【九星フラワー占い】七赤金星の2019年上半期の運気

物事が順調にすすみにくい2019年。そんな中でも、女性たちにはしなやかに自分のなかの花を咲かせてほしいと願っています。そのためのヒントになればと思うことをまとめました。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

点と点が結びついていく快感が味わえる!

2018年に自分が直感的に「いいな」と思って集めたあれやこれ。

 

なぜだか理由はわからないけれど、あなためがけて飛んできたあの人やこの人。

 

そういう点々とした出会いが繋がって線になっていく、2019年はそんな年になりそうです。

 

「ああそうか、欲しかったのはこれか」と気が付き腑に落ちると、魂が元気になるのを感じることでしょう。

 

そして今度は線と線がつながって頑丈な網目状になる! という段階になると、網が絡まってしまったり、穴が見つかったり、思い描いた完成形ではなくて。あなたはがっかりするかもしれません。

 

世の中を明るくする鍵を握っているのはあなたです!

でも、あなたががっかりしてふて腐れてしまったら、世の中全体が暗い雰囲気になってしまいます。

 

あなたがあきらめてしまったら、世の中全体が前に進めなくなってしまいます。

 

うまくいかないことほど、じつは取り組まなくてはいけないこと。ですから、あきらめないでください。

 

「世の中全体」なんて大げさ、と思うかもしれませんが、全体運にも書きましたが(詳しくはこちらへ)、2019年は迷いが多く、霧のなかの山道を歩くような感覚を味わう人が多くなります。

 

その中で好調期にある人は、迷う人に道を示してあげてほしいのです。

 

さきほど、あきらめないでくださいと言いましたが、自分ひとりでがんばってと言っているのではありません。

 

2019年は、チームプレイで取り組むことが大切です。つまり、何か成果があれば、みんなでわけあって喜ぶことが求められているのです。

 

2019年の開運アイテムはこれ!

ほかの星の人たちにはそれぞれ開運ファッションを紹介していたりしますが、七赤金星の皆さんには、一言「とにかく清潔感、そして女性らしく」です。

 

髪は伸ばして、いい香りのシャンプーを使うことをおすすめします。香りのおしゃれは恋のチャンスを呼びますから、ちょっと研究してみてください。

 

ラッキープレイスは飛行場です。

 

2019年、自分の世界をもっと広げたいという欲求が強くなっているあなたにとって、出張であれ旅行であれ、風に乗って遠くへ行くことは、魂がとても喜ぶことでしょう。

 

物事が進みそうで進まない、迷いの多い1年。好調期の七赤金星は、低長期の人に元気や喜びをわけてあげる役目があります。

 

たくさんわけてあげられるように、自分に魂に元気と喜びを蓄えてあげることが大切です。

 

2018年にたくさんの人とつながりができました。その人たちの心を支えるという重みを背負うことになりそうですが、それでも飛行機のように軽やかに飛び上がってほしいと思います。

 

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク