結婚できないんじゃなくて、しない選択してきたんです!【40代・人生最後の婚活#1】

2018年――私の生活は激変してしまった。彼との新婚生活に浮き足立っていた昨年末からは、とても想像できないくらいに…。

 

イトウウミ、44歳独身。子どもなし、猫2匹と同居中。

 

2018年夏…入籍する、はずだった。しかし、理由もわからないまま破談を迎えていた。いったい、なぜ…?

 

新年を迎えて数日後、彼は荷物をまとめ突然家を出ていってしまった。それっきり帰ってこないし連絡もつかない。まったくもって消息不明。

 

プロポーズしてくれたのに。

ご両親への挨拶も済ませているのに。

職場や友人たちにも報告したのに。

…逃げられた!?

 

彼をすっかり信じきっていた私がバカだったのでしょうか?

彼と一緒にいた時間が、思い出が。すべて嘘だったというのでしょうか?

 

■どん底で見つけた光

そんな破談劇に正月早々遭ってしまった私。人生最大のショックを受けたのは言うまでもない。想定外すぎて茫然自失…そして、すっかり自信喪失し人間不信になってしまった。

 

「じつは料理が口に合っていなかった」とか「洗濯物をザツにたたんでいるのが嫌だった」とか。至らなさをあれこれ考え、「何がいけなかったの?」と自分を責め続ける馬鹿な私。

 

すると、過去のネガティヴ感情も総出し、どうにも止まらない状態に。「だから結婚できない」「自分が悪者になればいいんでしょ」自虐と自棄の極み。気がつけば10ヵ月も無駄な時間を過ごしてしまったのだ。

 

ところが、ネガティヴな感情が出つくしたのか。はたまたぐるっと一周回り、開花したのか。ふと思いとどまった。

 

いやいや、ちょっと待って。

 

私は「結婚できなかった」んじゃない。「結婚しなかった」だけ。

 

そう、開き直った。

 

私は「結婚しない」ことを選択したのよ。

 

重い感情をぽいっと捨てた途端、身軽になった。そして、過去の見返したい気持ちからやる気にアクセルがかかった。

 

私、やっぱり40代のうちに結婚したい!

 

もう一度真剣婚活する!

 

■「決め手」とはなんぞや???

出逢いは「縁」だが、「結婚」には「縁」「タイミング」以外に、プラスαの決定要素がある。いわゆる「決め手」というヤツだ。

 

私の場合、「交際」するところまでは順調にいく。しかしながら、「結婚」となると毎回いいところでつまずいてしまう。悲しいかな、どうやら「決め手」に欠けるようである。

 

それは私かもしれないし、相手かもしれない。逆に、お互い「決め手」が多すぎたり少なすぎたりして、バランスが悪かったのかもしれない。

 

この「決め手」の正体さえわかれば、数学の公式に当てはめるかのごとく、結婚への近道になるんじゃ …って、もちろん、そんな簡単にはいかないことぐらいわかっている。また、その解が一つじゃなくて、たくさんあることも。

 

わかっちゃいるけれども、人生の折り返し地点を曲がってしまった今、攻略本の解答例を見るかのように、スムーズに婚活を進めたいというのが正直なところ。もう失敗したくないし、ふりだしにだって戻りたくない。

 

それじゃあ、「決め手」を知るにはどうしたらいいの?

 

■ボヤいてもいいですか……

もう一度言う。

私は「結婚できない」んじゃない。

「結婚しない」選択をしてきただけだ。

 

強がり? ええ、そうですよ。強がりですとも。言ってしまえば、負け惜しみでもある。

すっかり失ってしまった自信を取り戻すためにも、そして前進するためにも。ある程度の虚勢は必要。今は自分を奮い立たせたい。

 

このまま独りで老いしょぼくれるのは嫌。暗いことばかりの老後を憂うのはつまらない。それならば、新しい家族と一緒に楽しい老後を迎えたい。

 

だから、ボヤかせてほしい。

私がなぜ「結婚しない」選択をしてきたのか。

 

これまでの選択は間違いじゃない。なぜなら、次に続く未来につながっていると納得したいから。そして、赤い糸でつながっている人がきっと待っていると思いたいから。

 

希望は捨てずに40代最後の(になると思いたい)婚活に挑みたいと思う44歳の秋であった。

 

【毎週火曜17時に連載・つづく】

#1 結婚できないんじゃなくて、しない選択してきたんです!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

しみったれ倹約家も豪快ギャンブラーもみんなケチ!【40代・最後の婚活#5】

街も人も1年で最も華やぐこの季節。クリスマスソングがあちこちから聞こえてくると、ウキウキモード全開に! そんな中、何度目か忘れたシングルベルのウミは、なんとなく物憂い気分だった。思いだすのは幸せだった…

ボーダー服を着るオンナはモテないって言われたけれど【40代・最後の婚活#4】

40代半ばにして再開した「婚活」。開き直ったものの、実は「自信のなさ」が空回りしていたことに気がつき始めた。それは、こんな「服選び」にも表れていたようだ。20着は持っている、私たちの定番「ボーダー」私はボ…

「見る目」があるから「結婚しなかった」んです!【40代・最後の婚活#3】

新たな婚活劇の幕が開いたものの、「大人の婚活」がわからず足踏み状態の40代働くシングル女性こと私、ウミ。「結婚しなかった理由」をあれこれ顧みて、自分に足りない「決め手」を模索中です。イトウ、「見る目」が…

婚活カードの「性格」って何を書けばいいの?就活みたいな自己分析にウンザリ【人生最後の婚活#2】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、婚活ふりだしに逆戻り。極度の人間不信になるも、突然の開き直りから婚活を再開した。■とにかく行動あるのみ!こうして、私の婚活は2年ぶりに再び幕を開けた。まずは婚…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事