少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。

もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑っていても、メイクくらいは済ませられる!」なんて自信のあるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

ところで、30代まではなくてもさほど仕上がりを左右せずとも、40代になったら「あるorない」でメイクの仕上がりに差が出やすいグッズも!

「そういえば、30代の頃からメイクグッズをアップデートしていないかも……」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代になったら、手もとに置くと格段にデイリーメイクが楽になるアイテムにまつわるお話です。

 

メイクが下手な40代女性ほど「持っていない」意外なアイテム1:拡大鏡

40代ともなると、若いころと比べて視力が落ちてくるのを痛感するのもさることながら、そもそも肌のちょっとした“アラ”も、30代までとは比べ物にならないほどに深刻化してくる女性も少なくありません。

だからこそ、デイリーメイクを細部まで手際よく完成させるには、“拡大鏡”が手もとにあると便利です。

マスカラやアイラインなどのメイクアップコスメを狙いどおりにブレずに使いやすくなるうえに、肌のちょっとした凹凸や小さなシミを確認するのにも重宝します。

単に鏡を見ながらメイクをするよりも細かいところを瞬時にチェックしやすいのは言うまでもなく、“使う”と“使わない”では、メイクにかかる時間や細部の仕上げが格段に変わる人も珍しくありません。

だからこそ、手もとに置かないのは、本当にもったいない……!

 

メイクが下手な40代女性ほど「持っていない」意外なアイテム2:お直し用の綿棒

丁寧にメイクをしているつもりでも、手もとがブレてラインがヨレてしまったり滲んでしまったり……は、メイクアップにつきもの。

そんなときに、雑に指先でこすって、ミスをごまかしてしまってはいませんか?

メイクアップコスメを肌にこすりつけてしまうと、その部分はどうしても色ムラや不自然なコントラストが生じがち。

特に、肌そのものに色ムラや“くすみ”が出やすい年代である40代は、その“ちょこっとごまかし”がメイク下手に見える要因になるリスクも大きいと言えます。

面倒でも、メイクを修正するには綿棒などのお道具を用いたほうが、仕上がりは格段にキレイになるのは、確実。

綿棒の先に液状クレンジングを含ませたものを使うと、細かな修正も楽チンですし、手もとが狂ったときにも時短で修正が叶いますから、40代になったら絶対に手もとに揃えておきたいグッズのひとつです。

 

ウッカリ老け見えを回避してくれるあのアイテム!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事