キレイになるつもりが逆効果…! 「老け見え40代」が使うコスメ3選

年齢に応じて、お肌の悩みも変化していくのはよく聞くお話ですよね。

それだけに、20代や30代のころの肌には合っていても、40代の自分には「実は合っていない」というコスメや美容グッズが出てくるのも、一般的な流れです。

ところが、“老け見え”する女性ほど、若いころから美的アップデートを怠りがちな面も否めず、これが不用意な「オバ見え」を招く要因となってしまっていることも……。

「私が今、愛用しているものは年齢相応?」が気になった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、老け見えやオバ見えをする40代女性ほど愛用率が高い、デンジャラスなアイテムのお話です。

 

キレイになるつもりが大失敗!“老け見え40代”ほど愛用中のアイテム1:さっぱりタイプの20代向けスキンケアコスメ

スキンケアに、さっぱりとした使い心地を求める女性ほど愛用したくなるのが、うるおい力や保湿の持続力が弱いタイプの化粧水。

「べたつくのが苦手」「化粧水をつけたあとは、すぐに肌が乾いてほしい」などの希望を優先して選ぶと、どうしても“若い世代向け”のものにも手が伸びがちです。

しかし、ご存じのかたも多いように、私たちの肌は年齢を重ねるにつれて肌そのものの保湿力が下がり、うるおい不足へと陥りがちなのも事実。

だからこそ、若いころには「私にぴったり!」と感じていた化粧水でも、40代の肌には、保湿力やうるおい成分が足りていない……のも、ありがちです。

ずっと使い続けている安心感から、こういったアイテムのリピ買いを続けているかたもいらっしゃると思いますが、うるおい不足の肌は、即・オバ見え路線にも偏りやすいため、年齢に応じたコスメに頼ったほうが、老け見えを防ぐには近道です。

 

キレイになるつもりが大失敗!“老け見え40代”ほど愛用中のアイテム2:“くすみ”のカバー力が足りないファンデーション

ファンデーション類も、肌に「合う」「合わない」に個人差が出やすいコスメ。

それだけに「これ、いい!」と思えるものに出合えると、何年も同じものをリピートする女性も多い傾向です。

ところが、私たちの肌は加齢によって色合いや“くすみ”具合、シミの出かたなども変わってくるために、若いころには「カバー力、十分」だと感じても、40代の肌には足りていない……な“残念”もあるある。

せっかくファンデーションを塗っていても、“くすみ”が消えず透明感のない肌になっていたり、色ムラをフォローしきれず悪い意味でのスッピン感が出てしまっていたりとなれば、こちらも老け見えの要素に。

「カバー力があると、厚塗り感が出そう」と、あえて“ナチュラル”にこだわってベースコスメを選んでいる女性ほど、気づかぬうちに老け見えの落とし穴にハマっているリスクも大きいかもしれません。

カバー力は40代のベースメイクにおいて重視しておくに越したことはないですから、今一度、愛用中のファンデの実力を冷静にチェックしてみて。

 

○○なアイライナーはデンジャラス……⁉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事