コレが本性か…男がガッカリした40代女性の「年末年始の過ごし方」3選

年末年始の長期休暇には、日頃の疲れを癒すべく、好きなことだけをして過ごしたい人も少なくはありません。

なにかと慌ただしいタイミングではありますが「この歳になってまで、無理をする休暇なんてイヤ」と思うのも、本音。

しかし、そんな“本音”の赴くままに過ごしている姿に対し「そりゃないだろ」と感じたという男性の声もチラホラです。

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、そんな40代女性の姿に迫ります。

 

コレが本性か…男がガッカリした40代女性の年末年始1:セール、福袋の制覇に無理やり付き合わせる

「元カノの話ですが、元旦はそれぞれがお互いの実家で過ごし、2日にデートの約束をして会ったんです。

都心で待ち合わせをしたせいか『ちょっと福袋買いたいから、付き合ってもらえる?』って言われ、少し買い物してからどこかで食事をするくらいのイメージで快諾したんですよ。

でも、実際に買い物が始まったら、一向に終わらず、僕は完全なる“荷物持ち”。しかも、人気の福袋の行列に『代わりに並べ』って指示までされて、心底ウンザリしました。

買い物が終わってから『ありがとうね〜』と軽くお礼は言われましたが、その日を境に『ひょっとして、この女性は男を便利に使いたがるタイプか?』って疑念が拭えず、結局、しばらくして別れちゃいましたね」(45歳男性/IT企業勤務)

 

お正月の福袋は、まさに争奪戦になるものも多いだけに、買い物熱に火がついてしまうと、彼よりもそちらが優先にもなりがち……?

デートなのに、自分勝手な振る舞いをしているように映ってしまえば、その後の関係に暗雲が立ち込める前座にも……。

セール時期に闇雲に買い物に明け暮れる40代の姿は、いかにも“オバチャン”の様相を醸し出しているようにも見えがちです。

 

コレが本性か…男がガッカリした40代女性の年末年始2:何を提案しても出かけたがらない

「その年は、お互いに帰省しないことになっていたので、正月休みには、俺の家に長期で当時の彼女が泊まりにきていたんですが、あまりにも理想の過ごし方が違いすぎて愕然としました。

僕も人混みは苦手なほうですけど、新年だし休日だしって、ちょっとそこまで初詣や初売りにでも行ってみようって誘うんですが『歳だから、面倒くさい』『人が多いから、見知らぬ人に風邪移されそう』などとネガティブなことばかり言って、まったく動こうとしないんです。

僕だってアグレッシブに動きたいわけでもないけど、ずっと家にいても飽きるし、ちょっとくらい外の空気を満喫しに……と思っただけなのに、あまりの協調性のなさにガッカリでしたね。

じゃぁ、と僕がひとりで出かけようとしたら、大量の買い物リストを渡してくるオチまでありました」(43歳男性/地方公務員)

 

お正月は人が出るので、確かにどこに行っても、大混雑なイメージがあります。

しかし「出かけたい」と言っている彼の意向をガン無視してまで我流を貫いてしまうと、“協調性のないオバサン”とレッテルを貼られるリスクもあるわけです。

 

確かに難しい問題……次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事