下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、

お正月休みに増えた体重が気になっているのに、

寒いから運動したくな~い!

と、思っていませんか?

夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつするのでしょうか?

 

体の不調の原因は、ほとんどが「運動不足」です。

運動不足が原因と言われても、今まで特に意識をして運動をしてこなかった方には、

どんな運動が効果的なのか?スポーツジムに通うべきか?ジョギングをするなら何を購入したらいいのか?

など、始める前の情報収集や準備の時点であれこれ考えてしまい、行動に移すまでがなかなか難しいものですよね。

 

でも、寒いから身体を動かさないでいいると、さらに体温が下がってしまいます。

体温が下がると免疫力が30パーセントも下がると言われています。

冬は気温も低くなる上に湿度も上がらず乾燥します。

そのため風邪やインフルエンザも流行りますので、身体を温めて体温も免疫力も上げておきたいですし、自分で体温を上げる事だってできるんです。

 

歩いて体温を上げる!

そこでウォーキングスタイリストの私から、いつでもどこでも簡単にできてお金もかからず効果的な方法をお教えします!

 

毎日何気なく行っている「歩く」という事を、少し意識して体の温度をあげる工夫をしながらおこなってみる事をオススメします。

 

ウォーキングは体の多くの筋肉を使うものなので、自転車と比べても動かせる筋肉は大きく違ってきます。

 

また、ダラダラ歩くのと、意識して歩くのでは、全く違うものになってしまいますから、ただ歩けば良いというものでもありません。

 

今日は、体が温まる歩き方をお伝えしますので、ぜひ参考になさってください。

 

体が温まる歩き方のコツはふたつだけ!

ひとつはふくらはぎを動かして歩くという事です。

 

こちらの方法は以前の記事にも書きましたが、つま先を上げて歩く事で「第二の心臓」と言われているふくらはぎを動かすという方法です。

 

体内の血液をうまく循環させるには、ふくらはぎのポンプ筋を動かす必要があるのです。

 

つま先を地面から10センチ上げて、ふくらはぎの筋肉を動かしながら歩いてください。

 

もうひとつの方法が、肩甲骨を動かす方法です。

肩甲骨を動かして、なぜ体が温まるのか?

疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、ぜひテストしてみてください。

お試しいただきたいのは、その場で肩甲骨を回して見ることです。

実際にしてみると、いかに身体が温まるのかをご確認できますよ~

最初はゆっくりと確実におこなってくださいね。

 

1、左の肩を前から後ろに大きく回します。

肩先で大きな丸を描くように前~上~後ろ~下の方向に回しましょう~

2、左の肩を回しながら、右の肩をそれとは逆の方向に回します。

後ろ~上~前~下の方向です。

その時に肩甲骨も一緒に動くように気を付けてみてください。

10回ほど同時に回したら、今度は回す方向を逆にして。

左の肩を後ろから前へ回し、右の肩は前から後ろへとチェンジします。

うまくできるようになりましたら、1秒に1回のスピードで回しましょう。

片側10秒回し、逆も10秒といった感じで、20秒回すだけで、ポカポカしてくると思います。

 

肩甲骨を動かしながら歩く

肩甲骨を動かしながら歩くには、腕を後ろに振る必要があります。

でも猫背だと腕は後ろには振れません。

背筋を伸ばして肩を後方に引くイメージで、綺麗な姿勢を作ってから、

腕を斜め下40度くらいに振りましょう。

 

低体温の原因のほとんどは筋肉量の低下と考えられます

動かせる筋肉はできるだけ多く動かして、年齢と共に減っていく筋肉を少しでも増やす努力が大切です!

 

体の中で一番冷えやすい場所は?

 

お尻や胸、お腹など体についている脂肪の部分は冷えやすいということは、以前の記事にも書きましたが、それ以外にも多くの方がご存知の体の中で一番冷たい場所があります。

それは「耳」。

やけどした時に触りましょう!

と、言われているほどですよね。

もちろんやけどのアイシングには氷ですが、ともあれ耳は人の体の中で一番冷たいと言われている場所です。

耳はとても冷えやすく、耳が冷えると寒くも感じるので、帽子やイヤーマフなどで耳を隠してウォーキングすると、あまり寒さが気にならないほど。

帽子やイヤーマフがファッション的にとり入れにくい方は、幅の広い大きなストールを、耳が隠れるくらいまで巻く事もおススメです。

私のウォーキングクラスに通っているみなさんは、身体を温める歩き方でレッスンにいらっしゃいますので、「暑い暑い」と言いながら汗をかいてスタジオに到着します。

そして冬でも薄着になってレッスンします。

 

そのほか体温を上げるとこんなに良いことがあると言われます。

・基礎代謝が上がり、太りにくい体に

・ストレスに強く、病気になりにくい健康な体に

・新陳代謝が活発になり細胞レベルから若々しくアンチエイジングに

・エネルギーを消費する体になり、内臓脂肪の解消につながりメタボ対策に

・血行がよくなり血液量が増え、細胞に十分な酸素と栄養が供給される

・骨そしょう症の予防に

・腸のぜん動運動が活発になり、便秘や大腸がんの予防に

・脳の血行がよくなり、記憶力低下や認知症の予防に

(出典・沢井製薬)https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200909-02.html

 

冷えは女性にとって、大敵です。

私自身も身体を動かす習慣のなかった頃は、35度台の体温でした。

低体温は病気の温床になるとも言われます。何より本人がつらいですよね。

毎日の少しの努力で改善可能ですので、今日お読みになったことを実践してみてくださいね。

4月から3ヶ月間は、東京渋谷区で無料の姿勢レッスンも開催します。

詳しくは私のHP↓をご覧ください。

■airseaウォーキングスタジオ(仙台)
■2019年3月7日(木)放送予定の、テレビ東京19:58〜『主治医が見つかる診療所』で、
カラダの痛みやゆがみを改善するやさしい体操「エゴスキュー」の姿勢について解説する予定です。よろしければご覧ください!

■編集部の櫻田先生レッスン体験記は→こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

ウワサの「ヨーグルト断食ダイエット」実際やってみたら効果はどうだった?

アラフィフ美容健康ライター・藤井が体当たりでゆるゆるとダイエットをしている連載「ダイエット戦記」。今回ですでに26回めです。さて、26回めにしてはじめてワタクシ藤井…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に…

どこにも紹介されてない⁉︎目新しい台湾の紙モノみやげは......

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

あなたのお尻、太ももから冷えてない?「ちょっと冷え性」改善2つのコツ

女性に多い「冷え性」。暖房機器メーカーのリンナイの調査によれば、実に女性の約80%が冷え性を自覚しているそうです。意外なことに男性も約40%が冷えを自覚しているそうですが、ともあれ女性は「倍くらい冷えてい…

肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節になりましたね。でも、これから寒い季節になるにつれお肌が乾燥してきませんか?カッサカサのお肌は女性としても魅力がダウン。何よりも、老けて見えてしまうのがネックです………

あなたはいまどの姿勢?「身体のたるみ」を予防する40代4つの基礎

40代のはじめ、エイジングはほうれい線や額のシワなど大きくてわかりやすいパーツから始まったことでしょう。そして40代の半ばともなれば、フェイスライン、首、お腹、ヒザ、そしてヒップライン……身体のいたるところ…

靴の裏どうなってる? 靴底でわかる「4つの疲れチェック」とその対策

今年の夏は記録的な猛暑が長く続きました。秋の訪れを感じつつも、夏の疲れを感じでいませんか?オトナサローネの読者の皆さんもいろいろなストレスや疲労に悩んでいると思います。9月になってもまだまだ暑さは続き…

ハイヒールが痛い人!靴選びと歩き方を変えましょう。プロが教える簡単な2つの対策

魅力的な女性の必須アイテム、ハイヒール。履くメリット自体、「美しく見えるため」がすべてと言っても過言ではありません。スタイルよく見えますし、脚だって長く見えます。かかとが高くなるとふくらはぎのラインも…

3秒で「美姿勢」が手に入る!3つの簡単なチェックと改善

視界に入っただけで引き込まれるような、素敵な印象の人っていますよね。通勤中にすれ違う人や、カフェから眺める雑踏。たくさんの人が行き交っているのに、なぜかその人が目に止まる。そして思わず目で追ってしまう…

姿勢が悪い人は「美しい人」とは思われない。あなたは歩き方のココを見直して

「……そんなある日、車の中からフロントガラス越しに街を見たの。仙台の街ね。そこで、ふと目の前の横断歩道を歩く女性たちの歩く姿を見て、ハッと驚きました。これはいけない、女性たち、みんなそんな歩き方をしてい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事