ボーダー服を着るオンナはモテないって言われたけれど【40代・最後の婚活#4】

40代半ばにして再開した「婚活」。開き直ったものの、実は「自信のなさ」が空回りしていたことに気がつき始めた。それは、こんな「服選び」にも表れていたようだ。

 

20着は持っている、私たちの定番「ボーダー」

私はボーダーの服が大好きだ。有名ブランドからファストファッション、半袖や長袖、素材違いや色違いで20着は常備している。今もまさに白黒ボーダーのルームウェアでPCに向かっている最中だ。

 

そんなボーダーLOVEの私が、本屋で出会ってしまった。『ボーダーを着る女は、95%モテない』という、恐ろしいタイトルの本に…。

 

ボーダー着て許容されるのは100人中たったの「5人」!?

それ以外は、当然のごとく「男性ウケしない」の!?

 

今まで「モテ要素」マイナスの生活を送っていたとは…男性を寄せつけないバリアを無意識に張っていた私は、ショックを受けた。

 

冷静に考えるとボーダーに「モテる要素」はゼロ

一概に「ボーダー=男性ウケ悪い」と言われても、なんとなく信じがたい。ボーダー柄の人を見かけない日はないし、一家に1枚、いや一人1枚は必ず持っているアイテムだろう。

 

着るものが決まらないとき、自然とボーダー柄を手に取っていないだろうか。私は1週間色違いを日替わりで着ていたこともある。着ている人が多いからこそ、無難で安心できる服。まさに、困ったときの救世主だ。

 

一方で、「モテ要素が少ない」のも納得できる。トップスがボーダー柄、ボトムスがジーンズというコーデは、たしかに手抜き感があるかもしれない。私にとっては、迷いなく選ぶ最強コーデではあるけれども…。

 

女性らしさに欠ける?ーー太ボーダーは選び方に失敗すると、囚人服かラグビーのユニフォームに見えるよね。

 

汚れたらすぐ洗える!ーーうれしいポイント。でも、所帯染みちゃうよね。

 

手軽さゆえに油断するとおざなりになってしまうボーダー服。じつは、センスが問われる難易度の高い服だった。恐るべし!

 

では恋愛負け知らずのコーデとは?そこで気づいた「女子アナ」コーデ

男性はよく「女子アナ」コーデを好むという。ひらひらフリルのトロみあるトップスに、ほどよいふんわりスカート。高すぎない上品なパンプス。ほんのりブラウンの髪はコテでゆるく巻いて、耳元にゆれる小ぶりなピアス。

 

頭文字をとって、「ひらトロンふわゆら」コーデ(と勝手に命名)。その軽やかな響きからも、女性特有の優しさ・柔らかさ・しなやかさが感じられる。まるで甘い魔法にかかったかのように。男性は女性らしさを感じ、守ってあげたい気持ちになるのかもしれない。

 

一方で、ボーダー柄は男性も着る。自身も着るからこそ、ボーダー服の女性を中性的に意識してしまうのでは。「仲間」「同士」と感じてしまうのかもしれない。

 

ヘタすると、ペアルックになってしまうボーダー柄。「無難」「普通っぽい」ことから適度な刺激や緊張感が薄れてしまう。ここに、「ウケが悪い」原因があるのだろう。

 

ボーダーはモテないことを知らない皆さん、今すぐ知って……

ボーダー柄ばっかり着てきた私。ありがたいことに、お相手もボーダー柄を好んで着る方が多かった。そのため、幸か不幸か「ボーダーモテない論」の存在をまったく知らなかったのだ。

 

「ひらトロンふわゆら」コーデ、興味ありますよ。でも、悲しいかな、女子アナみたいにはなれない。逆に、着慣れたボーダー服が私の個性になってしまった。

 

だから、「ボーダー服しか着ない女性は…」と言う男性を自然と避けてしまった。私の個性を受け入れてほしい気持ち半分、「ボーダーモテない論」を疑わない、相手への警戒心半分で。

 

なんて…なんて、もったいないことをしてきたんだ!

 

自省。私のボーダー愛は「自信のなさ」そのものの表れだった

そう、私は守備範囲を狭めていたのである。「ボーダー柄OK」の人とピンポイントで狙いを定めているのだから、苦戦を強いられてもしょうがない。ボーダー柄で堂々と婚活パーティ、行きましたとも。結果惨敗なのは言うまでもない。

 

だから、言わせてほしい。

 

認めます。今までの自分は「自信がなかった」と。

「変化」をあえて避けてきた、と。

 

私は「無難」「安心」という観点でボーダーを着てきた。しかも、「わかる人にだけわかればいい」なんて、思いきりこじらせて。きっと、「自信のなさ」を認めたくなかったのかもしれない。

 

新しいものを受け入れるにはパワーがいる。特に、40代ともなると保守的にもなるし、冒険しづらくなる。受入体制を整え、変わるには時間と労力を要するのだ。

 

だから、変わりたいと思ったときこそ、チャンス。ちょっとだけボーダー柄の出番を減らして、自分らしい女性らしさを研究してみたい。そうしたら、出逢いの範囲も広がるかも!? ……洗いたてのボーダーを干しながらワクワクしてきた。

 

【毎週火曜17時に連載・つづく】

#1 結婚できないんじゃなくて、しない選択してきたんです!

#2 婚活カードの「性格」って何を書けばいいの?就活みたいな自己分析にウンザリ

#3 「見る目」があるから「結婚しなかった」んです!

#4 ボーダー服を着るオンナはモテないって言われたけれど

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

しみったれ倹約家も豪快ギャンブラーもみんなケチ!【40代・最後の婚活#5】

街も人も1年で最も華やぐこの季節。クリスマスソングがあちこちから聞こえてくると、ウキウキモード全開に! そんな中、何度目か忘れたシングルベルのウミは、なんとなく物憂い気分だった。思いだすのは幸せだった…

「見る目」があるから「結婚しなかった」んです!【40代・最後の婚活#3】

新たな婚活劇の幕が開いたものの、「大人の婚活」がわからず足踏み状態の40代働くシングル女性こと私、ウミ。「結婚しなかった理由」をあれこれ顧みて、自分に足りない「決め手」を模索中です。イトウ、「見る目」が…

婚活カードの「性格」って何を書けばいいの?就活みたいな自己分析にウンザリ【人生最後の婚活#2】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、婚活ふりだしに逆戻り。極度の人間不信になるも、突然の開き直りから婚活を再開した。■とにかく行動あるのみ!こうして、私の婚活は2年ぶりに再び幕を開けた。まずは婚…

結婚できないんじゃなくて、しない選択してきたんです!【40代・人生最後の婚活#1】

2018年――私の生活は激変してしまった。彼との新婚生活に浮き足立っていた昨年末からは、とても想像できないくらいに…。イトウウミ、44歳独身。子どもなし、猫2匹と同居中。2018年夏…入籍する、はずだった。しかし、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事