この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。

味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だからこそカップルにおける相性判断の材料にもなりがちです。

他方、40代ともなると、自分なりのキッチンまわりのルーティンが定まっている人も少なくないもの。

しかしその“キッチンまわりのクセ”が、男性目線だと、ときとしてギョッとする引き金になることもあるようです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが幻滅した“40代女性のキッチン関連の悪癖”に迫ります。

 

うっかり「ダメなオバサン」になるキッチンまわりの悪癖1:洗い物を翌日まで溜め込み、知らん顔

「手料理をご馳走してくれたあと、洗い物をしないで翌日までシンクに置きっ放しの女性は、それだけで萎える! どんなに料理上手でも片付けできない女はイヤです」(44歳男性/IT)

 

「彼女の家に遊びに行ったときに、食べ終えたあとの食器をシンクに置きっ放しにしていると、俺とは合わないなって思う。40代でコレをする女って、かなりズボラな人生を歩んできていそうなイメージもあります……」(43歳男性/金融)

 

40代は、なにかと疲れやすい世代。手料理を振る舞っておもてなしをしたあとは、洗い物の気力すら残っていない……というのもありがちです。

ところが女性同士なら「仕方ないよね」で済んでも、男性たちの視線はシビア。想像以上に厳しいジャッジが下されることもあるようです。

 

うっかり「ダメなオバサン」になるキッチンまわりの悪癖2:賞味期限切れの調味料だらけ

「交際中の45歳女性の家で食事をしたときのこと。食卓に醤油やドレッシングなどの調味料を出してくれたんですが、よく見たら全部が賞味期限切れでした。普段は料理をしない人なんだってのがバレバレで、なんだかすごく幻滅しました」(45歳男性/専門職)

 

「僕の趣味は料理なので、彼女の家に遊びに行ったときに得意料理のパスタを作ってあげたんです。ところが冷蔵庫から調味料を出してみると、そのほとんどが賞味期限切れ。

バターは半年前、醤油も1年近く前に期限切れしていました。仕方ないので黙って使いましたが、いかにその女性が自炊していないかってのがわかって、かなり幻滅しましたね」(42歳男性/SE)

 

多忙を極めている女性ほど、調味料のストックにまで気が回らないのも実態かもしれません。

しかしこのあたりも、女性が思う以上に男性たちは冷静にチェックしているテーマのようです。

 

これは個性が出やすい部分かも……!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事