ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? 

ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがあるかもしれませんが、

でも、実は代謝の上がる冬の方がダイエットに向いているのです。

え?でもお正月太りって言葉もあるのにどうして?と思われるでしょうか。

そこに意外な落とし穴があるのです。

 

今、実際に夏より痩せてますか?

 

夏が終わり、肌のほとんどのが隠れるファッションになって、身体にタルんできているところはありませんか?

一般に、冬は体温の維持のためだけに消費するカロリーが多く痩せやすいのですが、

実はこれは一日の多くの時間を外で過ごす人に限ってのことです。

 

あなたはこの記事をお読みになっている今、寒いところにおいでですか?

きっと、部屋の中や、カフェ、電車の車内、職場など、暖かい室内ですよね?

部屋の温度が夏と変わらないのでしたら、その環境は夏と一緒なので痩せません!

 

ゴールデンウィークまで引き継がれる体重

この時期は忘年会や新年会にクリスマスパーティーなど会食も多く、お正月料理などいつも以上に高カロリーな食事が増えますね。

部屋着もゆったりで、自分自身の体の状態が目に入る時間もほんのわずかです。

そして女性が体型を意識しだすのは腕を出し始める夏前。特にいまから5ヶ月後のゴールデンウィーク辺りがピークとなりますが、ゴールデンウィークも太りやすく、一説に5月7日は「日本の女性が一番太っている日」と言われている(参考/ドコモ・ヘルスケア株式会社の記事)から大変です!

 

その体重をなかった事にできるのは今だけ!

太った分を放っておくと、完全に脂肪は自分の物になってしまいます。

そうならないためにも、出来るだけ早く脂肪を撃退しなくてはいけません!

痩せるなら今なのです!

だれにでもできる簡単な方法をお教えしますので、ぜひ試してみてください。

 

ご用意いただくのは、伸縮性のないヒモかベルトなどを1本だけ!

ベルトはご自分のでなくても、伸縮性が無ければ大丈夫です。

ベルトが無ければ、贈答品に巻かれていたヒモや荷物を縛るヒモなどでも構いません。

朝から数時間だけ、可能であれば寝るまでの丸1日おこなうことをオススメします。

 

ヒモかベルトを巻くだけ。

姿勢を良くしてお腹を引っ込めた状態でヒモかベルトを巻きます。

ウエストの一番細いくびれの部分に巻いてください。

最初に巻いた位置に分かりやすいように印を付けます。

穴が開いているベルトでしたら目印が分かりやすいですが、そうでない場合はクリップなどで目印を付けましょう。

ヒモでしたらマジックで書き込んでください。

 

背筋を伸ばし巻いた物にもたれかからず、お腹を引っ込めたまま日常生活を送るだけ。

たったこれだけです!

 

ヒモを巻く事で、姿勢良く過ごすことができで、骨盤の歪みも改善できるので、ウエストが痩せやすくなります。

最後にもう一度お腹を限界まで引っ込めて締め直すと、最初の目印から何センチウエストが引き締まったのかが分かります。

今までにたったの1時間で10センチもウエストサイズが締まった方がおりました。

たとえ1センチだとしても、毎日の積み重ねで増やしていきましょう~

 

「その場で足踏み」エクササイズをプラスするだけでさらに強化!

ベルトやヒモを巻いた状態でできる簡単なエクササイズもご紹介します。

「ただその場で足踏みをするだけ」です!

ただし、消費カロリーを上げたいので、大げさに足踏みをしましょう。

まずは、爪先立ちになり、足は太ももが床と平行になるくらい上げます。

腕はできるだけ前後に大きく振りましょう。

前に振る時は指先が天井に向くように、後ろに振る時は腕が床と平行になるくらい高く上げます。

最後まで爪先立ちのままですよ。

 

回数がポイントです。

左右1歩づつで1回とカウントします。

それを「ご自分の年齢」の回数をおこなってください。

 

つまり40歳の方でしたら、左右合わせて80回の足踏みとなります。

お腹は引っ込めたままで、出来るだけ大きく動かす事を意識してみましょう。

 

腹筋が続かない人でも、これならできる。将来の姿勢のためにも

ベルトなどを巻くことは最初は辛く感じるかもしれませんが、これは簡単にできる腹筋運動でもあります。

腹筋運動は良いと分かっていてもなかなか時間を作る事は難しいものです。

ながら運動のように日常の生活に溶け込ませることが大切です。

 

腹筋が付くと、体幹ができて基礎代謝が増えます。基礎代謝が増えると痩せやすい体になれます。

姿勢を正すには腹筋が必要ですが、腹筋は意識して動かさないとドンドン無くなっていくものです。

体幹が無い女性が多いのですが、お腹の部分はある程度の腹筋があり硬くしておく事が将来のためにも重要です。

 

お腹の部分に骨はありません。

骨が無いので脂肪は縮みやすく、姿勢が悪くなるとともに、背骨まで縮まり将来的に背が低くなり始めたり、背中がドンドン曲がったりしてご高齢の方によく見られるような猫背になってしまいます。

猫背が進むと、足もスムーズに出なくなり、歩きにくく転びやすい体になってしまうのです。

 

体力は落ちていませんか?

ご紹介したエクササイズをおこなって、息は上がりませんでしたか?

息が上がったり、辛いと感じたら、体力が無い証拠です。

楽な状態で良い姿勢を作る事は不可能です。

 

今お持ちの筋肉や意識が将来の美しい姿勢にもつながります!

美しい姿勢はイコール痩せやすい姿勢なのです。

 

スポンサーリンク

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

40代で急に気になる「手のシミ・シワ」どうすれば?セラピストのケア9連発

年齢とともに増えてくる手のシワ・シミ。手のシワは年齢が最も現れる部分だと言われています。40代、50代の男性も意外と手・脚といったパーツを見ていることが多いのが現実…

お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

植松晃士「やせにくい」40代からのダイエット。成功させる4つのポイント!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。最近、一気に夏っぽくなってきましたね。ファッションも露出が多いものが増えてきます。そこで! 今回は、ダイエット話をしようかな…

簡単5分でヒップアップできる!ウワサの「桃尻トレーニング」って?

空前の美尻ブームが日本でも巻き起こっている昨今。前回はどんな体型・体質でもお尻は変われる! ヒップメイクの第一人者、岡部友さんの「桃尻トレーニング」で期待できる…

CA直伝!これだけは押さえて「モテ美脚」の基本4選

軽やかなファッションに身を包み、お出かけしたくなるこの季節。気になってしまうのが、冬の間に溜まってしまった脂肪。中でも脚は目立つ部位だけに悩みも深刻です。CA経…

いつまでも若々しい人が食べてる!毎日の「美肌食」6キーワード

化粧品だけでは若々しい美肌は維持できない、と40代なら気づき始めますよね。つまり、身体の中から肌を守るスキンケアも重要になるのです。「食べるスキンケア」を始める時…

1日たった2分「○○をして立つ」だけ!他人からの評価が驚くほど上がるナイショの心理テク

こんにちは、ウォーキングスタイリストの櫻田千晶です。普段は仙台をベースに、東京でもウォーキングのレッスンを行っています。私はモデル出身ですが、教えているのは単なるモデルウォークではありません。その人の…

【肩こり】ここをチェックすれば原因がわかる!5秒でOKのストレッチとは

オトナの女性の体には様々な不調が現れますが、その中でも多くの方を悩ませるのが「肩コリ」。つらい痛みを常に感じている方や、慢性的な不快感によりメンタルが消極的になってしまう方も少なくありません。なぜ肩コ…

【ぽっこりお腹】頭上で手を合わせて横にグーン!下半身すっきりの「プチ筋」トレ2つ

増やすのは難しくて減らすのが簡単なのは「お金」ですが、逆に増やすのは簡単なのに減らすのが難しいといえば何でしょうか?答えは「体重」です(笑)。誰でも40歳くらいまでは、食べ過ぎて2~3kg太っても、1週間程…

ミュールがパカパカいうのは勘弁…「素足に靴」でブス脚になる5つのNG

暑い夏はできるだけ素足になりたい!素足になって、サンダルやミュールも履きたい!でも、歳を重ねた女性たちは要注意。裸足になるとキレイに見えないことが多いのです。たとえばこんな問題が!以下、あてはまるもの…

汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪…

54歳、離婚後5年寝たきりの鬱と乳がんを経て健康を取り戻すまで【100人の更年期#11】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。柔軟性に欠け…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事