ひき始めの風邪を早く治す!ツボ押しとこんにゃく湿布のススメ

心地よい秋を足早に通り抜けて、一気に冬へと駆け込みそうな今年の寒さ。朝晩と昼間の寒暖差、電車内や職場の空調のアンバランスなどで風邪をひいてしまう人も増えてきています。何となくだるい、のどが痛い、鼻もグズグズ、「風邪かな?」 と感じた時についやってしまいがちなその行動が、かえってこじらせてしまうかも……!?

1)NG行動1:あわてて風邪薬を飲む

/

仕事が立て込んでいたり、大きなイベントが控えていたり、何かと忙しい時に限って風邪はひきやすいもの。病院へ行くほどでもないな、と思いながら仕事帰りにドラッグストアへ立ち寄り、とりあえずメジャーな風邪薬を買って飲む、という人は多いかもしれません。

けれど、風邪薬というのはそもそも、風邪を治すわけでも消し去るわけでもなく、表立って出てきた症状のつらさを多少やわらげてくれる(かもしれない)ものに過ぎないのです。

「何も飲み込めないほど、のどが腫れている」とか「どうにも頭が痛くて眠れない」という時には、薬の力を借りるのも悪くはありませんが、とりあえず食べることと眠ることができそうなら、体を温める食事・水分・ビタミンCを摂ってゆっくり寝るのが、いちばんシンプルな早道です!

2)NG行動2:「病は気から!」と強がってみる

fotolia_93180888_subscription_monthly_m

たかが風邪ごときに負けちゃいられない、気力で追い払ってやる!とばかりにガッツリ高カロリーの食事をとったり、ボンヤリしがちな頭をシャキッとさせようとコーヒーばかり飲んだり……。

風邪をひく、というのは体の免疫力が落ちて、全体的にエネルギーダウンしているサイン。「がんばれ!」と励ますより、「弱っているんだね」と、自分の体を労わってあげましょう。仕事も、ほかの人に頼めることは頼み、今でなくてもいいものは後回しにして、「今日は、なるべく楽をして、手抜きすることが仕事だ」と考えるくらいでもいいのです。

食事のバランス云々を考えるのもパスして、根菜や豆腐の具だくさん味噌汁におろし生姜を入れてゆっくり食べれば、体の中から温まって、心身ともに楽になってきます。

食材つながりでいえば、こんにゃく湿布もおすすめ。板こんにゃくを、沸騰したお湯で約10分茹でてタオルにくるみ(※火傷しないように気を付けて)、仰向けに寝て、おへその下あたりにある「丹田(たんでん)」に30分ほど乗せておくだけの簡単な方法ですが、これは驚くほど効きます。うっかりそのまま朝まで寝てしまうと、こんにゃくが冷めてしまって逆効果、寝具も湿ってこんにゃく臭くなるので、30分後にアラームをセットしておくことをくれぐれもお忘れなく!

3)NG行動3:全身のマッサージやリラクゼーションを受ける

fotolia_81099321_subscription_monthly_m

風邪のひき始めは体がだるく、同じ仕事をしていても疲れを何倍にも感じやすいので、マッサージや整体、リラクゼーションサロンで全身をほぐしてもらえば楽になるかも……という気もするのですが、これはあまりおすすめしません。体内の循環がよくなることで、かえって熱が上がったり痛みが増したりなど、表立った症状が悪化する可能性が高いからです。

「熱がある時にお風呂に入ってはいけないよ」といわれるのと同じですね。ただそれも、ごく軽い症状であれば、お風呂で体を温めてリラックスして、湯冷めしないうちに寝ることで回復する場合もありますから、「絶対にダメ」とは言えませんが……。

ほどよく間をとって、というわけではありませんが、体調があまり良くない時にリラクゼーションを受けるなら、全身を直接ほぐすボディケアや即効性の高いリフレクソロジーは避けて、首から上、頭や顔のツボをゆっくり押してもらうコースにしましょう。

首の後ろにある「大椎(だいつい)」はのどの痛みや微熱、「天柱(てんちゅう)」は体のだるさやむくみ、後頭部の「風池(ふうち)」は頭痛、そして小鼻の両脇にある「迎香(げいこう)」は鼻づまりに、それぞれよく効くツボです。それ以外にも、頭や顔はさまざまなツボの宝庫なので、押されているうちに体が楽になってぐっすり眠れる、という効果もあります。

 

「風邪かな?」と首をかしげる程度なら対処法はいろいろありますが、これからの時期は、ただの風邪かと思っていたらインフルエンザだった、という可能性もなきにしもあらず。無理せず、過信せず、あやしいなと思ったら早めに病院へ行きましょう!

 

ひき始めの風邪を早く治す!ツボ押しとこんにゃく湿布のススメ 【自分の体ともっと仲良くなる方法 vol.2】

スポンサーリンク

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

おしりの冷え、セルライト、生理痛……5分で解消するお手軽ケア3種!

体の疲れや悩みには個人差があるとはいえ、そこには大きな共通の原因もあります。動かさないから冷える → 冷えるから代謝が落ちて太る → 太るから動かすのが億劫になる…

今からでも間に合う!モデル美脚になる6つのポイントとは?

均整が取れて、すらりと伸びたモデルのような長い脚には誰もが憧れるもの。脚の形や長さなんて、生まれつきだから「今さらモデル脚になるなんて無理」って思っていませんか…

冷え性に悩むかたへ。血のめぐりをよくして冷えを改善する日常生活3つの習慣

気温が下がりつつある今の時期、指先や足先の冷えを感じている方も多いのでは?「冷えは万病の元」とも言われており、肩こりや腰痛、頭痛、生理痛、不眠、肌荒れなどの不調…

下半身太りは「骨盤」が原因! ゆがみを治す日常生活3つのコツ

日本人女性には下半身太りを気にしているかたが多いようです。パンツを買うときに試着したら、お尻がキツい、太ももがパンパンという経験があるかたも多いのではないでしょ…

実は日本人の8割が「隠れ低体温」?体温を上げる「腸温活」

いよいよ冬のはじまり。肌のカサカサ、インフルエンザの流行など、冬ならではの悩みはたくさんありますが、今回は「無意識の冷え」に関するチェックです。次の10項目で当て…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事