【九星フラワー占い】三碧木星の2019年上半期の運勢は?

物事が順調にすすみにくい2019年。そんな中でも、女性たちにはしなやかに自分のなかの花を咲かせてほしいと願っています。そのためのヒントになればと思うことをまとめました。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

自分をよく見せたいという邪念より最善策を選択できる人

三碧木星の人を見ていると、本当に行動が早く決断も早く、その見事さに惚れ惚れとしてしまいます。

 

三碧木星のキーワードに「雷」がありますが、まさしく電光石火。ほかにも新鮮さや若さ、明るさやにぎやかさがあります。

 

すべてどこかで“早さ”と関係しているように感じますが、その一方で、三碧木星の人の素早さには「人に自分をよく見せたい」という邪念がないように思えます。

 

頭がいいスマートな人、人の気持ちがわかるやさしい人、女性らしいふるまいができる人、そういう人を演じようという気持ちがなく、ただ素直にこの選択が最善と思ったらそのまま発言、行動しているのではないでしょうか。

 

そんな三碧木星が、2019年は人の視線を強く感じることになりそうです。

 

応援の気持ちがこもった温かい視線が集まる

その視線は決して冷たいものであったり、暗く重いものでもなく、あっても好奇心、どちらかというと応援する気持ちが込められたもののはずです。

 

何が正しいのか、どうすることが最善なのかつかみにくい2019年、きっと迷える人たちが、先をつかむ力がある三碧木星の動きから希望とヒントをつかもうとするのではないでしょうか。

 

もしかしたら、過去に行って周囲の反応がイマイチだったことが、称賛されることまであるかもしれません。

 

その反応を、「なんで急に手のひらを返したの?」と疑ったり、不安に感じなくても大丈夫です。すべてはタイミングが合ってきたということ。それだけなのです。

 

ただしあなたと行動をともにできる人はいません。といいますが、スピードがない人を待てないと思います。

 

ですから、孤独感は付きまとうかもしれませんが、自信をもって選択した道を進んでください。その道を極める力もこの2019年は十分に満ちています。

 

2019年の開運ポイントはこれ!

とにかく人が見ていますから、オシャレには手を抜かないこと。ネックレスやイヤリングなど顔をまわりを華やかにし、女性らしく見せるアイテムはぜひつけてほしいと思います。

 

本物の宝石であるよりもデザインが華やかなものがおすすめです。めがねのオシャレやアイメイクに手をかけるとラッキーを招きます。

 

ラッキープレイスは、図書館やヘアサロン、エステサロンなど。思わぬ情報が飛び込んできて、新しい挑戦のきっかけを与えてくれるかもしれません。

 

2019年は、すさまじい集中力を発揮して光のエネルギーを放ちまくることになりそうな三碧木星。昼間の活動で手いっぱいで夜の付き合いまでしていると体力がもたないかもしれません。

 

早寝早起きを心がけてください。

 

男性からも声はかかりそうですが、デートは日の光のもとがおすすめ。お付き合いすることになるとすれば知的な男性だと思いますので、今から知性を磨いておくといいでしょう。

 

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク