今年も新生活の季節がやってくる!やりたいと思ったことの「扉」は大胆にあけていって!

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。

公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。

そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。

このコーナーでは、彼女の手がけたタロットカード「ポエタロ」より、カードのテーマに沿って書かれた覚さんのエッセイを一話ずつご紹介しています。

 

今回のカードは「扉」

未知なる世界への入り口として、映画のワンシーンで、漫画や小説でよく登場するキーワード。

いつだって、次はどんな展開になるのかドキドキしちゃいますよね。

この「扉」のカードには、いったいどんなメッセージが込められているのでしょう。

 

覚さんのエッセイの前に、カードの解説文から少し。

 

その選択に不安を感じる必要はない。

魂の進化に照らせば、起こることが正しい。

 

ドアノブに手をかける、扉をあけて片足を前に踏みこみ、家の外に出る。

なんてことない日々の小さな動作ですが、意識的に行っている人がいったいどれだけいるでしょうか。

たいていの人は記憶にも残らないほど、無意識に扉をあけているはずです。

疑いようがなく、恐れるべきこともありません。

 

ところがどっこい、扉の向こうに何があるのか分からなかったら?

きっと、あけることを躊躇したり、やむを得ず諦めるひとも多いのでは。

自分の想像の及ばない何かに恐怖をおぼえるのは、当然の防衛本能です。

 

けれどもし、映画の主人公が、先のリスクを考えて扉をあけなかったら?

大変なトラブルに巻き込まれることもありませんが、最愛の親友や恋人に出会うことも、すばらしい経験をすることもないでしょう。

 

複雑で綿密なプランも、ときには大いにあなたを助けてくれますが

このカードに出会ったなら、扉の向こうで待っている誰かが、絶対に、未来のあなたを助けてくれます。

気になっている扉があるなら、えいやっと踏みこんでみましょう。遅すぎることはありません!

 

それでは、覚さんのエッセイをどうぞ。

 

***

 

【扉】開けてみればよかった

ずいぶん昔、

慌てて開けた玄関扉の角で、

待っていた叔母の右足親指を怪我させてしまったことがある。

 

叔母は裸足のサンダル履きで、

明くる日テニスの試合に出場することになっていた。

「いたたたったったっ」とケンケンした叔母の苦しみよう。

あとで聞けば、

試合の結果は当然良くなかったらしい。

 

足の指、というのがポイントなのだと思う。

おでことか、

ひざ小僧とかではなく、

足の親指。

 

厚い硬い爪が頼もしく守る足の親指。

それを損なうほど迷いのない力の入れ方で、

扉は勢いよく開け放たれたということだ。

何をそんなに盛り上がっていたのか私。

 

あれから扉を(内側から)開くのに必要以上に慎重になって

(ほとんど怯えて)いる自分がいる。

 

一方、やりたいと思ったことの扉はいつも大胆に開け放つ。

 

今思えば大学を卒業して定職につかないという選択も、

つつましい公務員の家庭で育った娘には

ある意味の賭けだった。

 

OLになったらそれなりにオフィス仕事をやれて、

他人の期待に答えてしまう自分を知っていたからこそ、

心の奥底が欲するところにしたがって

それをしないことが必要だったのだ。

 

扉は開けてしまえば何とかなる。

そもそも開けたくなるという直感は信用していい。

 

直感は理屈で考えるよりも正しいことが多い。

 

進む道を決めかねている人は、ほとんどこのカードを引く。

 

扉を開けてその中へ踏み込んでみることも、

踏み込んでみてやり直すことも、

いまあなたに必要なのかもしれない。

 

開けてみればよかったという後悔だけは、かなしい。

 

 

覚 和歌子

©FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

 

***

 

ポエタロ」とは?

「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、

かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、

その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。

1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前、

なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、

次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。

あなたの心強い味方になってくれるはず

 

Amazonはこちらから

『ポエタロ いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

スポンサーリンク

【12星座ランキング】意外!? 実は怒らせると怖い星座は……?

見た感じ、いかにも怒らせると怖い人なら用心するのですが、穏やかそうに見えて実は……という人も多いのですよね。今回はそんな、「実は怒らせると怖い星座」をランキングし…

大人のスイーツ占いって?あなたのスイーツを確認してみよう!

スイーツ占いとは、難解とされる東洋の占いを気軽に楽しめるようアレンジしたもの。あなたのスイーツは何かを確認して、気になる運勢をチェックしてみてくださいね!「スイ…

【12星座ランキング】本気で人のことを好きになれない星座は……?

世の中には惚れっぽい人もいますが、なかなか人を好きになれない、本気で人のことを好きになったことがない……そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?今回は、そん…

【12星座ランキング】「あの人、気が利かないな…」と思われがちな星座は?

あなたは気が利くタイプですか? それとも利かないタイプ? 自分は気が利くと思っていても、実は周りからは気が利かないと思われていた……なんてこともありますよね。今回…

【12星座ランキング】サボりすぎ……?「仕事しなさすぎる」星座って!

仕事が嫌いで、取り掛かるまでに時間がかかってしまう。どうやったらうまくサボれるか、そればかり考えてしまう……そんな経験はありませんか?今回は仕事嫌いで、周囲からも…

【12星座ランキング】ダメと言われるとやりたい!あまのじゃく過ぎる星座

ダメ、と言われるとやりたくなってしまう……そんなあまのじゃくな部分は誰しもあると思います。心当たりはありませんか?今回はそんなあまのじゃく星座をランキングしてみた…

【12星座ランキング】流されすぎ…?他人に影響を受けやすい星座は

自分に自信がないと、つい他人の意見に影響され、流されやすくなってしまいますよね。今回はそんな「他人に影響を受けやすい」星座をランキングしてみたいと思います。12星…

【12星座ランキング】あなたのカレは大丈夫?絶対に浮気しない星座は……

突然ですが、皆さんはパートナーの浮気が発覚したらどうしますか?許す? 怒る? それとも別れる? 腹いせに自分も浮気する! なんて人もいるかもしれませんね。でも世…

【12星座ランキング】そんなつもりないのに……実はかなり「したたか」だと思われている星座は?

自分が周りの人にどんな風に見られているか……やっぱり気になりますよね。女性の場合、本人はそのつもりがなくても実は「したたか」「計算高い」と思われやすい傾向がありま…

【12星座ランキング】群れるのが苦手な星座は……?

たくさんの人と賑やかに過ごすのが好きな人もいれば、人とずっと一緒にいるのが苦手な人もいますよね。ひとりで過ごす時間を大切にできるのも素敵なことです。今回はそんな…

母を介護ホームに送った友人の「申し訳なさ」の正体とは

【神殿】そこにいるだけで「大好きな母のために私は何をしてあげられるんだろうと考えるんだけど介護ホームはとても丁寧なお世話をしてくれるところだから私は通ってあげて話し相手になるくらいしかできないのよね。…

なんだか最近、疲れてない?10月のタロットは「休んでいいよ」

【柱】もう一泊すれば思い出せるよ私の山のアトリエに一泊の予定で来ていた友人Mが山の空気に抱かれたら帰る気が失せてしまったと言った。迷ってポエタロにたずねたら「柱」のカードが出てもう一泊していくことを決…

私、このままでいいのかな…いえ、間違っていません。9月のタロットカードより

【僧侶】カレシを特定できます40人ほどのボランティアチームの会合にポエタロを持参した時のことだ。チームは「星空を見上げることで人と人、人と自然とつながろう」というスローガンのもとに天体観測、移動プラネタ…

仕事も家事も「やってもやっても評価されない」。その理由は?

【妖精】これでよかったのね編集者の友人S子がある物書きTと仕事をした時のこと。それはそれは細かな注文をつけられてやり直すという作業が半年も続きS子は会うたびに「心が折れそう」とつぶやき見るたびに白髪が増…

暑くて注意力散漫…でも【8月のタロット】は「それでいい」って

【風】決して立ち止まらない風のように米国バーモント州ミドルベリー大学で授業を持たせてもらって3年になる。日本とはスケールの違う広さの敷地の中とんでもなく離れた寄宿棟と教室棟と食堂の間を学生も教師も徒歩…

辛いことがありましたか?【7月おわりのタロット】のお告げは

【線】私たちにはそれぞれの線引きがある先日年配のご婦人から「持病で余命宣告されているがやることをやってしまって人生に悔いはないので家族に迷惑をかけずにできるだけ早く死にたいと思っている。痛くて苦しい時…

どんより、停滞気味の人、その理由は…【7月のタロット】のメッセージ

【さなぎ】熟成の必要小学校のころ蚕(かいこ)を飼育したことがある。乳白色をしたすべすべのイモムシは見た目がおぞましい毛虫と違って言いようのない愛情が湧いた。お菓子の空箱に桑の葉と一緒に10匹ほど入れて持ち…

頑張りすぎてない?【2019年下半期】のタロットのお告げは…

【毛布】あなたの心は叫んでいるのだ子どもの頃スヌーピーのライナスと同じく大好きな毛布があってそれなしでは寝付けなかった。それこそ始終抱えていたのでボロボロになっていく部分を母が切り取り切り取りしている…

最近悩みすぎてませんか?「6月後半のタロット」のお告げは

【本】ごめんなさいのくりかえしひとはなぜ本を読むのだろう。いい文章を味わいたくて。物語にうつつを抜かしたくて。何かを知りたくて。知りたいことが何かを知りたくて。町の書店がどんどん消滅していく中本に目を…

うまくいかないことがある?「6月のタロット」が教えるあなたへのメッセージ

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。公開から何年経っても、主題歌『いつも何度でも』を聴くと、美しい世界や感動が蘇る人も多いはず。そんな、すてきなテーマ曲の作詞をされた覚 和歌子さん。このコーナーでは、彼…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FORTUNEに関する最新記事