岩井志麻子のおんな欲(2)「熟女の星に願いを……」

私は占いは信じないとか否定するとかはないけど、自分自身を占ってもらうより、占い師の元に来るお客さんの話を聞かせてもらう方がおもしろい。

先日会った占い師は六十過ぎの美魔女で、遠慮なくズバズバ痛いこともいうけれど、とにかく誠実な人柄で人気だ。その占い師が、こんな話をため息まじりにしてくれた。

 

「世間一般的な適齢期は逃した、アラフォー女性の結婚相談は痛いわ~。金持ちエリート美男でなきゃ嫌だとかいうの。そういう男は若い女を選ぶといったら、『こんなに待ったのに今さら妥協できない』と泣いて、どうにかしてという。占いは魔法じゃないっての」

 

「だけどアラフィフ、志麻子さんも属している世代になると、さすがにそういう高望みは捨てる。誠実な人なら、とか、優しい人なら、みたいに妥協ではなく譲歩をしてくる。
といって五十過ぎたら、女を捨てて生活の保障と老後の安定だけを求めるようになるかというと、そうでもない。逆に異様な乙女心を発酵させてるのが、最近は増えたわ」

 

「たとえば『同じ会社の二十代男性社員に恋をされている』とか、『うちの店に来る一回り年下の男性客が私を好きで』みたいなことをいってくるんだけど、じゃあ彼との相性を占ってみましょう、その彼の生年月日はと聞いたら、ちゃんと答えられない。
結婚も考えている、付き合っている、といいながら、その相手とは実際には手も握ってないし互いの家も行ったことないの。はっきりいって、一方的な思い込み、妄想よ」

 

「漠然と、自分の周りにはいない素敵な男性との結婚を夢見るアラフォーと、現実に接触はあるけど何の関係にも発展しない若すぎる男との恋愛を夢見るアラフィフ。どっちも女というより、女の子よ。彼女達は、ずっと夢を見ていたい」

 

「私の元にもう四半世紀は通ってるアラフォーは、フランスの化粧品会社の広報でなかなかの美女。就職したときから、エリートのフランス人と結婚してパリに住むといってるけど、五十近くなってもまだ私のとこに来て、来年こそはパリに住めますか、とか聞くの。彼女も、大手の外資系の広報になれるほど行動力も実力も、かつては美貌もあったのに」

 

「女にしがみつくんじゃなくて、女の夢にしがみつく。本人的には、『女も夢もあきらめないわ』なのね~。まぁ、そんな彼女らが私達を儲けさせてくれるんだけど」

スポンサーリンク

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

岩井志麻子 43歳で再婚した私が「40代の結婚」で大切だと思うこと

私の場合、最初の結婚は二十三歳、今も続く再婚は四十三歳のときだった。結婚というものは本当に人それぞれ、人の数だけ形はあると思うが、初婚のときはわりと何もかもが平…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

男の過去が明らかに…?40代独女の使った手とは【40代婚活記#148】

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?40代の婚活パイオニア・アサミの軌跡の【マンガ版】。これは40代独女の「実名+顔出し」…

【岩井志麻子】ストーカー事件から考える、男女のカンケイについて

私が長年お世話になっている、東京ローカルの番組。現在、そこで司会者をしているFさんは、定期的にストーカーに狙われる。先日も、何人目かの逮捕者が出た。ストーカーになる女たち彼はお笑いを生業として、ときお…

【岩井志麻子】やってはいけない! 40代からの「イタイ恋愛」 

八月の半ばに世間を騒がせたあの、あおり運転の熟年カップル。あれはもう例外というか論外というか、いちゃもんつけられて殴られた罪なき運転者達はお気の毒ではあったが、不慮の事故、不測の事態で死者が出なくてよ…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

岩井志麻子 40代、50代の独身女性にみられる4つの特徴【独女あるある】

先日、定例の濃い女子会を開いた。漫画家の西原理恵子ちゃん、新潮社の名物編集者ゆかりちゃん、そして銀座の高級クラブのママ。みんな、同い年。つまりアラフィフね。特徴1 いろんな意味でキッツイ?今現在のこの…

岩井志麻子 なぜ、男は浮気するのか? 

そもそも、浮気の定義も人それぞれであるよ。彼氏や夫が同級生、同僚といった女性と二人きりで食べたり飲んだりしたのを浮気にカウントする人もいれば、それはまぁ気分はよくないけど体の関係じゃないから許す、とい…

岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは

ホリプロにお世話になる前はフリーで、押しかけの素人マネージャーを雇っていた私。とにかくサザエさんのような、おっちょこちょいのドジオバサン。だからホリプロのプロのマネージャーがついてくれたとき、あまりに…

岩井志麻子 グレイヘア?オバサン?「白髪ケア+α」で女は4つに分類される

いわゆる美魔女と呼ばれる女性達よりも圧倒され畏怖してしまうのが、シルバーヘアあるいはグレイヘアと呼ばれる、白髪をそのままにしている女性達だ。そう、なぜか呼び名は白髪ではなくシルバーかグレイなのね。美魔…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事