非常識なオバサン…? 「電車の中」で男がゲンメツする40代女性のNG振る舞い

先日は、タクシーで移動中に男にドン引きされがちな40代女性の傾向を「イチャつくよりもヤバいオバサン…!? タクシーで男が幻滅する40代独女の振る舞い」こちらの記事でご紹介しましたが、もうひとつ、デート中に意外とチェックされている場面に、“電車での移動中の振る舞い”が挙げられます。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちがギョッとしたという電車における40代女性の振る舞いに迫ります。

 

うっかり「非常識なオバサン」に見える振る舞い1:手すりに寄りかかるようにして立つ

 

「この前、飲み会で意気投合した41歳の女性と帰りの方向が一緒だったので、同じ電車に乗って帰ったんですが……。

そんなに混んでない車内だったとは言え、疲れているのか、手すりに寄りかかるようにして立っている姿を見て、ギョッとしました。

電車内でこういう姿勢になっている女性、たまに見かけますけど……。

だらしない感じがして、僕はどうも苦手です。

40代でこれをしちゃあ、ただの“だらしないオバサン”にしか見えません(苦笑)。

自分の連れがそれ系となれば、まわりの目も気になったし、若い子じゃないんだから、電車の中でくらいは、ピシッとしていてほしかったです」(45歳男性/IT企業役員)

 

1日の終わりが近づくにつれ、疲労も溜まってくるのが40代のホンネ。

しかし見た目の年齢も相まって、“ふにゃふにゃしているオバサン”にしか見えなくなるのも、男性のホンネなのでしょう。

立ち姿って、自分では盲点ながら、意外と厳しい目が向けられています。

 

うっかり「非常識なオバサン」に見える振る舞い2:自分だけいそいそと座り、あとは知らん顔

 

「最近ちょっとだけ付き合った42歳の女性は、デートでの移動中でも電車に乗った途端に、あいている座席を必死で探すタイプ。

まぁ、そこまではまだ許せるんですけど、僕が『ないな』って思ったのは、1席だけ空いていると、いそいそと自分だけが座り、そのまま知らん顔をして僕の荷物にすら配慮がなかったところです。

別に、荷物を持って欲しいワケじゃないけど、買い物帰りなんかだと、大きな紙袋が周囲の邪魔になりそうなときもあるじゃないですか?

そういうときに『膝に置こうか?』とか『足元に入れておこうか』とか言える女性のほうが、僕は好みです。

『私は女なんだから、座って当然』という態度は百歩譲って理解しますが、気遣いができない人はアウトです」(42歳男性/飲食店経営)

 

電車での座席問題(?)のアレコレは、意外と本性が出やすい部分。

同行者への配慮に欠けると、途端に幻滅を招くのは確実です。

それは間違いなくオバサンですわ…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事