体重よりも「アレ」が重要! 理想ボディを叶える最新ダイエット事情とは?

40歳を過ぎた頃から身体のラインがどんどん崩れ始め、ウエストには脂肪という名の浮き輪が張り付いて離れません。ヒップラインもどんどん下がってしまい、太ももから膝にかけてのたるみ具合も気になったり…なんてことはありませんか?

付け焼き刃的に体を動かしても食事制限をしても大きな変化は見られない。そんなオトナ世代に救世主があらわれた⁉  食事制限も運動もせずに理想のボディを叶える新たなメソッドが登場したと聞き、その発表会を取材してきました。

 

体重よりも「ボディライン」の時代へ!

ボディ・コントゥアリングについて解説する古山先生。

まずは自由が丘クリニックの理事長・古山登隆先生が近年の痩身事情について解説。

かつての女性は、痩身に対して「体重が減りさえすれば良い」という意識が強かったものの、近年では「女性が美しく見えるための身体づくり」へと変化しつつあるとのこと。メリハリのないガリガリな体型に女性的魅力は感じられないし、何よりも見た目が不健康です。特に胸がだんだんそげてくるオトナ世代、体重が減ることでこれ以上胸が小さくなってしまうのは悲しいもの……!

 

美しいボディを形成する「ゴールデン・スタイル」に欠かせないのは、輪郭・位置・パーツの3つが整っていることが重要!

そのためには、減量よりもボディラインをデザインする=ボディ・コントゥアリングと呼ばれる、新たな痩身治療が主流になると熱弁。具体的には若々しい輪郭、美しい曲線、バランスのとれた比率、魅力的なパーツ、シンメトリー、そして皮膚の美しさを保つことが重要なのだそう。うーん、納得!

 

厚生労働省が認可した痩身医療マシン

世界ではすでに600万回の施術が行われている「クールスカルプティング」。大勢の人がこのマシンの実力を認めている証拠。

ボディ・コントゥアリングの知識を頭に叩き込んだところで、いよいよ新たなメソッドの解説に。

かつては超音波や脂肪吸引、低周波などのマシンが主流でしたが、今回登場したマシン「クールスカルプティング」は、狙ったエリアの皮下脂肪だけを冷やして落とす、最新テクノロジーを搭載。

 

モニターに映されたボディの気になる部位を選択してから施術開始。ちなみに1回の施術で行える部位は1ヶ所。左右の部位を施術する場合は2回とカウントされます。

「脂肪って熱に弱いじゃないの?」と思ったアナタ。私も同じこと考えていましたが、実は脂肪細胞は低温に弱く、さらに氷点は4℃と水よりも高い温度で凍るのだそう。

 

クールスカルプティングで痩せる理由

あい 1.痩せたい部位を冷却。2.脂肪細胞のみが凍る。3.凍った脂肪細胞が数週間から数か月で体外に排出。4.脂肪の分のふくらみが減る、という仕組み。

 

ールスカルプティングによって凍った脂肪細胞は機能しなくなると、数週間〜数ヶ月かけて体外に排出。これにより、脂肪細胞の数そのものを減らすことができるのです。

ちなみに食事制限やエクササイズ、他のマシンを使った痩身の場合、脂肪細胞は減少するのではなく小さくなるだけ。脂肪細胞が再び元の大きさになってしまうことで、リバウンドが生じるのです。

痩せたい部位に装着するクールスカルプティングのアプリケータ。かなり大きい面積なので、ウエストやヒップなどの広い面積も、少ない回数で施術が可能。

 

気になる部位にアプリケータを装着して、温度をコントロールしながら一定時間(35〜75分)冷却。スマホや雑誌を見ながら、楽な姿勢で待機するだけ。 ※実際の施術は服を脱いだ状態で行います。

クールスカルプティングの最大のポイントは、安全で確実な効果を出すことから、厚生労働省の「お墨付き」を得ています。 ちなみに日本でこの認可を得たマシンはクールスカルプティングが初めて。

また、希望部位の脂肪だけを減少させるので、ウエストの脂肪だけを減らし、バストはそのままの状態をキープすることができるのです。これは嬉しいですね!

 

体験者の登場!  その結果は……?

施術効果が特に高かった部位を説明する古山先生。施術を受けた彼女の感想は「運動も食事も通常通りなのに、理想的な体型に変化した!」と大喜び。

発表会のメインイベントとして、クールスカルプティングを実際に使用した女性がステージに登場しました。

まず最初に紹介された女性。登場前の等身大パネルでは、ハリ感こそあれど、ぽっちゃりとした印象を与えるボディ。中でも背中のぜい肉と腰回りの太さが目に付く状態。

しかしステージに登場した彼女は、背中に溜まったぜい肉がすっきり解消され、横から見たときの腰回りのサイズが大幅減少! モニターに映し出されたBEFORE→AFTER画像を見ても一目瞭然。

 

パンツに乗っかっていた脂肪もすっきり解消され、腰回りの面積が大幅ダウン。ヒップの曲線も強調され、スリムだけど女性らしいシルエットに。

 

ブラトップが食い込んでいた以前に比べ、すっきりとした背中に変身! ショーツのラインが浮き彫りになっていたたるみヒップも、上向きになったことで理想的な美尻に。

 

お腹周りのBEFORE→AFTERがスゴイ!

「ダイエットではバストも小さくなってしまい悲しい思いをしたけれど、今回は気になる部位だけがスリムに! 同僚からも褒められた」と、笑顔で回答。

そして次に登場した女性は、パッと見た感じでは標準体型なのですが、下腹部のぽっこりお腹やウエストのたるみがちょっと残念なボディ。

太っている印象を受けないため、さほど変化は見られないのでは?と思いきや、気になる下腹部がすっきり解消!  クールスカルプティングの施術によってメリハリがつき、曲線が強調された女性らしいボディに。

 

ぽっこりお腹が解消され、パンツの上に乗っているぜい肉も一切なし。以前はお腹を突き出しているようにに見えたのが、施術後は理想的な姿勢に。

 

かつては腰のくびれがなく、幼児体型のようなずん胴状態。施術後はへそ横の脂肪がなくなり、キュっとしたくびれをゲット!

ちなみに両者ともに施術開始は3ヶ月前。食生活や体を動かすのも変えないのに、2週間後には体に変化が見られるようになったとのこと。また、施術には傷みもなく、肌トラブルの心配もなし。もちろん、体型が変化したあとのリバウンドもいまのところ一切なしと答えていました。

 

一度は諦めた私の残念ボディも、クールスカルプティングを使えば若かりし頃のボディに近づけることができそう!  無理なく理想の体型を手に入れたい人は、試してみる価値アリですよ。

 

出席者にサービスされたのは、脂肪冷却をイメージしたブルーのスウィーツ。このようなスウィーツをガマンしなくても、理想の体型が手に入り、しかもキープすることができます。

 

アラガン・ジャパン代表取締役社長・アグネス・リムさん。現在、日本のクリニックに提供しているクールスカルプティングの数は全国で約90施設ですが、今後さらに追加クリニックが増加するとのこと。

 

「クールスカルプティング」が受けられるクリニック一覧

http://bodycontouring.jp/search/

 

 

取材協力 アラガン・ジャパン株式会社

 

撮影/土屋哲朗 取材・文/三輪順子

スポンサーリンク

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

40代で急に気になる「手のシミ・シワ」どうすれば?セラピストのケア9連発

年齢とともに増えてくる手のシワ・シミ。手のシワは年齢が最も現れる部分だと言われています。40代、50代の男性も意外と手・脚といったパーツを見ていることが多いのが現実…

お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

植松晃士「やせにくい」40代からのダイエット。成功させる4つのポイント!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。最近、一気に夏っぽくなってきましたね。ファッションも露出が多いものが増えてきます。そこで! 今回は、ダイエット話をしようかな…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下…

簡単5分でヒップアップできる!ウワサの「桃尻トレーニング」って?

空前の美尻ブームが日本でも巻き起こっている昨今。前回はどんな体型・体質でもお尻は変われる! ヒップメイクの第一人者、岡部友さんの「桃尻トレーニング」で期待できる…

CA直伝!これだけは押さえて「モテ美脚」の基本4選

軽やかなファッションに身を包み、お出かけしたくなるこの季節。気になってしまうのが、冬の間に溜まってしまった脂肪。中でも脚は目立つ部位だけに悩みも深刻です。CA経…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

バーで独女の隣にたまたま座ったオトコは、将来の〇〇だった……⁉︎|恋愛記事ランキング

オトナサローネで人気の恋愛記事。その中でも特に、今注目されている恋愛記事をランキング化しました!どれも衝撃的なお話ばかり……!それではご紹介していきます。1位・40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコが…

【募集】編集アシスタント(未経験者可) 学生・主婦もOK!

伝統ある女性誌出版社で編集のお仕事をスタートしませんか?主婦の友社オトナサローネ編集部は下記の要項で編集アシスタントを募集します。学生やパート(扶養範囲応談)もOKです。PCでの記事確認や、メールの返信、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事