冷えてる人は朝ごはんがタダ?驚きの「腸温活」体験、品川で

「腸温活」って言葉、聞いたことはありますか? 1日の中でいちばん体温が下がっている朝にこそ、豆・雑穀・野菜の繊維たっぷりなごはんを食べ、体をすみずみまで温めていこう!というメソッドです。

でも、たっぷりってどのくらい? まずは食べて理解できる「腸温活ドクターズ朝カフェ」が、11/11(金)まで、東京・品川のTHE 3RD CAFE by Standard coffee 品川シーズンテラス店で限定オープン中なんです。

サーモ写真の手にも注目。冷えの現実

医学博士で管理栄養士の本多京子先生監修の朝ごはんを、毎朝先着30名に提供。店頭で体の表面を計測するサーモグラフィーゲートを体験すれば半額(210円)、中でも冷え傾向と判定されれば1発「ブルーカード」でなんと無料……体調が悪いほど得になるだなんて、そんなうまい話があるものですか?と行ってみました。

img_2883

店頭のサーモグラフィーゲートはこんな感じ。

計測するのは皮膚の温度なので、その日の屋外の気温でも上下します。なので、固定値ではなく、「今日は何℃以下ならブルーカード」と決めるのだそう。この日の目安は男性が35℃、女性が34℃でした。

img_2952

「普段から冷えが気になる」という編集部・森信が試すと、左上に数字が出ていますが

img_2959

「34.5℃」。合格!

img_2957

いっぽう「あんまり冷えを気にしていない」井一が試すと

img_2963

「33.5℃」!ブルーカードです。二人のサーモの手にご注目ください、森信はこのとき外から入ってきたばかりなので手が冷えていますが、しばらく店内にいた井一はポカポカ。握手してみましたが、確かに「森信さんの手、冷たい……?」「井一さん暖かいね!」という話になりました。

 

というわけで、井一は無料で、森信は210円でモーニングセットをいただくことに。ちなみに、15人ほど試して合格したのはたった2名ほどだそう。85%の日本人は「隠れ冷え性」なのかも?

具だくさんスープの登場!

さて、腸温活モーニングセットの内容はこんな感じ。

img_2927

朝のたべるスープ」7種類のうち2種類を日替わりで提供
胚芽入りブレッド
特製ディップ ①唐辛子のクリームチーズ ②日替わり特製ディップ(この日はフムス)
サラダ
カスピ海ヨーグルト(ハニージンジャーソース入り)
コーヒーor紅茶

 

手前の井一は、この日のスープのうち、新製品の「さつまいものチャウダー」を選びました。向かいの森信はミネストローネ。

img_2983

 

!!!!!!!このさつまいものチャウダー激ウマ?????? ここスープ専門店????? いやコーヒーのお店だった、えっこれ家で食べられるの???? 本当?? どこで売ってるの!!!!!

失礼しました、一口でテンションがマックスまで上がったので現場でのコメントをそのまま書きましたが、このようにびっくりするようなクオリティ。正直ちょっと眠くてぼーっとしていたのですが、狙い通り一気に体温が上がりました。

「これなら私にもできる」朝ごはんの知恵てんこ盛り

img_3007

まず、このスープ、電子レンジにこのまま立てて入れてチンして食べられるのだそう。こんなにおいしいスープがチン?つまり、会社にストックしておけば毎朝会社でも食べられる!

img_2990

また、「蒸し大豆のフムス風ディップ」「栗カボチャのディップ シナモン風味」など、既製品をアレンジしたディップが日替わりで登場する上、シートにはそのレシピが書いてある!カフェでいま食べているものをおいしがりながらその手の内を公開してもらえるだなんて。

腸温活朝カフェ、期間限定です。金曜までの間にぜひ時間を作って体験してきてください! また、腸温活プロジェクトそのものはカフェコラボ終了後もも継続されます。暮らしを簡単においしく健やかに変える知恵が満載ですから、追ってご紹介していきます!

 

http://cho-onkatsu.jp/news/archives/115

腸温活ドクターズ朝カフェ
2016年11月7日(月)~11月11日(金)  7:30~10:00
THE 3RD CAFE by Standard Coffee 品川シーズンテラス店
http://standard-coffee.jp/the3rd/

img_2913

体の保温効果が高い「具だくさんスープ」を中心とした「腸温活モーニングセット」(税込420円)
※毎朝先着30名限定
※サーモグラフィゲートを体験した人には、半額(税込210円)で販売
※サーモグラフィゲートを体験し、ブルーカードをもらった人には、レスキュー価格として無料で提供
※サーモグラフィゲートの実施及び特別料金適用はモーニングタイム(7:30~10:00)のみ

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その下半身太り、実はおしりの冷えが原因!? 5分でむくみを解消するテク3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

2週間で5キロやせたアイドル! 「もち麦ダイエット」が食べてやせる理由とは?

テレビ番組『究極の〇×SHOW 超問!真実か?ウソか?』で、ぽっちゃり系アイドルグループPottyaの犬童舞子さんと橋本一愛さんが2週間で5kgやせた「もち麦ダイエット」。1日…

年末の「お疲れ胃腸」をととのえる、意外な3大食材とは?

毎晩のように続く忘年会、お正月休みをとるための仕事の山…。年末年始に休めるのはうれしいけれど、その前のこの年末の忙しさ、何とかしたい! と思っている人もきっと多…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事