【まだ着ていたら痛い!?】40代になったら捨てるべき8つの定番アイテム

スポンサーリンク

周りの同世代~先輩世代を見ていて、あれっ?と思うファッションの人はいませんか? いくら若い、スタイルがいいとおだてられても、40代は体型が変わり、顔色がくすみ、あちこち重力に逆らえなくなってくる変化の時期。似合うものは年々変わっていきます。

似合うと思っていたカジュアル服が手抜きに見えたり、40代のファッションって本当に難しい。幸いセールの時期はもうすぐ。新しい似合う服を探しに行く前に、クローゼットの処分するべき定番アイテムリストを教えます!

①ロゴTシャツ

もともと、ロゴTというのは若いお金がない世代が、主張したいことをTシャツにプリントしたり、広告の一環として企業が使っていたのが発祥。アラフォー世代がロゴ入りTシャツを着るのはミスマッチです。40代が着るなら上品なTブラウスか、Tシャツが好きな人はほどよいゆとりのある地厚で上質な素材の無地を選ぶのが正解です。

 

②ダメージデニム

お尻から脚にかけてのシルエットが出るデニムは本来全て避けたいアイテムですが、特に切りっぱなしや穴の開いたダメージジーンズは、40代女性が履くには品のない印象。脚のラインが出すぎるスキニーや、逆にワイドすぎるデニムも同様に似合わなくなってきます。アラフォーのデニムはハイウエストぎみの細身ストレートのノンウォッシュかワンウォッシュを選んで上品な着こなしを意識して。

 

③クルーネックのカーディガン

定番中の定番なので、クローゼットに色違いで揃えたくなるのがカーディガン。でも、ピタッとしたタイプのクルーネックカーディガンは、二の腕や腰まわりなど気になるところが目立つので、体型に自信のない人は避けたほうがベター。代わりにボタンなし、羽織るタイプで腰くらいまでの長さのガウンタイプのカーディガンなら、抜け感も出て縦のラインが強調されるのでスタイルアップして見えます。

 

④カーゴパンツ

太ももに目線がいきやすいカーゴパンツは、カジュアル度も高くアラフォーが着ると若作りな印象に。カジュアルなパンツを選びたいなら、とろみ素材ですっきりとしたシルエットのジョガーパンツがオススメ。ほどよくきちんと感があるので、上品な印象をキープできます。色はチャコールグレー、ネイビー、ストライプなどがベストです。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

おすすめ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本小夜香の最新記事

FASHIONに関する最新記事