくると、涼しげなヘアスタイルを心がけている40代女性も少なくないはず。ダウンスタイルよりも、さっぱりとしたスタイリングのほうが、男ウケを狙いやすいのも確かです。ところが「涼しげ」なつ…

【男性心理】「君、不倫中でしょ」と男性から勘違いされやすい40代独女の3傾向

ちょっとした行動が強烈な印象となり「この女性は、もしかして……?」とネガティブな推測が働く男性も。40代女性がなにげなく口にしたひと言や、深い意味がなくした行動のせいで「ひょっとして、この人、不倫してる?…

男性が幻滅!「バッグに入れていないなんて、オバサンだね…」初デートの必需品3選

意中の男性とのデートでは、ちょっとしたシーンの仕草や行動ひとつで好感度が上がることもあれば、幻滅を誘う場合もあるから、気が抜けません。そしてちょっとしたシチュエーションで「あれ? この人は、基本的なも…

これは痛い! 「男ウケ狙いの40代女性」がやらかしたダメすぎるメイク

好きな人や恋人ができると、40代であっても気分は乙女!それは決して悪いことではないけれど、あまりにも「彼ウケ」を狙いすぎたあまりに、周囲の冷笑を買ってしまった40代もチラホラです。彼ウケを狙ったのに男性ウ…

ギトギト・ドロドロ、もうひとつは?「下品なオバさん」認定される40代の初夏メイク3つ

メイクは、その仕上がりによって、上品にも下品にもなりえます。40代は、ミーハー的だったり肉感的だったりしすぎると、途端に「あの人、なんか下品!」なんて思われる引き金にもなりがち。特に、ぱっと見のその質感…

流行を取り入れたら「まさかのオバ路線」!40代女性が老け見えする2019初夏コスメ

メイクのちょっとしたNG次第で、老けた印象や疲れた印象を加速させやすいのが、40代。それだけに、デイリーメイクで使用するコスメは、できるだけ老け見えを招かないアイテム選びも、腕の見せどころです。「私が使っ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事