消費税8%のうちに買ったほうがいいものは?逆に買うと損するものとは

2019年10月に消費税率が8%から10%への増税が予定されています。

2014年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられた際には、駆け込み需要が目立ちました。でも、結果的には増税後に行われた消費税還元セールの方が安く買えたという声もありました。

今回も、増税になるからといって慌てて購入して結果損にならないよう、買い物の注意点についてお伝えします。

 

「軽減税率」で増税されない商品もある

2019年10月の消費税が10%に引き上げられる際には、消費税が8%のままになる消費税の軽減税率制度が導入されます。軽減税率制度とは2019年10月以降も一部の商品については消費税が8%のままというものです。対象となる商品のひとつが「酒類・外食・ケータリング・出張料理等を除く飲食料品」です。

 

外食の多いご家庭であれば、消費税の増税分が食費の負担増となりますが、酒類以外のお茶やジュースなどの飲料、野菜、お肉、魚などは軽減税率制度の対象となるので食品類は慌てて大人買いする必要はありません。したがって自炊が多いのであれば食費の支出が大きくあがる心配はなさそうです。

 

ここで外食について注意点があります。牛丼やハンバーガー、蕎麦屋などのテイクアウトや出前の場合は外食にあたらないので消費税率8%のままですが、店内で食べるとなると外食にあたり消費税率が10%になるため、少しややこしいです。ほかには「定期購買契約の締結された週2回以降発行される新聞」も軽減税率制度の対象商品となります。

 

買っておきたいのは「高額」と「定価」

増税前に買っておきたいものとしては、値崩れがしにくいもの、定価で売られている以下のようなものがあげられます。

1・ブランド品など高額商品で値下がりしづらいもの

2・電車の定期券や飛行機のチケット、映画やスポーツなどの前売り券や遊遊園地や水族館など娯楽施設の年間パスポートなど定価で購入するもの

3・日常的に使用しているデパートコスメなど値下げされない高級化粧品のまとめ買い

 

増税後も値崩れしづらい商品は、増税前に買っておくとよいでしょう。ただし、本当に必要なものだけ購入しましょう。行くことが少ない娯楽施設の年間パスポートを購入しても、もとがとれるほど行かないということであれば不要と判断しましょう。

 

 

気になる住宅の購入。増税前に買うべき?

住宅となれば、金額が大きいので2%の増税の影響は大きいものといえます。土地代は消費税がかかりませんが、建物部分について消費税がかかり2%の負担増になります(※売主が個人の場合は居住用不動産の建物部分も非課税になります)。

 

仮に2000万円のマンションで土地部分が1000万円で建物部分が1000万円の場合、建物部分の1000万円に消費税がかかるので増税前と増税後では2%増分の20万円の差となります。

 

ただ、消費増税に伴って「すまい給付金」が拡充されるなどの負担軽減策があります。年収510万円以下だった給付対象が775万円以下に拡大され、給付額は最大30万円から50万円に増額されます。また、住宅ローン減税も控除期間の延長も検討されています。

 

住宅は高額な買い物なので、消費税増税前だからと慌てることなく、無理のないローンの支払いになるのかなどしっかり検討してから購入しましょう。

 

まとめ

駆け込み需要で慌てて購入しなくてもよかったと無駄な買い物がないよう、本当に必要なものだけを購入するように心がけるようにしましょう。2%の増税分より無駄遣いの方が上回るということだけは避けたいものです。

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だか…

そんなに簡単でいいの?1年100万円貯めた人たちが「やめたこと」10のシンプルルール

「無駄遣いはしてないつもりだけれど、どうにもお金が貯められない」という人、いませんか?そんな人からすると、もしかして、「しっかりお金を貯めている人」の生活は、色々なことを「我慢」をしているイメージがあ…

【軽減税率】10月からはキャッシュレス払いがお得!ポイント還元の方法は?注意点は?

ランチタイムにお財布を持たずにスマホだけ手にしてコンビニに買い物に行く人をよく見かけるようになり、キャッシュレス払いをする人が増えたなと実感します。ところで2019年10月からキャッシュレス払いにするとお得…

お金が貯まらないのはなんで?チェック10項目で原因を知ろう

無駄遣いしているつもりはないけど、なかなかお金が貯められないという声をよく耳にします。お金を使いすぎているのか、それとも単にお金の貯め下手なのでしょうか。無駄遣いしているつもりはなくても無意識にお金を…

40代独女の【老後資金】はどう準備する? 初めての「資産形成」の基礎の基礎 

老後資金は年金だけでは、2000万円が不足するというニュースを見たり、耳にしたりすると「私の老後大丈夫かしら?」と不安になっていませんか。もう40代になり、老後の生活がチラつきだし、そろそろ本気で「資産形成…

年収は関係ない!?【お金が貯まる人】の超意外な5つの共通点

お金が貯まる人は、日々お金のことばかり考えているわけではありません、無理しなくても気づいたら貯まっていたという人もいます。お金が貯まらないという人からすれば、無理せず貯められるなんてことなんて信じがた…

【節約】おひとり様だからこそできる!ストレスフリーな「節約術」

厚生労働省によると平成29年(2017年)の女性の平均寿命は87.26歳となっており、平均寿命は年々のびていっています。40代にさしかかると老後の長い生活に少しずつ夢や不安をいだくようになってくるのではないでしょ…

【◯◯しないだけでOK!】貯蓄できる人が「やらない」5つの習慣

貯蓄ができる人と貯蓄ができない人では、日々の習慣にも違いがあります。貯蓄が思うようにできないという人は、自分の行動を振り返ってみませんか。今回は、貯蓄できる人はやらない5つの習慣をご紹介します。安い時…

【ラクにお金がたまる!】お金をためられる人がやっていること5選

お金を貯められない人が急に貯めようとすると、節約するために極端にお金を使わなくなったり、無理のある貯蓄目標額を設定したりするため、半年もたたずにギブアップしてしまうという人は少なくありません。お金を貯…

【40代の平均】老後?旅行?リアル40代は「何のために、いくら貯蓄をしている」?

友人や同僚と仕事や恋愛の相談はするけれど、具体的に聞きづらいのがお金の話。これまで、何となく将来に備えて貯蓄はしてきたという人も少なくないでしょう。ところでみんな何のために貯蓄をしているのか気になりま…

お金にも4つのパーソナルタイプがある?言われてみれば当たり前な「私がたまらない原因」

貯蓄がなくて不安、お金を貯めた方がいいとわかっていながら、お金が貯められないという人は少なくないでしょう。お金を貯めたい気持ちはあるのに貯められないのはどうしでしょう。そこには、心理的な要素がひそんで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事