近藤サト、美しきグレイヘアが昔より素敵なワケ

とんねるず・石橋貴明にかわいがられる女子アナは売れるという不文律が、かつてのフジテレビにはありました。

 

たとえば、中村江里子は石橋と共に数々の番組を担当し、石橋にヒナと呼ばれてかわいがられます。エルメスコレクターとしても有名な江里子でしたが、あまりにたくさんのエルメスのバッグを持っているので、石橋に渡されたクレジットカードで購入しているのではないかと週刊誌に書かれたことがあります。

 

女子アナから梨園妻に転身したサト

近藤サトも石橋のお気に入りの一人でした。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、石橋が「学生向けにフジテレビがセミナーをやった時、サトも参加していたが、あまりにサトがきれいなので、フジテレビ側から是非ウチを受けてくれと頼んだほど」際立った存在だったそうです。石橋にかわいがられることはチャンスなはずですが、大物にかわいがられてのし上がってやるというタイプではないように見えました。

 

確か「25ans」(ハースト婦人画報社)でサトは対談コーナーを持っていたと記憶していますが、その時、なぜか妙に地味目な和服を着ていることが多く、なんで着物なんだろうと思っていた矢先、「FRIDAY」(講談社)に10代目坂東三津五郎さんとの熱愛を報じられます。三津五郎さんには家庭がありましたので、不倫でした。これで納得がいったのです。サトは梨園妻になろうとしていて、来るべきその日に備えているんだと。

 

略奪婚を果たしたサトですが、結婚生活は落ち着かないものだったようです。三津五郎さんは日本舞踊・坂東流の家元でもありましたが、古参の弟子たちがサトに向ける視線は厳しく、三津五郎さんの姉妹、いわゆる小姑とも折り合いが悪かったようです。わずか1年7か月で離婚に至った理由について、サトは「子どもを持つことを、周囲に反対されたため」と説明しています。前妻との間にすでに跡取りがいるので、子どもが増えるとややこしくなるということなのかもしれませんが、伝統の家とサトは相性が悪かったのかもしれません。

 

グレイヘアが映えるのは、美人だからではない。

バツイチとなったサトですが、再婚して出産します。「有吉反省会」(日本テレビ系)のナレーターや、情報番組のコメンテーターをつとめるなど活躍の場を広げていますが、最近は「美しいグレイヘア」のアイコンとなりつつあります。

 

グレイヘアとは、「素敵な白髪」のこと。これまで、何となく白髪は染める、隠すのが当たり前とされてきましたが、白髪染めをやめるのではなく、素敵な白髪になるというコンセプトは、多くの女性の心をつかんだのでしょう。「グレイヘアという選択」(主婦の友社)は5か月で4万5千部を売り上げました。グレイヘアは流行語大賞にもノミネートされています。

サトはもともと白髪体質で20代の頃から染めていたそうですが、2011年の東日本大震災を機にやめることを決意。そこから徐々に、時間をかけてグレイヘアを育ててきたそうです。

 

今でこそ「グレイヘアいいよね」と言う人が増えましたが、サトがグレイヘアでテレビに出だした時、視聴者は初めて見るサトに驚きを隠せず、ネットで“劣化”と叩かれました。また、「サトは美人だからいいけど、普通の人がこれをやったらアミダババアになる」という意見も女性から出ました。私もその一人でした。

 

しかし、「グレイヘアの美しい人」(主婦の友社)を見ていて、気づいたのです。グレイヘアとは、白髪染めをしないことをさすのではなく、コーディネートの一環としてグレイヘアを活かすことなんだ、と。

 

サトが「バイキング」(フジテレビ系)にグレイヘアで出演した時、私も強烈な違和感がありましたが、それはグレイヘアというより、その他のファッションが「これまでと一緒」だったからではないでしょうか。サトは小ぶりなピアス、ピンクの口紅をつけていましたが、こういう若い女性がよくするコーディネートでは、グレイヘアの良さが死んでしまうのです。

 

グレイヘアのキモは赤い口紅ではないでしょうか。ヨーロッパは昼と夜で装いを変える国ですが、夜のお出かけでオトナの女性たちがつける口紅は赤です。日本の女性はそこまで赤を好まない気がするのですが、グレイヘアに赤い口紅は非常に相性がよく、オフィスにも合うスタイルだと思います。髪がグレイである分、眼鏡のフレームやスカーフを明るい色にしても浮かないでしょう。ネックレスやブローチなど、顔周りのアクセサリーに凝ると、華やかさも演出できます。グレイヘアは攻めのおしゃれで、当然それを選択する人は、攻めの姿勢を持てる精神的な柔軟さと、経済的な基盤があると見ることができます。ある程度自分に自信がなければ、グレイヘアは選択できないと思います。

ある意味神田うのの対極?近藤サト、次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事