怒鳴るオンナよりイヤなのは…!? 男が心底ウンザリな40代女性の「喧嘩の態度」3例

 

深い仲になった異性とは、ちょっとした意見の相違などが発端となって喧嘩に発展する流れもありがちです。

「雨降って地固まる」になればベストではあるものの、どこにでもありそうな喧嘩を引き金として、残念ながらも、別れ話や気持ちのスレ違いに発展してしまう男女も……。

40代ともなると、喧嘩でもそれなりの場数(!)を踏んできている世代だけに、男性への責め方(!)も「お手の物」と自負がある女性も少なくないかもしれませんが、そんな姿に対して、相手は「ウンザリだ!」と感じている可能性もあります。

そこで魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちに“ウンザリする40代女性との喧嘩”についてホンネを探ってみました。

 

気づけば「“ウンザリ”しか感じさせないオバサン」になる喧嘩1:とにかく理詰め

「もう別れた当時42歳だった年上彼女の話ですが、喧嘩が始まると、自分が納得するまでとことん理詰めで責めてくるのがイヤで仕方ありませんでした。

ちょっとしたことでも『どうして、そうなの?』『そんなふうに言う背景は?』など、やたら自己分析を促してきて、正直、面倒くさくて仕方なかったです。

もとは他人同士だから理解できない部分があって当たり前だと僕は思うんですけど、その人は、些細な言動の“理由”に、ものすごくこだわるタイプでしたね。

仕事が研究員だったので、そういう癖がついていたのかもしれないけれど、プライベートには持ち込まないでほしかった!」(43歳男性/サービス)

 

問題が勃発したときに「どうして?」「なぜ?」「私は●●だから、△△だと思うけど違う?」など、理屈でねじ伏せようとしてしまう癖があると、男性からのウンザリを招きがち。

人生経験を積んでいる40代女性の“理詰め”となれば、正論もわんさか出てくるであろうだけに、逃げ道を失ってしまう男性も多そうです。

 

気づけば「“ウンザリ”しか感じさせないオバサン」になる喧嘩2:黙り込む(しかも長く続く)

「いい歳して、問題が起きると黙り込んで、暗い顔でため息しかつかない女性は、本当に苦手です。

まさに今付き合っている子(43歳)が、このタイプなんですけど……。

表情でアピールするって言うのかな、明らかにつまらなそうな顔やウンザリした態度を示すくせに『言いたいことがあるなら、言いなよ?』って声をかけても『別に』とか『普通だけど?』とかって暗い顔で返してくる。

短時間なら構わないけど、これを数時間、長いときには数日やられるもんだから、こっちまで不愉快になってきますね。

しかも思っていることを言わないので、また同じようなことが発端で、喧嘩になったりするんですよ。

『感情的になる女は、幼稚よね』が口癖の子なので、わざとやっているのかもしれないけど、僕は“幼稚”という意味では、どっちもどっちだと思う」(46歳男性/IT)

 

思うことがあっても本人に伝えずに「私が我慢すれば済む」「言っても、喧嘩になるだけだから言わない」と飲み込んでしまう女性も決して珍しくありません。

しかし言葉にせずとも、その本心が態度や表情に出てしまっていれば、その場にいるパートナーは連鎖的に不快になってしかり。

長時間に及ぶほど、ウンザリしても無理はありません。

 

気づけば「“ウンザリ”しか感じさせないオバサン」になる喧嘩3:話が飛ぶ

「喧嘩している最中に、話が飛んで事が大きくなる女性は、本当に面倒ですね。

他人を引き合いに出してみたり、こっちが改善を求める話をすると『でも私だって、いつもあなたに我慢しているんだから、“お互い様”でしょ』と別次元の話でまとめようとしたり。

ただ“不愉快な自分”をそんなふうにぶつけられても、問題解決には至らないし、ただの“幼稚な喧嘩”にしかなりませんよ。

いま同棲している46歳の女性が、まさにコレです。

泥酔して帰宅するのを指摘すれば『●月×日には、あなたも泥酔して帰宅していた』だの、家のことを他所様に言いふらすのをやめるよう言えば『私は、それをイヤなことだと思わない。そもそも、あなたが人の目を気にしすぎるところは〜』などと話が飛躍しすぎるんです。

言い争いになるたびに、どうにかならないものかと頭を抱えています」(45歳男性/製造工場経営)

 

自分のおこないについて責められると「そう言うあなただって!」となるのは、大なり小なり多くの女性にお心当たりがあるかもしれません。

しかしこのスタンスで喧嘩をしてしまえば、目の前の問題解決からは遠のきがちだけに、男性はひたすらゲンナリ……となるのも納得です。

 

キンキン声で怒鳴るような感情爆発型の女性は男性から嫌われると言われますが、そうではない喧嘩のパターンでも男性をウンザリさせているケースは少なくないようです。

最愛のパートナーとの「雨降って地固まる」を目指しているのに、思うようになっていない女性は、ぜひこの機会に、“喧嘩のお作法”について今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG

「お金が貯まらない……」が口グセのようになっている人には、生活習慣にも共通点があると言われています。40代ともなれば、それなりに収入も安定し、趣味や遊びにかけるに十分な稼ぎがある女性も少なくありませんが「…

男に「抜け感」は伝わらない! 「不健康そう」と思われる40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

それはナシ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

これはダメ…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女のニオイ

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事