NEWS増田「歌ってる人キライ」 “ライブで合唱する客”にテゴマスが本音!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。音楽ライブでよく議論になるのが、“お客さんの熱唱問題”。アーティストの歌を聴きに来ているのに、「隣の人が熱唱して台無しに…」なんて話をよく聞きます。果たしてライブでは歌うべきなのか? 歌うべきではないのか? 長年にわたる問題を一緒に追求していきましょう!

“テゴマス”の2人はライブでの熱唱に反対!

ネットに上がっている“熱唱反対派”の意見として多いのは、「お金を払っているのに素人のカラオケを聞かされるのが地獄」というもの。

 

実際に“被害”に遭った人からは、「ライブで隣の人が熱唱していて、ほんのちょーっとだけ、この世から消してやろうかと思ってしまった…」「昨日のライブで隣が熱唱カラオケマンだったから悲しい。それを注意できなかった自分にもガッカリ」「ライブで熱唱する人が一番無理。オタ芸、コスプレ、着席とか基本どんな人でも良いけど、歌うのだけは無理」などの声が上がっています。

 

この問題は、時にアーティストが苦言を呈することも。12月5日放送の「テゴマスのらじお」(MBSラジオ)では、NEWSの増田貴久さんと手越祐也さんが熱唱に反対の意見を述べていました。

 

番組に寄せられた“ライブでファンに歌ってほしいですか? 歌声を聞いてほしいですか?”というお悩みに、増田さんは自身がファンであるB’zのライブを引き合いに出して「俺は歌わない。で、歌ってる人も嫌い」と一刀両断。その後「ライブを作る側の勝手な意見」と前置きして、「“歌って”と言ったところだけ歌ってほしい」コメントしました。さらに手越さんは、「バラード曲とか、俺ら4人が静かに歌ってる時に全力で歌われたら“違うだろ”って思う」と発言しています。

 

基本的にライブでは“空気を読む”ことが最優先。過度な熱唱はマナー違反になってしまうようですね。

 

海外のライブでは合唱するのが当たり前!?

熱唱に反対意見が多い一方、リサーチしていると「海外のライブでは熱唱するのが当たり前」との意見も多く目にしました。実際にYouTubeで海外アーティストのライブ映像を覗いてみると、お客さんが合唱&熱唱して大盛り上がりをみせています。

 

この差は“主役の違い”に関係があるのかもしれません。日本の場合は“アーティスト”が主役のため、隣の人が熱唱すると“主役の邪魔”と感じる人が。しかし海外の場合は主役が“オーディエンス”側。そのため海外では、“みんなが盛り上がっている=ライブの成功”という認識が一般的なのでしょう。

 

日本と海外のライブ風景を知る人からは、「日本のライブで熱唱する人は、『外国育ちなんだろうな』と思って気にしないようにしてる」「邦楽アーティストでも洋楽の影響が強かったり、流れを汲んでいる場合は観客に熱唱させることも多い」「自分は洋楽好きで熱唱派だけど、ライブとかアーティストによって静かにしたり騒いだり使いわけてる」といった声が。

 

音楽ライブでは“空気を読む力”が試されているのかもしれません。しかしマナー最優先になってライブを楽しめないと本末転倒。事前にどのような雰囲気のライブなのか調べてから足を運ぶのがベターかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「年齢のせいにするな」 小柳ルミ子から学ぶ“おしゃれ更年期”の乗り越え方

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日カフェでお茶をしていたら、20代の女の子が「もう年だからミニスカ履けない~」と友達に話していました。それを聞い…

オンナの加齢は罪?“若さに固執する”より“素敵に老いる”方法を考えろ!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。実は最近友人が誕生日を迎えたのですが、喜ぶどころか「もうこんな歳になっちゃったよ…」とぼやいておりました。小さい…

“たばこメーカー”は超穴場物件!? 年収で見る「オトコ選び」のコツ

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。誰もが一度は聞いたことのある「愛があればお金なんて…」という言葉。「愛」は物差しでは計れないけれど、「お金」は計…

近藤春菜が激論!「美人は3000万得するって本当…?」残念ながら…

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。長年、巷で議論を交わされ続けてきた「美人は得か損か」問題。つい先日もハリセンボン・近藤春菜さんと脳科学者が大激論…

7人に1人が「年下上司・女上司はやりにくい」と思ってる。でもそれ本当にやりにくいの?

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日ネットサーフィンをしていたところ、エン・ジャパン株式会社の「年下上司・女性上司」に関するアンケート調査が目に…

会議の暗黙ルールに喝! 「会議は30分以内をルールにした」というツイートに称賛の嵐

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日Twitterをチェックしていたところ、気になるツイートを発見。ある社長の「会議は30分以内をルールにした」という投…

Queenは少女漫画!? 70~80年代少女漫画に登場する綺麗すぎるオトコたちの原点

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。大ヒット公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の巨大なポスターを横目に、私が思い出したのはネット上で盛り上がって…

人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!? 林修先生が語る人脈論に感銘の嵐!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。私が最近気になったトピックは、「人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!」という過激な一説。11月11日の「林先生が驚く…

「ヒザに心霊写真の顔みたいのがいる」 眞鍋かをりさんのツイートに共感の嵐!?

1児のママであり、児童虐待問題にも取り組むマルチタレント・眞鍋かをりさん。今年11月に自身の公式Twitterを更新し、注目を集めているようです。世の女性たちから多くの共感を得たツイートとは、一体どのような内容…

魅力のカギは“言葉の力”にアリ!? 知られざるオネエタレントの人気の秘密

今ではテレビでその姿を見ない日はない“オネエタレント”。ネット上でも「オネエが出ると途端に番組が面白くなる」「本当オネエ好き」などの声が相次いでいますが、なぜ日本ではこんなにもオネエが人気なのでしょうか…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事