【自粛太り解消】ラーメンで糖質オフダイエットができるって本当?「干豆腐」のすごいパワー

2020.05.28 WELLNESS

テレワークで太った、という方多いと思います。私も見事に太りました。「糖質オフ」の食生活にして、なんとか戻したい!
主婦の友社から発売した『糖質オフなのに本当においしいラーメンダイエット』は、低糖質の中国の伝統食材「干豆腐」を麺がわりに使い、ラーメンなど、さまざまな麺料理を紹介した一冊。

 

毎食パスタや、うどんでも平気なほど麺好きなのですが、「糖質オフ」ダイエットには小麦を使った麺はNG。麺料理なのにダイエットができるというなら、続けやすそう。さっそく作ってみました。

 

干豆腐とは?

干豆腐は長さや形もいろいろ

干豆腐(ホシドウフ)は、中国や台湾ではポピュラーな食材で、かための豆腐を圧縮、脱水して作れられたもの。細切りにして使われることが多く、本来は炒め物やあえ物などに使われます。数年前に新宿三丁目の中華料理店で初めて出会ってから、その独特のむっちり感、噛むとキシっとする歯応えが気に入り、中華料理店でメニューに見つけると必ず注文するほどです。

 

本書で料理を担当した料理研究家の市瀬悦子先生も、同じように干豆腐にハマったそうです。「おいしい・低糖質・高たんぱく」と三拍子揃った干豆腐を麺に見立てて料理すれば「糖質オフダイエット×おいしい」を叶えられる!と発想したのだとか。

 

干豆腐の100gあたりの糖質量はなんと、1.8g、たんぱく質は23.0gも。扱いも簡単で、たっぷりの熱湯でゆでるだけ(冷凍タイプは解凍しておく)。時間がたってものびたりせず、保存もききます。もともとは豆腐なので、とうぜんイソフラボンやカルシウムなど体にいい栄養も含まれており、いいことずくめなんです!

 

中華食材店やネット通販で手に入る


細切りタイプの100g入りが12袋セットになったタイプをアマゾンで注文。冷凍庫で保存し、使う前日に冷蔵庫へ移し解凍しておきます。

 

罪の意識ゼロでラーメンが食べられるなんて!

表紙の豆乳坦々麺も捨てがたいけど、まず試したのは家にトマトがあったので「トマト入り辛ラーメン」を作ることにしました。本書のなかで一番糖質量が多いラーメンですが、それでも糖質は22.6g。

材料(2人分)

干豆腐(解凍する)…200g
トマト…2個
[A] 水…3と1/2カップ
コチュジャン…大さじ2
しょうゆ、みそ…各大さじ1と1/2
鶏ガラスープのもと…大さじ1/2
粉とうがらし、ごま油…各小さじ1
にんにく(すりおろす)…1/2かけ
パクチー…適量
※自宅に粉とうがらしがなかったので、ごま油のかわりにラー油小さじ2で代用しました。

ゆでるときは、数回ほぐすとよい

 

Aをいれた鍋を中火にかけ、煮立ったら一口大に切ったトマトを加えてさっと煮ます(スープ)。ゆでて水気をきった干豆腐とスープを器に盛り、ざく切りにしたパクチーをのせて、トータル10分ほどで完成。

おお!見た目はほぼラーメン。辛さとみそのコク、トマトの酸味や甘みが合わさってとてもおいしい!小麦の麺とはやはり違うけど、あっさりとした干豆腐にスープがあう!食べ応えがあるので、「お腹いっぱい」を感じることもできて、「干豆腐ラーメン、全然アリ!」です。初めて干豆腐を食べた夫もおいしいと完食してくれました。

これならもっといろいろチャレンジしてみたい!次は「台湾風まぜそば」(糖質5.1g)や「豚バラねぎ塩焼きそば」(7.7g)が気になっています。

書籍P17より「台湾風まぜそば」

 

糖質オフつまみにも干豆腐は最高

本書には、麺料理だけでなくおつまみやおかずになる干豆腐料理も紹介されています。コロナ自粛で外食できない中、中華料理店で注文していたあの味を自宅で食べられることに感動。

パクチー好きにはたまらない!干豆腐のパクチーあえ

ゆでた干豆腐(100g)と、パクチー、せん切りにしたねぎに、水、ごま油、塩、鶏ガラスープのもと、こしょう、にんにく、花椒粉(なかったので、私は山椒の粉で代用)をあえただけなのに、めちゃめちゃおいしい中華つまみができあがりました。思わず「生ビール!」となるところをこらえてここは「ハイボール」といただきます。「干豆腐のパクチーあえ」はなんと糖質2.3g!

 

便秘もイラつきもなし!医者もお墨つき「干豆腐」

本書の監修をしていてる糖尿病専門医の大村和規先生も、糖質オフで−25kgやせた経験の持ち主ですが、ダイエットで一番つらかったのが便秘とイラつきだったとか。干豆腐なら、水分、食物繊維、オリゴ糖が含まれ便秘解消に。カルシウムも豊富だからイラつき予防になり、麺料理はバリエーションも多いので制限している感じはなく、楽しく継続できるのでおすすめと言います。

コロナ太りでまずいなという方、ぜひ新しい食材「干豆腐」でダイエット、試してみてください。

 

糖質オフなのに本当においしいラーメンダイエット』(料理:市瀬悦子、監修:大村和規、主婦の友社)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク