男性に「恥ずかしい!」と思われる40代独女の「冬のヘアメイク」3つ

 

寒くなると、ロングヘアの人なら髪をおろしてみたりパーマで軽さを出してみたり、夏とはアレンジを変えるという女性も多いでしょう。

首元を温めたくなる冬は、マフラーなど小物と髪型とのバランスも大切。

ですが、凝りすぎたり逆に何も考えずに髪を扱っていると、男性からは「ちょっと一緒にあるきたくないな」と思われる「ダサいオバサン」になることも。

どんなヘアメイクが恥ずかしいと思われるのか、男性の意見をご紹介します。

 

「ファーにロングヘア」って、セレブ気取り!?

 

・「この間街を歩いていて見かけたのは、首にファーのついたコートを着た女性。コートは素敵だけど髪の毛がファーの上にばさばさ広がっていて、後ろから見ると妖怪みたいだった」(41歳/介護福祉士)

 

・「ふわふわのマフラーの上にパーマをかけた髪が乗っかっている女性。思わず『セレブかよ』とつぶやいてしまった」(35歳/教員)

 

・「ファーってもう時代遅れかと思っていたけど、会社の飲み会で同僚が派手なコートを着てきたときはびっくりした。でも、黒くてストレートな髪が後ろに垂れているのを見ると、どうしてもオバサンに見えてしまって……」(36歳/営業)

 

★ 首元をゴージャスに彩ってくれる、ファーのコートやマフラー。

温かいし人の目を引くアイテムですが、男性が「ちょっと」と感じてしまうのは、髪との「バランスの悪さ」。

長い髪をそのまま流していると重たい印象になったり、パーマでボリュームを出した髪だと顔が大きく見えたり、どちらの良さも消してしまうのはもったいないですね。

髪色を変えて軽さを出してみるなど、ファーも自分も活きるスタイルを考えましょう。

 

「アクセサリーが絡まる」のはダサい・・・

・「うちの会社にいるアラフォーの女性。サラサラの髪が自慢で冬になるといつもおろしている。が、ピアスに絡まっていつも耳を気にしている姿は正直ダサい」(37歳/総務)

 

・「この間女友達と食事に行ったとき、スヌードを外そうとして髪が絡まって大変だった。『髪型が崩れた』ってブツブツ言っていたけど、周りの視線のほうが痛かった」(35歳/サービス)

 

★ 乾燥する冬は、静電気で髪がピアスなどにも引っかかりやすくなります。

髪も傷むし注意したいことだけど、そればかり気にしている姿は男性の関心も萎えるもの。

また、スヌードのように頭を通って外すような小物も、髪の毛が絡まりやすく苦労するときがありますね。

モタモタしていると周りからも注目されてしまい、一緒にいて恥ずかしいと感じる男性もいるでしょう。

スムーズに扱えるような小物に気を配る40代独女は、男性といても気を遣わせません。

 

冬はどうしてもやってしまうよ……次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事