【お得】断捨離で「捨てる」人は待った!さらにガッチリ「換金する」方法3選

貸物件の更新、マイホーム購入、転勤など引越しが決まったら、断捨離のチャンスです。
これまで何年も使ってないから捨てたいけど、勿体なくって捨てられない衣類やバッグや靴などクローゼットにありますよね。今回は不要な物を捨てるというだけではなく、換金する方法をお伝えします。

 

■そのゴミ、お金になります!下取りキャンペーンを利用する

部屋がキレイな人は口を揃えて、不要なモノは捨てるといいます。これまで捨てられなかった人も、引越や新年度になるタイミングで不要なモノは、売却してお金にしませんか。こんなに古い、こんなに汚れているから売れないと思っているモノでも自分で判断せずに方法を探ってみましょう。たとえば、靴はボロボロになったり、壊れたりしていたら「メルカリ」などに出しても買い手はつきません。

 

そういう商品は靴の下取りキャンペーンを利用するのも手です。「東京靴流通センター」「SHOE・PLAZA」などでご存知の株式会社チヨダでは、不要な靴を店舗に持っていくと下取り1足につき、200円(税込)割引券がもらえ、新しい靴を購入する際に利用できます。売るのは難しいモノは下取りキャンペーンが利用できるかを確認すると良いでしょう。

 

■大量すぎて買い取り店に持ちこむのが面倒なら集荷サービス

毎シーズン流行ファッションをゲットしている人は、購入する度にどんどんクローゼットはあふれて収納しきれなくなります。もう着ないけれど、それなりの金額で購入したので捨てるのは惜しい洋服はあるものの、忙しくてひとつひとつ売るのは面倒という人は送料・査定が無料な買取システムを利用するのもオススメです。

 

たとえば、ZOZOTOWNでは、パソコンやスマートフォンから買取サービスを申込み、届いた買取キットに洋服を詰め集荷を依頼します。査定後の成立金額の支払いは現金またはZOZOポイントから選択できます。HPで買取できるブランドはブランド名を入力して検索できるのでチェックしてみて、よく購入するブランドなら利用してはいかがでしょうか。時間も手間も省いて自宅にいながら買取できるサービスは忙しい人にとっても強い味方です。

 

■高級ブランドは3店くらいは持ち込んでみて

売ろうという目で駅前を見てみると、意外にブランド品の買取店はいくつもあることに気づきます。そう、「売っている人」は多いのです。

はじめての持ち込みで慣れていないと、1店だけ査定して「こんなものか」と納得しがちですが、実は3店くらいは査定価格を比較したいものです。というのも、素人からすると査定価格が妥当なのかは判断し難いもの。

10年以上前に購入したブランドでも良い値段でつく商品もあります。たとえば、ロレックスの時計は、円安や中国市場の影響を受けて高騰が続いています。こういった知識があるかないかで少なからず判断する要素にはなります。

高級ブランドについては、古いからと自分なりに判断せずにインターネットでも情報を得ているとも大切です。

 

クローゼットを整理することで、自分が持っているモノをあらためて把握することで、無駄な買い物をしなくなり自然と節約につながります。「断捨離」に一歩踏み出せない人も、片づけできるだけでなくお小遣いもできると思って重たい腰をあげましょう。

 

 

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー
外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク