「何となく不調」な人の自律神経、爪のココをもめば整う!

自分の意思ではコントロールできない自律神経。バランスのよい状態を保つのが日々を快適に過ごすコツです。

「具体的に病気ではないけれど、何となく今日は調子がよくない……」。

そんなとき、今すぐにできるのがこの「爪もみ!」なんです。

爪の「両サイド」をもむのがポイント

 

爪の生え際には神経線維が密集しています。爪の両サイドをはさんでもんで刺激すると、自律神経の末端に伝わり、自律神経失調による不快症状が改善されるんです。

それぞれの指には対応している臓器があり、その働きをうながすことができます。

「どことなく不調」と感じるときは、両手の爪を1か所10秒ほどもみほぐしてみて。

特に気になる臓器があるときは、それぞれの指を集中的に20秒間もみほぐすと効果的です。

 

img_5232

 

METHOD

1・爪の両サイドを2本の指ではさむ

2・やや強めにもむ

■1日2回、1カ所10~20秒を目安に

 

気になる症状はこの指で!

親指……肺・気管支
%e8%a6%aa%e6%8c%87

せき、ぜんそく、アトピー、円形脱毛症の予防・改善に。

人さし指……胃腸

%e4%ba%ba%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%8c%87

便秘、食欲不振、胃痛などの予防・改善に。

中指……耳

%e4%b8%ad%e6%8c%87

中耳炎、耳鳴りの予防・改善に。

薬指……交感神経に対応するので刺激は避ける

%e8%96%ac%e6%8c%87

薬指は交感神経に対応しているので、刺激を避けるほうが無難です!

小指……心臓・腎臓

%e5%b0%8f%e6%8c%87

不眠、肩こり、生理痛、疲れ目、高血圧、低血圧の予防・改善に。

 

お金をかけずに、簡単・安心に、家でできる知恵

慢性的な不調の背後にかくれている自律神経の乱れ。最近注目のこのキーワード、「自律神経」を、ごく簡単な方法で整えるための本が発売されました。

ちょっと中身をご覧いただきましょう。画像はクリックで拡大します。

「神経のバランス向上」では、精神的・身体的な緊張を取り除くための「自律訓練法」や、ヨガの腹式呼吸でイライラを解消する「舌ロール呼吸法」。

img_5222

ご紹介した爪の両サイドはさみもみのほか、ワニのポーズなども。

img_5225

そのほか、不眠対策や……

img_5240

便秘、下痢対策も。

img_5238

毎日の健康は、コツコツできることから。ぜひお役立てください!

 

20161111123134

 

『自律神経を整える 健康の知恵袋』 2016/11/14発売 定価:本体980円+税 ISBN:9784074191185

自律神経の乱れからくる不調はじつにデリケート。日々続く体調不良は、クスリを1粒飲めば治ると簡単に解決するものではないことを、実感している人は少なくないはず。

主婦の友社「健康」編集部で長年蓄積された出版物から、家庭でできる知恵を集めました。食べ物から、簡単な動作、ツボ押し、マッサージ、呼吸法などなど、お金をかけずに、副作用の心配もなく、だれもが今日から安心して始められるアイデア満載です。

昔の人は当たり前にやっていた、その健康法にはワケがある、「おばあちゃんの知恵袋」的な情報がもりだくさん。監修はナニワの美女医、里見英子クリニック院長の里見先生。

第1章「神経のバランスを向上させる」
第2章「不眠」
第3章「冷え症、ほてり」
第4章「便秘や下痢」
第5章「めまい、耳鳴り」
第6章「女性ホルモンのバランスを整える」

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その下半身太り、実はおしりの冷えが原因!? 5分でむくみを解消するテク3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

頭皮が固いと「老け顔」に!? 今すぐ1日5分の簡単セルフケア

「前より太ったわけじゃないはずなのに、何だかボワンとして、さえない顔……」と、鏡や写真にうつった自分を見て首をひねること、ありませんか?もしかしたらそれは、頭皮や…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませ…

脚のむくみは肥満のもと! むくみを取る日常習慣3つのコツ

寒い冬の到来です。オフィスにいても、寒さのあまりデスクから動かないで1日が終わってしまった。そして、「なんだか、足がむくんでいるような……」なんてことはありません…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事