【九星フラワー占い】七赤金星の3月の運気は「笑顔に人が集まる」

日は長くなり、色々な花が咲き始めて、光り輝くシーズンのスタート!

という明るく前向きな雰囲気で始まりそうなのがこの3月ですが、日が進むと「ん?」となるかも。

少し不思議で厄介な3月の運気を、いい感じで乗り切るポイントをお伝えします。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

みんなの活力を引き出すのが今月の役目

この3月は、大変な思いをしている人、くじけそうになっている人が多そうです。

その中で、みんなの活力を引き出せるのが七赤金星。大切なお役目を負っていると思ってください。

と言っても、「がんばらなくちゃ」と、力む必要はありません。

色々な人から助けを求められると思うので、それにこたえてあげてください。

自分から困っている人を探すのではなく、相手からくるのを待っていればいいのです。

 

いつでも笑っていること。救われる人がいるから

細かい要望が多くて、めんどくさいかもしれませんが、こたえきれる体力と気力が、今月の七赤金星のなかで充実しています。

そして、さらに大切なのがいつでも笑っていることです。あなたのその明るさに、たくさんの人が癒されます。

もちろん、自分だけが楽しい、自分さえ良ければいいということではいけません。

 

家族からの面倒な指令に従うのも開運アクション

家族から、とくに母親から「あれをして、これをして」という指令が飛んでくるかもしれません。

さらにめんどうに感じるかもしれませんが、家族と密に接すると運気が強くなります。

ですから、離れて暮らしている人は積極的に会いに行きましょう。

近くに暮らしている人は、ゆっくり話を聞いてあげるといいでしょう。愚痴ばっかりかもしれませんが、明るく笑い飛ばすことです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、今月は異性を惹きつけるパワーがアップしています。

黙っていてもチャンスはあるそうですが、理想のタイプを思い描いて念じたり、周囲の人にも「募集中です」と言っておきましょう。

誰かが探してきてくれるかもしれませんよ。

金運に関しても、臨時収入があったり、月給アップのきっかけがつかめるかもしれません。

といっても棚ぼたではなく、動きまわったぶん、人に尽くしたぶんのご褒美が形になるだけ。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ブラウンとイエロー。この色に身を包んでいると、まめまめしく動き回り、たくさんの人と会話をする体力を与えてくれます。

人に囲まれて過ごすのは忙しいし気疲れすることもあるけれど、より充実した3月になるはずです。

ラッキーパーソンは、亡くなっている親族、つまりご先祖様です。

言葉を尽くさなくても黙っていても、あなたの心の声を聞きとってくれる存在です。

癒されるはずですので、お墓参りにはぜひ行ってください。

ラッキーフードは、チーズがたっぷり乗ったピザ。もちろん、ひとりではなく仲間とシェアして食べればさらに運気はアップします。

 

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。
※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク