結婚後してビックリ! 「大人のマザコン男」4つの見抜きかた

マザコン男との結婚は不幸になりがちと言われますが、40代女性の恋のお相手世代で「マザコン」となると、ちょっとやそっとでは改善しない“筋金入りのマザコン”のリスクも大きくなります。

大人のマザコン男は、知恵のついている世代だけに、“マザコンである自分”をひた隠しにして巧みに近づき、ゴールインをしてから本性をあらわすタイプもしばしば見受けられます。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、自身の経験や見聞きしたエピソードを踏まえ、厄介な“大人のマザコン男”を見抜くポイントを4選ご紹介します。

 

絶対ヤバいって…大人のマザコン男の特徴1:「マザコン」という言葉に過剰反応する

面倒なマザコン男ほど、自分が「マザコン」と言われることを極端に嫌う傾向も強いです。

大したことのないマザコン男は、ネタのように「俺、マザコン!」と自ら口にすることもある一方で、筋金入りなマザコン男ほど「俺はマザコンじゃない」「マザコンって言われると不愉快だ」などと、この言葉に本気で嫌悪感を示しがちです。

40代の恋のお相手世代のマザコン男性となると、それなりの過去を経ているはずなので、その過程で深い仲になった女性から「マザコン」と言われた経験も多々あるのでしょう。

そんな経験があるからこそ「マザコン」の4文字に、過剰反応するものと思われます。

 

絶対ヤバいって…大人のマザコン男の特徴2:やけに「どうでもいいネタ」で母親の話題が多い

20代や30代で母親の話ばかりしていれば、いかにも「子離れできていない」というニオイが強いことから、意識的に避けるマザコン男も多いものの、40代や50代となると、周囲も介護をはじめとして親の話題を出すことが増えることから、マザコン男への追い風に。

しかし一般的な大人の男が口にする親の話題は、どちらかと言えば“親の老い”に伴った話題になりがちなのに対し、筋金入りのマザコン男の場合には、“好きな食べ物”だの“親の旅行話”だのと、失礼ながらも聞いている側が「どうでもいい」と言いたくなるようなテーマも多いのが特徴です。

「この前、母親が好きなバームクーヘンを週末に届けたんだけどさ〜」程度の話を嬉々として話す大人の男には、かなり重症のマザコン男も珍しくありません。

 

○○の繋がりをやけに重視する男性はちょっと危険……?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク