40女が目指したい自分スタイルとは?ミラノマダムに学ぶ【宣伝課長・長友のアモーレな一冊】

東京も朝晩寒くなってやっと秋らしくなりました。季節が急に変わると困るもの私的ナンバー1が「今日着る服」。毎シーズンちょこちょこ服は買っているのに、なぜか着たい服がない。鏡の前でいろいろと合わせてみては「これじゃない感」があって。なんででしょう?
トレンドに流されて買っただけで、冷静になると実は自分に似合ってない、試着室では着られると思ったけど実は体型にあってない等々。いくつか理由はあるのですが、一番の理由は40過ぎてもまだ“自分スタイル”が確立できてないことかも知れません。そろそろ、自分が本当に居心地よくて、気分があがる「今日着る服」見つけたいんです。

主婦の友社では一昨年に『OVER60 STREET SNAP』を発売して以降、『OVER60 STREET SNAPⅡ』『Madame Chic Paris Snap(マダムシックパリスナップ)』『ミラネーゼ スタイル スナップ』と、日本・パリ・ミラノのアラ還(Around還暦)以上のおしゃれな女性たちを撮影した写真集を立て続けに発売。シリーズで13万部を突破するほどの人気で、「大人世代のファッション本」というジャンルを確立しました。

人気の理由は、モデルになってくれた女性たちが皆、全身で「That’s my style!」と発信する、その人の個性が際立つオリジナリティあふれるおしゃれをしていること。彼女たちが自身のファッションを解説した文章を読むと、若い頃からおしゃれに対するポリシーが貫かれている人もいれば、数々の経験や失敗を経て、今のスタイルにたどり着いた人など様々ですが、どの人も今の自分に自信があって見事にカッコいいのです!

今の私のスタイルは到底およばないけれど、実は「超かっこいい!将来こうなりたい」と思っているのがミラノマダムたちのスタイル。そこで、先にあげた4冊のうち『ミラネーゼ  スタイル スナップ』から、個人的に憧れる3人をご紹介します。

 

グレイヘアがクール!マストハブアイテムに遊びを加えて

ネイビーのブレザー、白いシャツ、インディゴジーンズ……

dainela1_20161025


「時代が変わって常に愛される“Must Have(=持つべきもの)”アイテムをたくさん持っているから、コーディネートは簡単よ」というのは、イタリアメンズブランド「THE GIGI」のデザイナーを夫に持ち、自身も同ブランドのキュレーターを務めるダニエラ・カラッフィーニ。

一度オーソドックスなものを選んでしまえば、飽きることなく、昔買ったものと最近のものもあわせてしまうそうで、このデニムも昔にニューヨークで買った「自分ヴィンテージ」なんだとか。首元にはブレザーと同色のバンダナをあわせたり、シルバーのヒールが特徴的な(おそらくセリーヌ)のブーツをあわせたりと、全体をアップデートさせています。

%28%7B%20atariName%3A%20%22_Q7A0360def.psd%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/_%25E8%2587%25AA%25E5%258B%2595%25E5%25A4%2589%25E6%258F%259B/012-013/DMA-_Q7A0360def.eps%22%29%7D%29

%28%7B%20atariName%3A%20%22_Q7A0361def.psd%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/_%25E8%2587%25AA%25E5%258B%2595%25E5%25A4%2589%25E6%258F%259B/012-013/DMA-_Q7A0361def.eps%22%29%7D%29


また、印象的なグレイヘアは、「重ねてきた歳月を誇らしく感じられて、自分らしくいられるのがうれしい」と、ダニエラのファッションにも影響がありそう。

daniela420161025

 

構築的な白シャツに黒のワイドバンツというマニッシュなスタイルも明るいグレイヘアと、サンダルからのぞく鮮やかなピンクのペディキュアで、無難にならず華やかに見せていてカッコいい~。
これぞ!イタリアの女。セクシーさも忘れない

スポンサーリンク

道端アンジェリカが10kgやせた「トマト寒天」ダイエットレシピ

チアシードや甘酒など、その美容効果に注目し、いち早く取り入れてきた道端アンジェリカさん。彼女がNHK『あさイチ』で今注目している食材として紹介したのは、「寒天」。ぷるぷるとしたひんやりデザートを想像する…

40代が気になる白髪の悩み。実は「冷え」が原因かも!

鏡を見るたびに「あれ?20代のころはこんなじゃなかった!」となることが増える40代。白髪や薄毛、肌のたるみ、乾燥など、その原因は体の『冷え』にあるかもしれません。さらに「目の疲れがひどい」「便秘がなか…

○○を押したり、もんだり!働く女性のつらいアレを指で解消

仕事が忙しくなったこともあり、これまで週に1回通っていたヨガをお休みすることに。すると途端に、肩こりや腰痛が復活してきて。デスクワーク中にできる簡単ストレッチもありますが、周りが一生懸命仕事をしている…

人気和食「賛否両論」の笠原将弘さんの絶品時短レシピ3!5分で作れる「のっけごはん」 【宣伝課長・長友の“アモーレ”な一冊】

平日は帰宅が遅め、頭もカラダもヘトヘトでとても晩ごはんを作る気にならない……。そんな私のような女性多いと思います!でも、便利とは言え、外食や買ったお惣菜が続くと嫌気がさす。だから、遅く帰ってきても短時間…

「糖質オフダイエット」思うようにやせない!その原因と対策はコレ【宣伝課長・長友の“アモーレ!”な一冊】

糖質オフダイエットは、ブームを超えて定着した感がある今日この頃。やせたい!と思ったら「カロリー」よりも「糖質量」を気にしたり、コンビニや飲食店でも「低糖質」を謳った商品やメニューがかなり増えてきました…

もしも親が亡くなったら。頭はパンクします。だから、少しでも先に知っておきたい。【宣伝課長・長友の“アモーレ”な一冊】

あまり考えたくないですが、自分が年を取るということは、親も年を取るということ。「もしも」の時は突然やってくるかもしれません。

40代は初体験ラッシュ。最近どんな初体験してますか?【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

今回紹介するのは、酒井順子さんの『泡沫日記』。「人生後半の初体験」に満ちた日々を記した日記風エッセイです。書店で文庫版の帯の「嗚呼、ミドルエイジ!中年になってもまだまだ知らないことばかり。」を見たとき…

私が仕事抜きでおすすめする「作りおき」本 【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

今、書店の料理本コーナーをのぞくと「作りおき」関係の本がたくさん。「忙しい毎日を過ごしながらも、美味しくて安心できる料理を食べたい、しかも簡単に」というニーズに答える「作りおき」は、その言葉とともに大…

次の海外旅行はクロアチアで「スロウリィな旅」がしてみたい!【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

バカンスの季節到来。先日、一足先に週末を利用して2泊4日(!)弾丸シンガポール旅へ。流行りのスポットに話題のカフェやレストランなどなど、駆け足でめぐってきました。いやー大忙しでした。大いに楽しんで帰って…

バストのたれ、ワキ肉、ハミ肉対策は夜寝ている間に!【宣伝課長・長友の“アモーレ!”な一冊】

はじめまして。主婦の友社の広報・宣伝課の長友薫と申します。1975年生まれの41歳、アラフォーの私が独断で選んだ、「OTONA SALONE」読者に愛すべきおすすめの1冊を隔週でご紹介していきます。よろしくお付き合いく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事