ネコは他の動物に比べて研究が進まない…その “ネコさまらしい”理由って何?

今、世の中は空前の猫ブーム。昨年の猫の飼育数が永遠のライバル・犬を初めて上回り、SNS上では可愛い猫の画像をアップする“ニャンスタグラマー”が急増しています。そんな多くの人々を魅了し続ける猫ですが、10月11放送の「ろんぶ~ん」(NHK)では猫にまつわる面白い研究結果が紹介されました。

 

猫の研究が進まない“猫さまらしい”理由とは?

 

論文の発表者は、京都大学大学院の博士研究員・高木佐保さん。彼女は“猫に思い出はあるのか”について研究するべく、4つのお皿を使った“ある実験”を実施したそうです。

 

まず、おやつの入った4つのお皿を用意。猫に2皿分食べさせたところで、猫を別室に移動させます。ここで4つのお皿全てを空っぽのお皿と交換。そして15分後に猫をもとの部屋に戻して、どのような行動をとるのか観察しました。

 

猫に思い出がなければ、4つのお皿のことなど覚えているはずもありません。しかし実験では、猫がおやつを食べていない残り2枚のお皿を探し始めたそうです。この研究結果から、高木さんは“猫がどこのお皿に何が入っていたかを記憶している”と結論。「猫には思い出がある」と論文で発表したことで、海外からも大きな注目を集めたといいます。

 

しかし猫の研究はチンパンジーや犬と比べて、全く進んでいないのが現実。なぜ猫の研究が進んでいないかについて、高木さんは「(猫は)気まぐれなので、なかなか実験にノッてくれない」と話していました。

 

実に猫らしい理由に、ネット上では「それでこそ猫さま」となぜか歓喜の声が続出。「猫は人の思うように動かないからいいのよね。だからこそ癒される」「研究対象としても猫は気まぐれなのね」など、期待を裏切らない猫に称賛の声が続々と寄せられているようです。

 

2兆円超えの経済効果を生み出す“ネコノミクス”って?

猫ブームの影響は、日本の経済効果にまで及んでいるのだそう。安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなんでつけられた、猫による経済効果「ネコノミクス」。日本におけるネコノミクスは2015年時点で、およそ2兆3162億円にも上るとか。

 

ネコノミクスの代表的な例を挙げると、例えば「猫カフェ」。世界初の猫カフェは台湾だと言われていますが、世界で最も猫カフェがある国は日本だそうです。日本猫カフェ協会の調査結果によると、その数はなんと約300店舗もあるとのこと。最近では日本の猫人気が海外にまで伝わり、ニューヨークなどの世界的都市にまで猫カフェがオープンしているとか。

 

さらに猫の割合が多い島、通称「猫島」も猫ブームを象徴するひとつ。猫島は特定の島を指す言葉ではなく、猫の割合が多い島のことを総称していいます。猫島として有名なのが、愛媛県の青島や宮城県の田代島、香川県の直島など。日本人観光客はもちろん、外国人観光客からも人気を集めているようです。

 

まだまだ留まる気配が全くない猫ブームですが、この熱は一体どこまで続いていくのしょうか。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

3か月で7㎏やせてリバウンドしてない僕が教える超カンタンな7つのルール

みなさんはじめまして!ダイエット研究家の三浦卓也です。いきなりですが、僕は体重が人生で自己最多となった2018年の8月からバターコーヒーと糖質制限ダイエットをはじめ…

19冬ドラマ「全部見て」選び抜いた、おすすめ5作品はこちら……!

菅田将暉が念願の教師役に初挑戦している『3年A組―今から皆さんは、人質です―』や錦戸亮がかっこよすぎてファンがザワつく『トレース~科捜研の男~』など、平成最後の冬ド…

【魔改造】コンビニおでんが10分で超本格カレーに!「おでんスープカレー」【21時の残業レシピ】

プロダクトデザイナーときどき料理人の辻村哲也です。「21時からのひとりごはん」連載6回目は、コンビニのおでんを使った簡単アレンジ料理。おでんの汁を活かしたスープカ…

篠田麻里子が玄米婚!10日で3㎏美しくやせる「玄米ダイエット」とは?

元AKB48で女優の篠田麻里子さん(32)が今月16日に3歳年下の実業家(29)と結婚。2人には「玄米を食べて育ったところ」など共通点が多かったそうで、ネット上では「玄…

40代半ばのみんなが始めた「更年期対策」は?食事、サプリ、漢方そして…

40代同士で雑談していると、30代の頃には出なかった話題が出てきませんか?代表的な言葉がまず「老眼」、たまに出るのが「老後」、そしてもう一つが「更年期」!一般的には…

「最初の3日で10㎏やせが決まる」断糖ダイエットって?【40代ダイエット奮闘記#2】

長年、自分に甘く生きてきて、体重三桁を目前にして体調は自分史上、最悪……。そんなときに舞い込んだダイエット体験モニターに飛びつき、「最初で最後の本気ダイエット」を…

効果が出たダイエットは食事?運動?40代が「3kgやせたいとき」のダイエット

食事制限をすればすぐやせる、でも続かない。運動はコツコツとやせていける、でも続かない。結局ダイエットは根気と努力の問題だ、とは痛いほどわかっているのですが、失敗…

たった10回で効果抜群! お腹がみるみるヘコむ「クランチ」エクササイズ

たるんだお腹を引き締めたい、欲を言えば、キレイな線を入れたい…でもお腹のトレニーングってきついイメージがある。そんな人には、きつくないクランチエクササイズがおす…

おばさんの境目は45歳! しかし年齢だけでない“おばさんジャッジ”の要因

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。世の中には、面白いアンケート調査がいっぱい。私も仕事柄様々なアンケートに目を通すのですが、最近ではBIGLOBEが発表した「年齢に関する意識調査」が実に興味深い内…

まだほんの序章に過ぎない…?“2019年の値上がり商品”コレだけは押さえておけ!

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。2019年は早くも“変化の年”になりそうな予感。元号や消費税などあらゆるものが変わりつつありますが、中でも私が注目しているのが“物価の値上げ”。人気テーマパークから…

ブーツカットはもはや時代遅れ!? 世間から“痛い”と思われる「勘違いファッション」

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。ファッションは、女性をより輝かせるマストアイテム。しかしその着こなし方を1歩間違えると、自分の意志に反して“マイナスの効果”を生み出してしまう可能性が。「体型…

70代の親を持つアラフォー世代必見! 緊急時に大活躍する“命のバトン”って何?

こんにちは。フリーライターの山下友里恵です。みなさん突然ですが、「命のバトン」ってご存知ですか? 70代の親を持つ方必見のアイテムなのですが、知っている人はほんの一握り。かくいう私も、最近になって知りま…

マツコも思わず「応援してねーよ!」 ボディビル大会のかけ声が独特すぎると話題

筋肉が好きな人もそうでもない人も、見事なマッチョに目を奪われてしまった経験はありませんか。最近ではマッチョの筋肉だけでなく、マッチョを応援するための“かけ声”が話題に。今回はネット上で大きな注目を集める…

話題の漫画家・柴田亜美の極限美容に見る「51歳美女のつくりかた」

「南国少年パプワくん」(エニックス)や「自由人HERO」(集英社)など、数々のヒット作を手掛けた超人気漫画家・柴田亜美さん。10月30日放送の「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演し、その相変わらず…

3兆円以上の効果がある?日本を動かす「オンナの宴」の実態

男子禁制の秘密の花園“女子会”。その経済効果は約3兆7000億円に上り、2020年東京オリンピックの経済効果を大きく上回ると言われています。今や日本経済を動かしている“女子会”ですが、なぜここまで著しい成長を遂げ…

合コンの時代はもう終わり!? 人気急上昇中“マッチングアプリ”の実態を徹底追及!

「理想の人に出会いたい」という男女の切実な願いを叶えてくれる“マッチングアプリ”。10月10日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)では“マッチングアプリにハマる人”をクローズアップし、その人気の秘密と実態につい…

BMIを広めたのは保険会社の陰謀? 林先生も驚く衝撃事実

ダイエットに取り組む際、気になるのが体重と体脂肪率、そして“肥満指数”とも呼ばれる「BMI」ですよね。しかし今年10月に放送された「林先生が驚く 初耳学!」(TBS系)では、“BMIは金儲けのために広められた適当な…

「だめんず・うぉ~か~」作者が教える“こんな男に気をつけろ”

「だめんず・うぉ~か~」(扶桑社)で知られる漫画家の倉田真由美さんが、10月8日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。“だめんず”に騙されないための方法を教えてくれました。だめんずを見分けるプロフ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事