年末に断捨離で「捨てていいもの」と「ダメなもの」は?

12月に入り、年末に向けて身の回りの断捨離を考えている人も多いのではないでしょうか。年内にすっきり片付けて、すがすがしい気持ちで新年をむかえたいですね。

しかし、いざ始めてみると、捨ててよいものかどうか悩むこともしばしば。

そこで今回は、捨てていいものとダメなものを、ジャンル別にお伝えします。

 

洋服は、身体と相談

断捨離と言えば、まず洋服からどうにかしたい、と思っている人は多いようです。洋服が増えてしまう理由はシンプルで、処分するよりも買う服のほうが多いからです。

 

クロゼットがあふれている人は、洋服からすっきりさせましょう。

捨てる服は、着ていない服。今年一年を振り返って、一度も袖を通していない服は捨てる服候補になります。ただし、慶弔用などの特別な服は除いて考えましょう。

 

次に、代わりのある服も捨てる候補。着てはいるけれど、少しくたびれてきているものがあれば、代わりの服を持っていないか考えてみます。このニットにはこのパンツ、と決めていても、そのパンツに合わせるニットなどが他にもあれば、くたびれたほうのニットは処分してもいいのでは。

また、サイズが合わない服も処分候補です。どんなにオシャレな服でも、サイズが合わなければ服の良さが生かせません。もう少しやせたら着られる、と思う服もあるかもしれませんが、体型は年齢とともに変わることが自然です。

 

無理に着るより、これからの体型に合う服に、徐々にシフトしていきましょう。

捨ててはダメな服は、身体に合う服です。今まで出番のない服でも、着てみて身体にしっくりくるのであれば、これから活躍する服かもしれません。捨てずに、コーディネートを考えて、活躍できるタイミングを待ちましょう。

 

本の処分は重労働

本もまた、いつの間にか増えてしまうものです。何度も読み返すような愛読書でなければ、年に一度は本棚を整理するためにも処分するといいでしょう。

 

処分せずにとっておく本は、今後読み返すと思われるもの。読むたびに感動があったり、仕事などの資料にしたり、本の利用価値はさまざまです。一冊ごとに自分なりの価値をはかってみることをお勧めします。

ただし、ほとんどの本を「もしかしたらまた読むかもしれない」と決して大きくはない可能性のために残しておくのは、後々になって困ってしまうかもしれません。

 

本は、重いものです。特にカラー写真の多いものは、発色をよくするために紙に金属が含まれているので、さらに重くなります。そのため、まとめて処分するのは重労働。こまめに整理するといいですね。

処分は、服、本ともゴミとは別に資源回収に出す方法が、手軽です。

 

しかし、少々の手間がかかりますが、フリマアプリに出品したり、古着屋・古本屋に持ち込んで買い取ってもらったり、という方法もあります。ブランド物の服や、有名作家の初版本などがあれば、ただ捨ててしまうのはもったいないので検討してみましょう。

また、寄付をする、という方法もあります。

 

NPO法人や、病院などの医療機関、福祉施設などでおこなっていて、品物は持込だけではなく、集荷を頼めるところが増えていますので、あまり手間をかけずに寄付することができます。

 

服や本は、寄付した先でリユースする他に、古着・古本として売った代金を寄付することもあります。

 

断捨離をしながら、ちょっとした社会貢献もできますね。

 

保存食品は災害の備えにも

さて、近年気になる自然災害への備えとして、保存食品を買いだめしている人も多いでしょう。水のほか、缶詰、レトルト食品、フリーズドライなど、保存食品の種類も以前よりバラエティ豊かになり、お味もずっとグレードアップしています。

 

いざという時に困らないように、という気持ちと、賞味期限までが長期間ということもあり、備蓄が増えすぎてはいないでしょうか。

備蓄を何日分用意するべきか、これは悩ましい問題です。

 

ちなみに、東京都が災害時などの帰宅困難者対策として、事業所が従業員のために備蓄しておくべき量の目安は3日間となっていますので、ひとつの参考になるでしょう。

使わなかった保存食品は、賞味期限をむかえたら新しいものと入れ替える必要があります。

 

日もちする食品が安売りになっていると、つい買いたくなってしまいますが、入れ替えの量が多ければ、連日フリーズドライやレトルト食品、ということにもなりかねませんので、あまり多すぎないようにしておきたいですね。

災害の備蓄用として特別に考えるのではなく、普段使いの食品のストックを多めにしておく、という方法も一案です。

 

せっかくお金を出して買っておいた保存食品を、賞味期限切れのために処分してしまうのは大きな損失。災害に遭わなかったのは良かったと言えますが、できるだけ損はしないでおきましょう。

洋服、本、保存食品は、いつの間にか増えてしまうアイテムの代表格です。

 

これらの断捨離をすすめれば、お部屋はかなりすっきりするでしょう。今年は早めに始めて、年末年始をゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

パート、非正規なら貯蓄額より○○に注目?働き方別「全員貯まる」貯金法

「一年の計は元旦にあり」、貯蓄は計画が大切です。2019年はいくら貯蓄をしたいか、目標はいかがでしょうか。せっかく目標金額を決めたら、効率よく達成したいですね。そこで大切になるのが貯蓄方法です。昨今はさま…

節約もダイエットもメリハリが大事!出すとこ締めるとこをしっかり分けよう

節約をするのに、「とにかくお金は使わない」というやり方は、即効性はありますが続けるのが難しく、結局は元通りの家計にリバウンドしてしまいがち。このことは、ダイエットにもよく見られることです。とにかく食べ…

お金使わず楽しめる!「おトクな年末年始の過ごし方」3選

年末年始はまとまったお休みになることも多く、どのように過ごすか考えている人も多いのではないでしょうか。お出かけするのもよし、部屋でのんびりするのもよし、悩むのも楽しいですね。そして、せっかくならおトク…

2018年40代が買ってよかったもの・買わなきゃよかったもの3選

2018年はどんな一年だったでしょうか。良いこともあれば、悪いこともあり、禍福はあざなえる縄のごとし…。お買い物も同様に、買ってよかったと満足できるものもあれば、買わなきゃよかった、何で買ってしまったんだ…

ダメ、持っててOKなカードは3枚まで!使い分けと賢い解約方法は?

よく行くお店やショッピングモールで、提携のクレジットカードを作ると、おトクになることがよくあります。ポイントアップや割引特典など、せっかくならメリットはしっかり受けておきたいものです。しかし、生活スタ…

50代になる前に、清算しておくべきお金のこと3つ

50代になると、いよいよ老後の暮らしが現実的になってきます。身の回りのあれこれを断捨離するなど、いらないものを整理して身軽になると同時に、老後への貯えもさらにすすめていきたい年代です。その大切な50代に、…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。しかし、1000万円の貯蓄をする人は、そうでは…

貯金を短期で一気に増やしたい!1ヶ月で10万以上貯めるコツ10連発

暮らしを改めて、これからはずっと節約をしていけば貯金は増える、と頭では分かっていてもそれはちょっと大変そう。そう思ってなかなか節約生活に切り替えられない人は少なくありません。それなら、期間限定で節約し…

40代独身の平均貯金額が936万って本当?全然足りない私はどうすればいい?

大人の女性であれば、あふれる情報に振り回されすぎることもなく、自分のペースで着々と貯金をしている方が多いようです。人は人、自分は自分、という価値観は大切ですが、そうはいっても気になるのが他の人の貯金事…

40代で1000万円貯める人が2割もいる?コツは「自動」と「移動」

40代の平均貯蓄残高は588万円(金融広報中央委員会、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」)。その2倍近くの1000万円を貯めるのは、とてもハードルが高いように思えますが、本当にそ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事