年末に断捨離で「捨てていいもの」と「ダメなもの」は?

12月に入り、年末に向けて身の回りの断捨離を考えている人も多いのではないでしょうか。年内にすっきり片付けて、すがすがしい気持ちで新年をむかえたいですね。

しかし、いざ始めてみると、捨ててよいものかどうか悩むこともしばしば。

そこで今回は、捨てていいものとダメなものを、ジャンル別にお伝えします。

 

洋服は、身体と相談

断捨離と言えば、まず洋服からどうにかしたい、と思っている人は多いようです。洋服が増えてしまう理由はシンプルで、処分するよりも買う服のほうが多いからです。

 

クロゼットがあふれている人は、洋服からすっきりさせましょう。

捨てる服は、着ていない服。今年一年を振り返って、一度も袖を通していない服は捨てる服候補になります。ただし、慶弔用などの特別な服は除いて考えましょう。

 

次に、代わりのある服も捨てる候補。着てはいるけれど、少しくたびれてきているものがあれば、代わりの服を持っていないか考えてみます。このニットにはこのパンツ、と決めていても、そのパンツに合わせるニットなどが他にもあれば、くたびれたほうのニットは処分してもいいのでは。

また、サイズが合わない服も処分候補です。どんなにオシャレな服でも、サイズが合わなければ服の良さが生かせません。もう少しやせたら着られる、と思う服もあるかもしれませんが、体型は年齢とともに変わることが自然です。

 

無理に着るより、これからの体型に合う服に、徐々にシフトしていきましょう。

捨ててはダメな服は、身体に合う服です。今まで出番のない服でも、着てみて身体にしっくりくるのであれば、これから活躍する服かもしれません。捨てずに、コーディネートを考えて、活躍できるタイミングを待ちましょう。

 

本の処分は重労働

本もまた、いつの間にか増えてしまうものです。何度も読み返すような愛読書でなければ、年に一度は本棚を整理するためにも処分するといいでしょう。

 

処分せずにとっておく本は、今後読み返すと思われるもの。読むたびに感動があったり、仕事などの資料にしたり、本の利用価値はさまざまです。一冊ごとに自分なりの価値をはかってみることをお勧めします。

ただし、ほとんどの本を「もしかしたらまた読むかもしれない」と決して大きくはない可能性のために残しておくのは、後々になって困ってしまうかもしれません。

 

本は、重いものです。特にカラー写真の多いものは、発色をよくするために紙に金属が含まれているので、さらに重くなります。そのため、まとめて処分するのは重労働。こまめに整理するといいですね。

処分は、服、本ともゴミとは別に資源回収に出す方法が、手軽です。

 

しかし、少々の手間がかかりますが、フリマアプリに出品したり、古着屋・古本屋に持ち込んで買い取ってもらったり、という方法もあります。ブランド物の服や、有名作家の初版本などがあれば、ただ捨ててしまうのはもったいないので検討してみましょう。

また、寄付をする、という方法もあります。

 

NPO法人や、病院などの医療機関、福祉施設などでおこなっていて、品物は持込だけではなく、集荷を頼めるところが増えていますので、あまり手間をかけずに寄付することができます。

 

服や本は、寄付した先でリユースする他に、古着・古本として売った代金を寄付することもあります。

 

断捨離をしながら、ちょっとした社会貢献もできますね。

 

保存食品は災害の備えにも

さて、近年気になる自然災害への備えとして、保存食品を買いだめしている人も多いでしょう。水のほか、缶詰、レトルト食品、フリーズドライなど、保存食品の種類も以前よりバラエティ豊かになり、お味もずっとグレードアップしています。

 

いざという時に困らないように、という気持ちと、賞味期限までが長期間ということもあり、備蓄が増えすぎてはいないでしょうか。

備蓄を何日分用意するべきか、これは悩ましい問題です。

 

ちなみに、東京都が災害時などの帰宅困難者対策として、事業所が従業員のために備蓄しておくべき量の目安は3日間となっていますので、ひとつの参考になるでしょう。

使わなかった保存食品は、賞味期限をむかえたら新しいものと入れ替える必要があります。

 

日もちする食品が安売りになっていると、つい買いたくなってしまいますが、入れ替えの量が多ければ、連日フリーズドライやレトルト食品、ということにもなりかねませんので、あまり多すぎないようにしておきたいですね。

災害の備蓄用として特別に考えるのではなく、普段使いの食品のストックを多めにしておく、という方法も一案です。

 

せっかくお金を出して買っておいた保存食品を、賞味期限切れのために処分してしまうのは大きな損失。災害に遭わなかったのは良かったと言えますが、できるだけ損はしないでおきましょう。

洋服、本、保存食品は、いつの間にか増えてしまうアイテムの代表格です。

 

これらの断捨離をすすめれば、お部屋はかなりすっきりするでしょう。今年は早めに始めて、年末年始をゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていること…

【総資産300億円!】もしもあなたがジャニーさんの娘だったら、遺産はいくら?相続税は?

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が届いたのは2019年7月9日のこと。日が経つにつれ、各メディアからはさまざまな報道がなされているように感じます。そこでふと気になったのが、ジャニーさんの遺産…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

お金が貯まらない人ほど知らない!貯金の基本5つ

貯金を始めて意識したのは、何歳くらいだったでしょうか。お金を貯めて欲しかったものを買うのは、ワクワクするような、もったいないような、なんとも複雑な気持ちになります。そんな「貯金初心者」から年月を経ても…

レジ前で1秒「コレ」を考えるだけでお金が貯まる?

お金を貯めたいからと言って、とにかく何も買わずにガマンする、というやり方はオススメできません。そんな方法はお金よりもストレスがたまり、長続きできないばかりか、反動で爆買いに走ってしまうリスクもあります…

意外とそんなに大変じゃない⁉あと3万円収入アップする方法

今の収入に大きな不満があるわけではなくても、あともう少し、月に3万円の収入がプラスされたらいいのに、と思うことはありませんか。あと3万円あれば、欲しいものをもっと楽に買えたり、貯蓄を増やせたり、と想像が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事