婚活カードの「性格」って何を書けばいいの?就活みたいな自己分析にウンザリ【人生最後の婚活#2】

イトウウミ、44歳。結婚を誓った彼に逃げられ、婚活ふりだしに逆戻り。極度の人間不信になるも、突然の開き直りから婚活を再開した。

 

■とにかく行動あるのみ!

こうして、私の婚活は2年ぶりに再び幕を開けた。

まずは婚活パーティに行ってみよう! とスマホでリサーチ。

 

「婚活」と入力すると、見たことがないキーワードがずらり…

婚活市場は想像以上に様変わりしていて驚く。

 

「マッチングアプリ」って何!?

もう「街コン」って古いの!?

ならば「趣味コン」だ!…って、年齢制限がある! どうゆうこと!?

 

そう、私が真剣婚活していたのは、39〜41歳のとき。親の介護で遅いスタートなのはしかたがない。もちろん、結婚には至らなくとも、それまでにお付き合いした方はいる。とはいえ、活動実績は40代前半で止まっていた。

 

44歳ともなれば「不惑の四十代」も半ば。対象となるお相手の方の年齢層も、条件も変わってくる。また、パーティやお見合いの内容も異なってくる。これまでとは環境が違う、本格的な「大人の婚活」に突入するのだ。

 

困った…今までのパターンが通用しない!

いろんなものをアップデートしなくては…。

 

「大人婚活」の進め方がわからない私は、入り口で立ち止まってしまった。

 

■「自己分析」ありき、って本当?

婚活には、まず「自分を知る」必要があるという。いわゆる「自己分析」だ。

 

私は婚活のために自己分析をしたことがない。そもそも自分の内面がよくわかっていないし、あまり必要性を感じていなかったからだ。

 

しかしながら、「婚活の第一歩は『自分をよく理解すること』」「もっと自分を愛してあげましょう」など、How to 系の読み物には必ず書いてある。そんな文章を目にするたび、じつは焦りを隠せなかった私。

 

自己分析って、「結婚」するのにマストなものなの?

婚活市場にいる人は、自分のことを徹底的にわかっているの?

 

■「婚活」と「就活」の違い

「自己分析」といえば、まず浮かぶのは「就活」。限られた時間内で自分を売り込むため、あらかじめ多面的に分析したことを思い出す。

 

ここでの「自己分析」は、「自分」という商品価値を最大化して相手(企業)に受け入れてもらうため、必要な作業だったといえる。

つまり、相手がいることで成立する。

 

一方、「婚活」における自己分析はどうだろう。

 

お目当ての相手がいることが前提?

ターゲットとなるお相手がいなくても、自己分析ってできるの?

 

例えば、アピールカードの「性格」欄。少ないスペースに「優しい」とだけ書いてある。

何に対して「優しい」のだろう、と思う私。

ひねくれているのかしら…。

 

自己紹介で「筋トレが趣味。毎日やっていたらメンタル面もマッチョになりました」という男性。

毎日続けることはすばらしいと思う。けれども、メンタルの強さって自分だけで計れるの? と、心の中でつっこむ私。

歪んでいるのでしょうか…。

 

だから、ボヤかせてほしい。

「婚活」における「自己分析」、「ええ恰好しい」感が見え隠れしていて、イマイチ信用できません!

そもそも、万人受けするような「自己分析」って必要なの?

 

かくいう私も、「素直」「思いやり」「適応力」などを長所として挙げるが、時々恥ずかしくなる。ましてや、本当の短所はここに書けない。モザイクかけてぼかし、ごにょごにょ書いていたりする。

 

自分でさえこうなのだから、美辞麗句の並んだ人様のプロフィールや自己紹介は、なんとなく疑ってかかってしまう(失礼!)のだった。

 

■もっとあなたを知りたい

とはいえ、婚活に自己紹介は付き物。ある程度の「自己分析」は避けては通れない。

 

そこでひとつ、私からの提案。

Q&A形式にするのはどうだろう。

 

「大事にしてきたモットー」

「大声で話したい自慢」

「100億帰り道に落ちていたら」など。

 

簡単な質問を矢継ぎ早に相手に投げかけてみる。すると、瞬発力や表現力、知識力が問われるだけでなく、その人の性格がじんわり表れてくるから面白いのでは。お互いのテンポもわかるし、ツッコミやら合いの手がハマれば(未来の)夫婦漫才にもなる。

 

結局のところ、「長所」や「短所」は相手を見抜くフィルターの一つ。重要になってくるのは、出会った後の会話であり、やりとりだ。あーだこーだ悩みながら自己分析するのに時間がかかるくらいなら、出逢いのチャンスを求めて行動したほうがいい。

 

「自己分析」よりも、ターゲットが見つかってからの「お相手分析」のほうがはるかに重要だろう。相手を知ることから、ストラテジックな婚活が始まるのだから。

 

なんて思いつつ、今日もプロフ欄の「性格」記入欄にむむむ…と頭を悩ませていたのだった。

 

【40代人生最後の婚活・毎週火曜17時に連載】

#1 結婚できないんじゃなくて、しない選択してきたんです!

#2 婚活カードの「性格」って何を書けばいいの?就活みたいな自己分析にウンザリ

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

しみったれ倹約家も豪快ギャンブラーもみんなケチ!【40代・最後の婚活#5】

街も人も1年で最も華やぐこの季節。クリスマスソングがあちこちから聞こえてくると、ウキウキモード全開に! そんな中、何度目か忘れたシングルベルのウミは、なんとなく物憂い気分だった。思いだすのは幸せだった…

ボーダー服を着るオンナはモテないって言われたけれど【40代・最後の婚活#4】

40代半ばにして再開した「婚活」。開き直ったものの、実は「自信のなさ」が空回りしていたことに気がつき始めた。それは、こんな「服選び」にも表れていたようだ。20着は持っている、私たちの定番「ボーダー」私はボ…

「見る目」があるから「結婚しなかった」んです!【40代・最後の婚活#3】

新たな婚活劇の幕が開いたものの、「大人の婚活」がわからず足踏み状態の40代働くシングル女性こと私、ウミ。「結婚しなかった理由」をあれこれ顧みて、自分に足りない「決め手」を模索中です。イトウ、「見る目」が…

結婚できないんじゃなくて、しない選択してきたんです!【40代・人生最後の婚活#1】

2018年――私の生活は激変してしまった。彼との新婚生活に浮き足立っていた昨年末からは、とても想像できないくらいに…。イトウウミ、44歳独身。子どもなし、猫2匹と同居中。2018年夏…入籍する、はずだった。しかし、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事