今年も新生活の季節がやってくる!やりたいと思ったことの「扉」は大胆にあけていって!

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。

公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。

そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。

このコーナーでは、彼女の手がけたタロットカード「ポエタロ」より、カードのテーマに沿って書かれた覚さんのエッセイを一話ずつご紹介しています。

 

今回のカードは「扉」

未知なる世界への入り口として、映画のワンシーンで、漫画や小説でよく登場するキーワード。

いつだって、次はどんな展開になるのかドキドキしちゃいますよね。

この「扉」のカードには、いったいどんなメッセージが込められているのでしょう。

 

覚さんのエッセイの前に、カードの解説文から少し。

 

その選択に不安を感じる必要はない。

魂の進化に照らせば、起こることが正しい。

 

ドアノブに手をかける、扉をあけて片足を前に踏みこみ、家の外に出る。

なんてことない日々の小さな動作ですが、意識的に行っている人がいったいどれだけいるでしょうか。

たいていの人は記憶にも残らないほど、無意識に扉をあけているはずです。

疑いようがなく、恐れるべきこともありません。

 

ところがどっこい、扉の向こうに何があるのか分からなかったら?

きっと、あけることを躊躇したり、やむを得ず諦めるひとも多いのでは。

自分の想像の及ばない何かに恐怖をおぼえるのは、当然の防衛本能です。

 

けれどもし、映画の主人公が、先のリスクを考えて扉をあけなかったら?

大変なトラブルに巻き込まれることもありませんが、最愛の親友や恋人に出会うことも、すばらしい経験をすることもないでしょう。

 

複雑で綿密なプランも、ときには大いにあなたを助けてくれますが

このカードに出会ったなら、扉の向こうで待っている誰かが、絶対に、未来のあなたを助けてくれます。

気になっている扉があるなら、えいやっと踏みこんでみましょう。遅すぎることはありません!

 

それでは、覚さんのエッセイをどうぞ。

 

***

 

【扉】開けてみればよかった

ずいぶん昔、

慌てて開けた玄関扉の角で、

待っていた叔母の右足親指を怪我させてしまったことがある。

 

叔母は裸足のサンダル履きで、

明くる日テニスの試合に出場することになっていた。

「いたたたったったっ」とケンケンした叔母の苦しみよう。

あとで聞けば、

試合の結果は当然良くなかったらしい。

 

足の指、というのがポイントなのだと思う。

おでことか、

ひざ小僧とかではなく、

足の親指。

 

厚い硬い爪が頼もしく守る足の親指。

それを損なうほど迷いのない力の入れ方で、

扉は勢いよく開け放たれたということだ。

何をそんなに盛り上がっていたのか私。

 

あれから扉を(内側から)開くのに必要以上に慎重になって

(ほとんど怯えて)いる自分がいる。

 

一方、やりたいと思ったことの扉はいつも大胆に開け放つ。

 

今思えば大学を卒業して定職につかないという選択も、

つつましい公務員の家庭で育った娘には

ある意味の賭けだった。

 

OLになったらそれなりにオフィス仕事をやれて、

他人の期待に答えてしまう自分を知っていたからこそ、

心の奥底が欲するところにしたがって

それをしないことが必要だったのだ。

 

扉は開けてしまえば何とかなる。

そもそも開けたくなるという直感は信用していい。

 

直感は理屈で考えるよりも正しいことが多い。

 

進む道を決めかねている人は、ほとんどこのカードを引く。

 

扉を開けてその中へ踏み込んでみることも、

踏み込んでみてやり直すことも、

いまあなたに必要なのかもしれない。

 

開けてみればよかったという後悔だけは、かなしい。

 

 

覚 和歌子

©FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

 

***

 

ポエタロ」とは?

「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、

かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、

その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。

1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前、

なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、

次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。

あなたの心強い味方になってくれるはず

 

Amazonはこちらから

『ポエタロ いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【12星座ランキング】意外!? 実は怒らせると怖い星座は……?

見た感じ、いかにも怒らせると怖い人なら用心するのですが、穏やかそうに見えて実は……という人も多いのですよね。今回はそんな、「実は怒らせると怖い星座」をランキングし…

【12星座ランキング】「あの人、気が利かないな…」と思われがちな星座は?

あなたは気が利くタイプですか? それとも利かないタイプ? 自分は気が利くと思っていても、実は周りからは気が利かないと思われていた……なんてこともありますよね。今回…

【12星座ランキング】サボりすぎ……?「仕事しなさすぎる」星座って!

仕事が嫌いで、取り掛かるまでに時間がかかってしまう。どうやったらうまくサボれるか、そればかり考えてしまう……そんな経験はありませんか?今回は仕事嫌いで、周囲からも…

【12星座ランキング】ダメと言われるとやりたい!あまのじゃく過ぎる星座

ダメ、と言われるとやりたくなってしまう……そんなあまのじゃくな部分は誰しもあると思います。心当たりはありませんか?今回はそんなあまのじゃく星座をランキングしてみた…

大人のスイーツ占いって?あなたのスイーツを確認してみよう!

スイーツ占いとは、難解とされる東洋の占いを気軽に楽しめるようアレンジしたもの。あなたのスイーツは何かを確認して、気になる運勢をチェックしてみてくださいね!「スイ…

【12星座ランキング】本気で人のことを好きになれない星座は……?

世の中には惚れっぽい人もいますが、なかなか人を好きになれない、本気で人のことを好きになったことがない……そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?今回は、そん…

【12星座ランキング】流されすぎ…?他人に影響を受けやすい星座は

自分に自信がないと、つい他人の意見に影響され、流されやすくなってしまいますよね。今回はそんな「他人に影響を受けやすい」星座をランキングしてみたいと思います。12星…

【12星座ランキング】あなたのカレは大丈夫?絶対に浮気しない星座は……

突然ですが、皆さんはパートナーの浮気が発覚したらどうしますか?許す? 怒る? それとも別れる? 腹いせに自分も浮気する! なんて人もいるかもしれませんね。でも世…

【12星座ランキング】身の程知らずにもほどがある!理想が高すぎる星座

恋人や結婚相手に対し、理想があるのは当然のことですが、最近はその理想が高すぎて結果おひとり様……というケースが増えてきているようです。心当たりはありませんか?今回…

【12星座ランキング】ピンチをチャンスに変えられる星座って?

ピンチが訪れた時、そこで立ち止まるか、そのピンチをチャンスに変換できるかで結果は大きく変わってきます。今回はそんな、「ピンチをチャンスに変えられる」星座をランキ…

酷いことを言われた、言ってしまったあなたに。

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。このコーナーでは、彼…

悩んでも答えが見つからない……。そんな時は「女性性」に委ねると道が開けるかも!

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。このコーナーでは、彼…

目を背けたい不満やストレス。いざ、解決するために!

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。このコーナーでは、彼…

さっとひと塗りでパワーアップ。真っ赤なルージュの理由とは…

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』、覚えていますか?公開から何年経っても、あの曲を聴くと、ジブリの美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。…

「変化の年」2019、変わりやすい状況やエネルギーを味方につけるには?

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』、覚えていますか?公開から何年経っても、あの曲を聴くと、ジブリの美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。…

誰かを巻き込んだり、巻き込まれたり。いつでもハッピーでいるために

あけましておめでとうございます。『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』。何年経っても聴くたび胸の奥があたたかくなる、この曲の作詞をされた覚 和歌子さん。彼女の手がけたタロットカード「ポエタロ」…

恋愛がうまくいかない人、解決のキーワードは「男性性」かも?

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞をした詩人の覚 和歌子さん。彼女が手がけたタロットカード「ポエタロ」から、毎話1テーマずつ、カードに沿った覚さんのエッセイをお届けします。今回のテー…

「本来の自分らしく」生きたい人に。今あなたが見落としていることは

つい、明日の仕事のことや遠い将来のことをぐるぐる考えてしまって、ふと頭によぎる、ささやかな興味や関心は後回しにしていませんか?なんなら、そのまま忘れてしまったりして。『種』のカードを引くと、解説の文章…

将来が不安なときこそ「ポジティブ妄想」をどんどん言葉にしていこう!

忙しい毎日を過ごしていると、心地よい夢を見ることすら、なんだか億劫な気持ちになることがありませんか。夢から醒めたあとの現実は、あまりにかけ離れているものだから。『夢』のカードを引くと、解説の文章にこう…

歌うことが好きならば「責任を取れる」のかもしれない【タロット】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。今回のワンテーマエッセイは「歌」です。【歌】あなた自身を響きとしてふるわせよう子どもの頃からずっと歌ってきた。小学校…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FORTUNEに関する最新記事