今年の浄化は今年のうちに!【12月のタロット】からのメッセージ

【塩】神サマは甘くない

「血と汗と涙の結晶」はよく考えてみると塩のことである。

努力はいつでもしょっぱいのである。

 

塩はいのちを支えるが、摂りすぎると血圧が上がる。

ひところ流行った塩のボディマッサージは、

お風呂場の排水管をボロボロに劣化させるという被害が出て

すぐにすたれた。

 

同じ頃、当時一人暮らしの私の部屋に遊びに来た友人が

入るなり「空気がよどんでるっ!」と言うが早いか

ベランダをほうきで履き清め

ドアと窓際に塩を盛ったら

言葉通り空気がガラリと入れ変わった思い出も捨てがたい。

 

最近では沖縄の従妹に「持ってるとお守りになる」と送られてきた

「粟国の塩」の小さなボトルを持ち歩いている。

 

旧約聖書の中には

悪徳の町をあとにするロトの妻が未練のために振り返って

「塩の柱」にされるというエピソードがあるが

お清めの塩そのものにされるような罰を受けるほど

彼女は汚れにまみれていたわけでもないように思う。

 

たしかに聖なる道は甘いもんじゃないかもしれないけれど

白か黒かという極端な裁きを好む西洋の唯一神のすることは

人間というファジィな生き物にとってはしょっぱすぎる。

 

暮らしにおいては浄化の立役者の塩。

 

同じような見かけでも

脳を巡らせつつカラダを冷やす上白糖や

人生を壊す覚醒剤など

白い粉は何かと油断できない。

 

覚 和歌子

©FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

 

***

 

ポエタロ」とは?

「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、

かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、

その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。

1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前、

なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、

次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。

あなたの心強い味方になってくれるはず

『ポエタロ いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子大教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク