お金が貯まる人のお財布は?今すぐやるべきお財布断捨離

お金が貯まっている人のお財布はどんなお財布を使っているのでしょうか?外出時は肌身離さず持ち歩くお財布は、その人のお金に対する想いがつまっているといっても過言じゃありません。お金が貯まる人のお財布はどんなお財布なのか特徴をお伝えします。

 

お金が貯まる人のお財布5つの特徴

お金の貯まる人の財布には共通する5つの特徴があります。

特徴1「お財布がよれてない」

お金が貯まっている人のお財布は、角がへこんでいたり、表面がすりへっていたりせず、お財布がよれていることはありません。お金が貯まる人はお金を入れているお財布を大切に使っているので、長く愛用します。お金が貯まる人は、お財布をバックの中に入れたままにせず、帰宅したら棚に置いて休ませるなどお財布を大切に扱っています。お金を貯めている人のお財布は長年使っていてもキレイなままです。

 

特徴2「中身がきちんと整理されている」

帰宅したらレシートはすぐに出し、お財布を整理します。ポイントカードやサービス券などはお財布ではなくカード入れを別に持ち歩き、収納しています。クレジットカードやキャッシュカードは必要なカードを最低限お財布に入れてあります。普段、使うクレジットカードも1枚と決めているのでお金の管理もきちんとしています。また、お札も向きをそろえてきちんとしまっているので、お財布にいくら入っているのか、今日はいくらつかったのかなどのお金の流れをきちんと把握しています。

 

特徴3「デザインはいたってシンプル」

デザインはシンプルですが、上質な革で作られた財布や、お気に入りの高級ブランドをつかっている人が多く見受けられます。お金が貯まる人は長財布というイメージがあるかもしれませんが、二つ折りのお財布を利用している人も少なくありません。長財布だとカード類がたくさん入りますが、不要なカード類も収納しがちです。お金を貯めている人は普段使うカードも決まっているので長財布にこだわらなくても二つ折りのお財布でも必要最低限のカードが入るお財布で、デザインはシンプルで飽きのこないものを選んでいます。

 

特徴4「カード類は少数」

仕事が忙しく家計簿などきちんとつける時間がなくても、買い物はクレジットカードを利用することでクレジットカードの明細を家計簿の代わりし、チェックできるメリットもあります。もちろんクレジットカードを使う金額もきちんと決めてつかっています。現金派の人の場合も同じく、毎月つかう金額を決めているので、1週間につかう必要なお金だけお財布に入れてあります。また、1週間のうちに買い物に行くスーパーも決まっているのでポイントカードなども必要最低限しかお財布に入れてありません。

 

特徴5「お守りや大切な写真が入っている」

お守りや家族の写真など大切なものを入れておくことで、さらにお財布を大切に扱います。お財布を開くたびに目にとまるようお守りや写真を入ておくと、より一層お財布を大切に扱う気持ちも高まるようです。

 

お金を貯めたい人は、お財布を上質でシンプルなデザインで長く大切に愛用できるものをつかうと良いでしょう。お財布を大切に扱うようになればお金が貯まる意識も自然と高くなります。ご自身のお財布をチェックして、よれているなと感じたら年末に向けてお財布を買い替えるいい機会ではないでしょうか。

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

 

★あなたのお金にまつわる悩み・疑問をお聞かせください!

主婦の友社の40代働く女性向けサイト、OTONA SALONEのマネー記事に、あなたの素朴な疑問をお寄せください。節約がうまくいかない悩みでも、貯金の疑問でも、投資の質問でも、お金にまつわることなら何でもOKです。

*お寄せいただいた疑問は編集部が再構成の上で記事にしますが、採用状況に関して編集部から直接のお返事ができない点をご了承ください。
*回答するFPから詳しい事情のお伺いをしていい場合は、*印の欄にお名前とメアドをご記入ください。

ご応募はこちらから

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

お金が貯められない人が、今すぐやめるべき3つの行動

毎月、贅沢をしているわけでもないのになかなかお金が貯まらないという人は少なくありません。お金を貯められないと気になっている人は、「お金を貯めたい!」と願っているのですから、今こそ行動を変えてお金を貯め…

40代女性の平均年収、正社員と非正規雇用ではどのくらい違う?

今40代の人達が卒業した頃は正社員で就職するのが当たり前の時代でしたが、現在は働き方も多様化し、パートや派遣者社員といった非正規雇用を選ぶ人も増えています。働く時間の自由度を求めて非正規雇用を選ぶようで…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー相談で急に増えるのが、老後の生活費、定年…

40代独身女性の平均年収は?お金はどのくらい貯めていますか?

20代の新入社員の頃は、正直、給与も横並び。初任給の話やボーナスや貯蓄額など友人とお金の話をしやすかったけれど、年齢が上がるにつれお金の話はタブーになりつつあります。40代ともなるとポジションや業種の違い…

実は損してる?「保険の途中解約」失敗しない見直しポイントをチェック!

家計の見直しをするうえで、まず「保険の見直し」を検討する人は多いもの。新入社員の時に加入し、20年近く保険料を支払い続けているけど保障内容をあまり理解してないといケースはマネー相談の場でもよく見受けられ…

40代の「3ステップ自動貯金術」で、がんばらなくても家計がなんとなく管理できるように…?

「家計管理」という文字を見ると、反射で「苦手」「めんどう」という気持ちになりますよね。20代、30代のうちは、家計管理ができなくても、まだ現役として仕事をする未来が長い分だけそれほど焦りはありませんでした…

ほったらかしでも気づけばお金が貯まる!自動貯金の仕組みづくりキホンのキ

お金が貯められる人は、「きちんとお金の管理ができて、無駄遣いをしない生活をおくっている」とうイメージがあるかもしれません。もちろんそういう人もいますが、お金のことを細かく考えず、ほったらかしでもお金を…

つらい節約生活にサヨナラ!疲れずに無理なく貯める5つの方法

お金を貯めるために日々、節約をしていても、節約生活をつらいと感じているのならば長くは続きません。また、つらい節約生活をしているつもりでも、思ったよりお金が貯まってないという人も少なくありません。つらい…

40代が家を買うなら。住宅ローンはいくらまで?オリンピック後がいい?

これまで住宅ローンの負担もなく、引越しも気軽にできる身軽な賃貸がいいと思って過ごしてきた30代。40代になると老後のことも頭をよぎりはじめると思います。家を買いたくなってきたけど、住宅ローンはいくらまで組…

美白をコストで考えると「手前」ほどコスパがいい!

いわゆる「美人」をイメージすると、一番に思い浮かぶのが「美しい白肌」。若い時には日焼けが気にならなかったけれど、40代になりますます年齢を重ねるごとに夏の日差しがつらくなります。日焼けすると「シミ」がで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事