年明け早々男たちが「ナシだ」とジャッジする40代女性の一人称3パターン

“よそ行きの顔”で会っているときには気づかなくとも、親しくなった途端に相手の本性に「あれ?」と思うのは、男女関係における“あるある”のひとつ。

私たち女性が、男性のなにげない振る舞いひとつで大幻滅をするように、男性も40代女性のちょっとした“癖”に引いてしまうことがあります。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちがギョッとしたという40代女性の“一人称”を3つご紹介します。

 

たったひと言のせいで…“ありえないオバサン”1:「アタシ」

「自分のことを『私』ではなく『アタシ』って言うオバサンが苦手。

下品で雑な感じがするので、彼女には絶対に言ってもらいたくありませんね」(44歳男性)

 

「本人は『ワタシ』って言っているつもりかもしれないけど『アタシ』にしか聞こえない40代女性、すごく残念だと思います。

上品さのカケラもないし、個人的には、この言い方をする大人の女性には、雑な性格の人が多い気がします」(42歳男性)

 

「アタシ」は「ワタシ」の砕けた言い方としてフレンドリーに捉えてくれる男性もいそうではありますが「ワタシ」と比較すると、やや雑に聞こえやすい面も拭えません。

本人は「ワタシ」と発しているつもりでも「アタシ」に聞こえてしまった時点で、イメージダウンを招いていることも。

男ウケを狙いたいシーンでほど、よくよく注意しておいて損はなさそうです。

 

たったひと言のせいで…“ありえないオバサン”2:自分の名前

「いい歳になっているのに、自分の名前を一人称で使う女性、なんなんですかね!?

カラダの関係をもった瞬間から、甘えるように自分の名前を自ら言っちゃう40代女性、何人か見てきました。

幼稚すぎるし、その時点で一発アウトでしょ」(46歳男性)

 

「親密な関係になってくると、自分のことを自分の名前で呼んじゃうオバサン、マジでキモいですね。

おねだりのときとかに甘えるように使い分けてくる女性も見てきましたが、いい歳してなんなんだって怒りすら湧いてきます(苦笑)。

ああいう言い方を“かわいい”と思っているのは、本人だけでしょ」(46歳男性)

 

若い子が使うならばともかく、40を過ぎた“いい大人”がやってしまうとすこぶる不評を招きがちなのが、“自分の名前呼び”。

冗談やネタのつもりでも、そうは受け取ってくれない男性も多そうです。

 

もはや怖いかも……次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事