「断っても愛される」。ホステスに学ぶ上手なお誘いのカワし方って?

年末を迎え、何かと慌ただしいこの時期。切っても切れないのが「気が進まないけれど、行かなきゃならない集まり・飲み会」ですね。やることは山積みだし、睡眠時間も確保したい。お酒が入ると口説かれることもあるし……。

そこで、「知って得するホステス流・誘いの断り方」を伝授します。

「困ってしまうお誘い」は結構ある

bridal, bride, bouqet, flowers, hands, love, wedding

華やかに装い、お客様をもてなすホステスにとって「お店以外」での接客は日常茶飯事。

営業前の同伴(2~3時間ほど食事)に始まり、閉店後のアフター(食事やカラオケ、バーなど)のお付き合いも仕事の一つです。

ここでちょっと困ってしまうのが「休日デート」のお誘い。

営業時間というくくりと、店という守りがない分、お客様に口説かれる確率も高いんです。

「親密な関係にはなりたくないけれど、これからも店に来てほしい」

「仕事上、つながりは絶ちたくない」

「付き合いが悪いと思われたくない」

なんて時は、ちょっとした裏技を知っておくといいですよ。

 

お誘いを受けたら、まずは「嬉しさ」「感謝」を伝えましょう

valentine's day

「銀座にオープンしたイタリアンレストランの予約が取れたんだけど、どう?」

「嬉しい!あの店、三カ月待ちなんですよね。すごーく行きたかったんです」

という具合。誘ってくれた方への感謝を述べるのです。

 

次に、「行きたいけれど、断わざるを得ない物理的な理由」を伝えましょう。

 

「休日も仕事を抱えている」

「田舎の両親が出てくる」

「資格取得のためスクールに通っている」

など物理的な弊害と、泣く泣く断っている旨を言うと、相手も不快に思いません。

 

そして、お断りと必ずセットで伝えてほしいのは、「次回も誘ってくださいね」の一言。男性だって誘うからにはそれなりの準備と勇気を持って誘ってくれたはず。

「今回は、たまたまタイミングが合わなかったけれど、次回はぜひ」と楽しみにしていることを明るく伝えるのです。

できれば、メールより電話で。これは以前、お客様からこんな意見があったからです。

 

「メールで断られるって、事務的で冷たい印象なんだよね」

「なんか軽く見られているようで不愉快だな」。

 

男性って女性が思うよりずっと繊細です。好意を寄せている女性になら、なおさら。

あくまでもホステスとお客様の場合ですが「断る時は電話で。つながらなければ留守電にメッセージを残すか、メールを送る」という丁寧さを心がけています。

もちろん、メールが便利という人も多いでしょう。相手の性格と、関係性によって使い分けるといいですね。

 

その後のお誘いはどうすれば?

Bouquet and book. Back to school. September 1, knowledge Day. The teacher's day.

さて、その後も何度かお誘いを頂いたとしましょう。気遣いある男性なら、「予定は君に合わせるよ」なんて一言をくれるかもしれません。

何度も断っている手前、もう断りにくい。

そんな時は、「お尻を決めてデートする」のも一つの策。

 

お尻というのは、終わりの時刻。例えば、

「その日は夜に会議があるけれど、17~20時までならお食事できますよ。とても楽しみ」

「日中、2時間くらいならランチ可能です。お腹すかせて行きますね」

など。

 

終わりの時間が決まっているから、変な口説きもないし、お酒も断りやすい。決められた時間内だからこそ、逆に楽しもうと思わぬ発見があるかもしれません。

そして、ひとたびデートともなれば、笑顔で魅力溢れる対応を心がけましょう。

仕事上、大切な相手なら情報交換やアイディアを出し合うのもいいですね。人脈は宝です。対応ひとつで貴女の評価も上がります。

 

えっ、またお誘いが来ないかって?

ええ、来るかもしれませんね。ホステスってお客様にリピートしてもらわなくちゃならないですから。

次回は「さらに親密になった場合の断り方」をお伝えしますね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

CA直伝「3つのS」を心がけるだけで驚くほどモテる?

高度約一万メートルという特殊な環境で、VIPから子どもまでまんべんなく接客するCAたち。気力・体力・サービス精神は不可欠ですが、訓練中に徹底的に教えこまれる「3つのS…

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

かわいい年下男子に好きと思われる4つのアプローチ

20代や30代の男性にとって、年上の女性の振る舞いは意外と目につくものです。「この人いいな」と思われる女性の共通点は、そのときに応じた「気づかい」があること。同じ世…

品と色気。元CA&クラブママが伝授する、40代女性の「モテ条件」

「女子力」のパワーエリートといえば、女子アナ、秘書、そしてCA。男性相手に特化したクラブホステスも挙がります。この中で、元CA&元クラブママという最強クラスの経歴を…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

男のホンネ!「好きだよ」と言わなくなった男の裏に隠れた5つの理由

初めは良い雰囲気でいた二人なのに、気づけば、彼からの連絡が減っている。デート中も以前ほど盛り上がらない。――恋愛の悩み・すれ違いは、永遠のテーマですね。でも少し考えて下さい。あなたは気づかぬうちに「男を…

ついついやってない? 40代独女が「無残なくらいモテない」10のNG

今年も残すところあと4カ月。「年内には結婚相手を見つけたい!」と願う40代女性も多いことでしょう。さて、多くのモテコラムを書かせて頂いたところで、再度「モテない40代独女のNG言動」を確認してみましょ…

これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物…

「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回は「美白」に対してアプローチしてみましょ…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事