夜を自己流「脂肪燃焼スープ」に変えただけ!1週間で-2.5kg、私の駆け込み体験

「脂肪燃焼スープ」をご存知ですか?

野菜で作ったスープを1週間、食事のメインにするダイエット法で、糖質と脂質を抑えられるのが魅力。栄養バランスも高いので、急速に体重を減らしたいえれど、不健康な痩せ方はしたくない人にピッタリな方法です。

脂肪燃焼スープにはたっぷりと野菜が入っているので、食物繊維が豊富で便秘解消にもピッタリ。さらに血液がサラサラになるので代謝アップも期待できるといいことずくめ。

実は、私は過去に3回、脂肪燃焼スープダイエットをしています。

結婚式の前撮り写真のとき、結婚披露宴の前、そして去年のお正月太り解消に…。

どれも、朝、昼と普通に食べて夜はスープというお手軽さで、どのときも-2kg以上痩せることに成功!

便秘もしっかり解消されて、お腹がペタンコになり、結婚式のときはドレスがゆるゆるになってしまい急遽タオルを入れることになったほどです。

 

空腹感がないのが成功のカギ!

脂肪燃焼スープダイエット(自己流Ver.)は、好きなだけスープを食べていいので空腹を感じないのが成功のカギだと思います。

とくに、私は自己流でソーセージやささみをプラスしていたので、食べ応えも抜群。トマト味に飽きたときはカツオだしを加えたり、塩こしょうを多めにしたり、タバスコを入れたりして味変させるのもコツです。

お鍋ひとつにたっぷり作って2、3日持つのも嬉しいポイント。夏場は冷蔵庫に入れなきゃダメですが、寒い冬なら鍋ごとコンロに出したまま、食べるときに温め直せばいいのでお手軽です。

まずはその作り方からご紹介します!

 

基本のレシピはこちら。でも嫌いな野菜は抜いてもOK??

作り方はとっても簡単!

玉ねぎ(大きめ) 3個
セロリ 1本
キャベツ 半玉
トマト(大きめ) 3個
にんじん 1本
ピーマン 1個
水 2~3リットル

を圧力鍋(なければ普通の鍋)でくったくたに煮込めばできあがり!

味付けにはコンソメキューブを1個入れればOKです。これが基本のレシピですが、私はピーマンが苦手…。

しかも野菜だけじゃやっぱりあじけない! ということで、ピーマンを抜いて鶏のささみやソーセージを3本ほどプラスしました。

しかもトマト3個の代わりに400gのトマト缶を使ってお手軽に。一週間スープ生活をするわけですから、面倒になったり飽きてしまっては続きません。

本当はレシピに忠実に作るのがベストですが、私は自分がラクに、できるだけ美味しく食べられる方法にアレンジすることで長続きさせることに成功。アレンジしてもしっかり痩せられましたよ!

 

忘れちゃいけないのが生姜!

スープに絶対入れて欲しいのが生姜。ひとかけ擦って入れればOKですが、私はそこもチュープで代用。かなり多めに5㎝〜7㎝くらいの量を入れていました。そのおかげかいつも凍るように寒かった足先の冷えがラクに♪

体温もあがるので、痩せやすい体へと近づけたんだと思います。冷え性に悩んでいる方はとくにたっぷり入れて下さいね。

 

-5kg以上を目指すなら決まったメニューで。−2kg程度なら夜の置き換えでOK!

脂肪燃焼スープダイエットには1日目にはこれ、2日目にはこれ…決まったメニューがあります。例えば1日目はフルーツとスープだけを食べる日、という感じです。

でも、私はこれを無視。朝、昼は好きな物を食べて、夜はスープだけというオリジナルなルールに変更しました。

大幅にダイエットをしたい人はメニューに忠実に行うのが一番だと思うので、ぜひ”脂肪燃焼スープ メニュー”などで検索してもらえば見つかると思いますが、正月太りの2、3kgを短期間で落としたいなら夜をスープに代えるだけでも充分です。

 

ダイエット中は以下のルールを守りましょう!

自己流に夜だけスープダイエットにしましたが、必ず守らなきゃいけないルールは守りました。

それが①お酒禁止 ②甘味料禁止 ③飲み物や水かお茶、ブラックコーヒー ④夕食は最初にスープを必ず1杯飲む(私の場合は夕飯はスープのみ) ⑤1週間スープを毎日欠かさない ⑥スープはお腹いっぱいになるまで飲んでOK という6つ。

とくに甘味料は絶対ダメ。カロリーがゼロでも甘味料を使ったドリンクはNGです。

 

簡単にできて、結果の出る「脂肪燃焼スープ」ダイエット。私の自己流ですが、ぜひみなさんもお正月太り対策に試してください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク