新春に「去年は大変お世話になり」は失礼?意外にNGな日本語とは

新年明けましておめでとうございます。
この言葉に対し「新年は明けないでしょう」だとか「そもそも『新年』と『明ける』はダブっているでしょう」だとか、そういうツッコミに対し、細かすぎる解説を付けるのが普段の私の仕事ですが(笑) 今日は元日、野暮なことは言わずにすぐに役立つ、新年の挨拶を紹介することにします。

 

「去年は大変お世話になり……」はNG

おめでたい日に使わない方が良い言葉があります。忌み言葉といいます。結婚式などでも使わない方が良いとされている言葉です。厳密には使うシーンで違いますが、忌み言葉には次のようなものがあります。

去る、切る、別れる、死ぬ、病む、疲れる等

単語だと「新年早々、そんな言葉使わないでしょう?」と思うかもしれませんが、流れでうっかり使ってしまうことがあるので要注意なのです。

 

新年の挨拶でうっかり使ってしまいがちな例

  • 去年は大変お世話になりました。
  • 良いスタートを切りましょう!
  • 部署は別れても心は一つです。
  • 先輩には、死ぬほどお世話になって……

また、大勢に一度に出す年賀状では、そのご家庭に受験生がいる可能性もあるので、

滑る、落ちる、転ぶ、つまづく

などの言葉も避けた方が良いでしょう。

  • これは幸先良い滑り出しですね!
  • 昨年は気持ちが落ち込んだ時に助けてくださり……
  • 今年の私は、転んでもただでは起きません!
  • どんなにつまづいても、前に進みます。

このような新年に使われそうな忌み言葉の特徴として、「来年は悪い状態を乗り越えるのだ!」ということを表現したいという場合が多く、その「悪い状態」を表す時についつい使ってしまいがちです。でも、これらの言葉は見た目にも、聞いた感じでも悪い印象があり、その言葉がどのような状態で使われているかどうかよりも、目や耳に残ってしまいます。特に受験生がいるご家庭の場合などは、想像以上に敏感になっていることが多いので気をつけたいものです。
このような場合には、他の言葉に変換するか、「悪い状態」をあえて書かないかで対応することを提案します。

言い換えの例

  • 去年は大変お世話になりました。→昨年は……
  • 良いスタートを切りましょう!→良いスタートにしましょう!
  • 部署は別れても心は一つです。→部署は変わっても……
  • 先輩には、死ぬほどお世話になって……→とても
  • これは幸先良い滑り出しですね!→幸先良いスタート
  • 昨年は気持ちが落ち込んだ時に助けてくださり……→どんな時にも……
  • 今年の私は、転んでもただでは起きません!→今年の私は、七転び八起き
  • どんなにつまづいても、前に進みます。→どんなことがあっても……

 

新年の挨拶はいつまで?

新年をいつまでとするかということについては、7日までという「松の内」説と、15日までという「小正月」説があります。また、人によっては「新しい年に初めて会った時」としている場合もあるようです。
小正月までというのは、地域によるところが大きいので、基本的には日本全国共通の松の内までが良いとされています。ただし、仕事始めがこれ以降になる場合は、「新しい年に初めて会った時」としても良いでしょう。しかし、さすがに小正月を過ぎると、新年の感覚は薄れてきますので、注意が必要です。

 

好感を持たれる新年の挨拶は?

定番の挨拶に、相手としか交わせない言葉を入れるのが、好感を持たれる新年の挨拶です。
具体的には、名前を加えることと、具体的事例を入れることです。

相手の名前を入れる

例えば「新年明けましておめでとうございます。」という挨拶ですが、初詣や出かけ先などでばったり知人に会った場合は、「○○さん」と改めて名前を呼んでから、挨拶を続けると良いでしょう。

 

  • ○○様、新年明けましておめでとうございます。
  • ○○部長、 新年明けましておめでとうございます。
  • ○○さん、新年明けましておめでとうございます。

自分が名前を呼ばれた場面を想像してみてください。グッときませんか? 名前を呼ぶ効果は想定以上ですよね。

 

典型的な例文に具体例を落とし込む

「旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。」
この誰宛にでも使えるテンプレートに、本当にあった相手との関わりを入れるのです。

  • 旧年中、○○の件では大変お世話になりました。誠にありがとうございました。
  • 旧年中は、色々お世話になりましたが、○○のことが印象深く心に残っております。その節は本当にありがとうございました。

自分の為だけに旧年を振り返ってくれたということが伝わってくると思います。これは、新年のご挨拶メールや年賀状にも使えるテクニックです。

 

一年の計は元旦にあり。正しく、そして愛される言葉を使って、良い一年を。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事