ストレスが原因の大人ニキビ。深い呼吸とシンプルなマッサージでここまでケアできる!

治りづらい顔まわりの「大人ニキビ」。苦しんだ経験のある人も多いことでしょう。

いわゆる思春期ニキビは過剰に分泌される皮脂が毛穴づまりの原因となり、アクネ菌の増殖を引き起こして発生しますが、大人ニキビは皮膚のターンオーバーがうまくいかず角質で毛穴が詰まるのが原因と考えられています。このターンオーバーの乱れは、ストレスや生活習慣、ホルモンバランスなど「体の内側の乱れ」と深く関係があるとのこと。

ホリスティックで高品質なオーガニックスキンケアブランド、SHIGETA主宰のCHICOさんから、その「内側の乱れ」を整え、ストレスを軽減させるデイリーなリラックス法、インナーケア法を教えてもらいました。

 

働き者ほどリラックスは難しいが、デコルテさえ緩めれば…!

 

前回の記事ではCHICOさんに、肌を保護する「皮脂膜」を強く育て、同時に身体の内からも外からも「フローラ」を育成し、トータルに肌を美しくするのが大切という話を伺いました。そのためには、植物性の高品質なオイルを使った皮脂膜の保護が必須。また、保存料の入っていない「よい食品」を選ぶことも大事です。

 

肌のトラブルは「腸の乱れ」の反映とされますが、胃腸の機能に余計な負担をかける原因の一つがストレス。現代社会では避けて通れないストレスですが、内側からリラックスすればその害は軽減され、ストレスに負けない肌を育てていくことができるそうです。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

「その前に、日ごろから頑張っている人ほどリラックスは難しいものなんです。なぜかというと、気持ちが【頑張って】リラックスしなきゃ!になってしまうから。また、リラックスとは緩むことですが、【緩まなくてはいけない】と思った瞬間に肩に力が入ってしまいます

 

いきなり初手から「やっぱり無理…?」となりそうなお話ですが、この「頑張ってしまう私たち」を救ってくれるのが【呼吸】です。

 

「体の仕組みから考えると、ガンガン動いている頭を鎮静させられるのは【呼吸】。なぜかというと……。

 

やらなきゃ!という思いを持っていると、肩に力が入りますよね。

 

肩こりの原因になるほか、首のリンパも張り、デコルテの筋肉も固まります。すると、デコルテの内側にある肺の動きを固くなった筋肉が止めてしまい、吸っても吸っても肺には息が入りません。

 

現代人は呼吸が浅いと言われますが、それはみんな頑張っているから。頑張りそのものが原因なんです。

 

なので、オフィスでも自宅でも電車でも、リラックスするためには、デコルテ部分をマッサージして固くなった部分をほぐします。すると、息を吸ったときに肺が広がり、息が深くなります。これで自然とリラックスできるんです」

 

意外に簡単。いますぐ取り入れられる「呼吸法」って?

(左)スウィートドリーム 15ml 5,000円+税、ボディー・マインド・スピリット 15ml 6,000円+税/SHIGETA

リラックスするための呼吸法には、香りの助けがとても有効です。感覚的には理解している事実ですが、実際には何が起きているんですか?

 

「SHIGETAのメソッドでは【意識した呼吸】をとても大切にしていますが、呼吸のときは精油の香りのパワーを借ります。嗅覚は人類にとってはより原始的、本能的でダイレクトな感覚。リラックスする働きのある精油成分を、鼻の粘膜の奥にあるセンサーがキャッチして情報となって直接大脳に送られます。すると、大脳から身体にリラックスしろ~!という信号が送られます。この生理的作用は、誰でも持っているもの。また、繰り返すことで強化されていくので、脳が香りとリラックスをどんどん結びつけやすくなり、いずれは香りをかぐだけで脳がリラックスモードに入ります」

 

なお、SHIGETAのエッセンシャルオイルブレンドはベストな効能を生み出すために最適なブレンドに調合されているので、このまま皮膚の上にオンしてもOK。さらに効果を高めるためにマッサージしたいときはマッサージオイルと混ぜて使います。

 

「できれば2種類、3種類くらいのオイルの香りをかいで、ピンときたものを選べば、その日の自分の体が求めているものを選ぶはずなのです。ですから、直感で心地よいと感じる香りを選びましょう。このプロセスは自分を知るきっかけにもなります」

 

 

深い呼吸のために、鎖骨の下を内から外へ軽くほぐす

【マッサージ】

まず、鎖骨を触ってみてください。その1本下の、肋骨のいちばん上の骨と、その下の骨の間の溝を1本目と数えます。さらにその下の溝を2本目、3本目と数えて、これら3本の溝をマッサージしていきます。

出典・SHIGETA公式サイト(クリックするとジャンプ)

 

1・ブレンドエッセンシャルオイルを5滴手にとり、手指を中心に両手によく広げる。その際に、キャリアオイルやベーシックオイルと混ぜて伸ばすとマッサージしやすくなります。

 

2・3本の溝を中心から外側へと指先に軽く力を入れて流します。指の腹を肌の上に密着させるのがポイントです。3本のみぞを1本ずつていねいに。こわばっているな、もしくは痛いなと感じる場合には、指を少し揺らすようにほぐしていきます。

 

3・まず左手で右鎖骨下をほぐす。指を密着させる位置を体の中心・半分・わき下に近い外と3回に分けてずらせば全体がほぐれる。続いて右手で左鎖骨下をほぐす。

 

 

【姿勢】

マッサージが終わったら、呼吸を姿勢を整えます。息は気なので、気の通り道となる背骨、背中をまっすぐ作れば「よい気の道筋」ができます。最初は椅子に座って試してみて。

 

1・椅子には浅めにこしかけ、足裏を床にしっかりつける。

2・恥骨から背骨をまっすぐ立て、頭頂部が天井から引っ張られる感覚で背筋を伸ばす。

3・肩の力を抜き、手は脚の上のよい位置に置いて、なるべく耳から肩の距離がとれる姿勢にする。

 

 

【呼吸】

デコルテをほぐし、姿勢を整えたら、呼吸を始めます。

1・目を閉じて、まず息を吐きます。そして、鼻から息を吸う。このとき、息は止めず、吸える限界まで吸う。

2・続けて、口からゆっくりと息を吐く。唇は軽く開き、これ以上吐けないというところまで吐き切る。

3・繰り返す。3分から5分ほど、身体の力が抜けるまで続ける。

 

「夜、寝る前にこの呼吸で身体を整えると、リラックスしていい睡眠に入れます。慣れたらあぐらをかいた状態でも試してください。ベッドに横になってもOKですが、集中する前に寝落ちしちゃうので(笑)身体をゆるめ切れないかもしれません。また、この呼吸法は、朝、集中力を上げるためにも有効です。朝は元気よく勢いをつけて息を吸います。シャキッと覚醒しますよ」

 

呼吸法で「存在感」がアップ。プレゼンでも印象が増す!

呼吸は身体の内側からのマッサージ。続けていくと自分が呼吸をするときに身体の内側がしなやかに動くようになる、とCHICOさん。

 

「いま、この呼吸を試しただけで、見えている世界が鮮やかになりませんでしたか? これは、脳に酸素が供給されるからです。みんなこのように視界の彩度が上がる体験をします。

 

また、同時に【目ぢから】が出ます。それは、血の巡りと気の巡りがよくなるからです。生きているエネルギーそのものが目に宿るので、不思議と存在感が出ます。ですから、自分をアピールしたい大事なとき、大切な人に覚えてほしいとき、直前に3回ほど深い呼吸をしておくだけで、ぐんと存在感を出せます。気の巡りがよくなることで、運気が上がります」

 

この呼吸法で大切なのは【集中】。テレビなどの雑音は消し、できれば部屋を暗くして。キャンドルを炊いたり、リラックスする音楽をかけたりと自分が落ち着く環境を作ることが大切です」

 

力んで歯を噛み締めている人に、あごの力を抜くマッサージ

現役セラピストでもあり、世界を飛び回る多忙なブランド主宰者のCHICOさん。自分自身でもテンションが上がり、知らずしらずに力んでいることがあると言います。

 

「力が入りすぎていると、寝ている間にも歯を噛み締めているのでしょうね。朝起きたとき、顔周りの骨が重いような感覚があります。そんなとき、私は、あごの力を脱いて眠れるこのマッサージをしています」。

 

【あごの脱力マッサージ】

手を広げ、指を広げてそらすと、人差し指の付け根に骨が出ます。

 

この骨を、上あごと下あごの間の、奥歯の一番最後のくぼみに当てます。骨が上下の歯の間にぴったりとはまったら、ゆっくりと口を開き、口を開けたまま手を前後にゆらします。

 

「やっていくと分かるんですけど、口がどんどん開いていきます。口がかなり開いたら力が抜けきった印。このマッサージをしてから寝ると、口のちからが抜けた状態でぐっすり眠れます」

 

リラックスと同じくらい「デトックス」も大事

簡単にできて効果大の呼吸法とマッサージ。さらに身体を整え、肌荒れに対抗するために、まだ必要なことはありますか?

 

「リラックスと同じくらい、実はデトックスも大事なんです。深く眠れないことや、リラックスできないと肝機能が乱れ、毒素が溜まりやすくなります。肌が荒れているときは、肝機能が疲れているサインでもありますから、まずは毒素を体外に出してあげるのが大切。

 

私は以前、自分の花粉症をローフードのみの食事とSHIGETAの集中ケアで治したことがあります。大切なのは、体の解毒に負担がかからないものを食べること。【牛豚肉】【乳製品】【砂糖】【酒】、このの4つを省きます。

 

もちろん、一生食べないわけでなく、ケアが終わったらちょっと気をつけるモードに移ればOK。野菜を多めにしてお肉はトッピングにするなど、食生活の中でいつものバランスとは、違うバランスをとることが大切です」

 

忙しい毎日、リラックス法の上手な取り入れ方とは?

(左)AW モイスチャーセラム 30ml 7,800円+税、AW モイスチャーナイトマスク 50ml 6,000円+税/SHIGETA

教えていただいたリラックス方法、すべて試したいけれど、残念ながら時間が足りないかもしれません。私たちは、忙しい日々にどうやって取り入れていくといいでしょうか?

 

「まずは、全部ちゃんとやらなきゃっていう思いを捨てること! 良質な睡眠のためにも、お風呂は入ったほうがいいですが、そのあとでマッサージする余裕があればする、呼吸法ができたら呼吸もやる、そのくらいでOK。ちゃんとやらなくてもいいんです。

 

もう寝たい!と思ったら、睡眠時間をとったほうがいいです。睡眠にまさるリラックスはありません。目的は1つ、リラックスすることなので、余計な力が入らないようにしてください」

 

たとえば、リラックスしようにも睡眠にトラブルがあるという場合は、ずっとやろうとはせず、期間を決めて、5日は呼吸法を取り入れてみて。もしこの呼吸法で眠れたという経験が得られれば、呼吸法だけでいつでもリラックスできるとわかり、ケアが楽になるのだそう。

 

「変えたいと思ったら、ちょっとしたことを取り入れていく。それだけで、人生変わると思います!」

 

 

CHICOさんのプロフィール

パリで数々のセレブを魅了するオーガニックコスメブランド、SHIGETA主宰。ホリスティックビューティーコンサルタント。美しい肌と体を育むためには心身のバランスこそが不可欠と考え、長年フランスおよび日本にてビューティーメソッドを探求。その経験と実績をもとにバイタリティー・コーチング®を考案。現在は、パリのセレブリティやアーティストのためのパーソナルコーチとして活動するほか、大手化粧品会社や美容機器会社のコンサルティング及びブランドスポークスマンとしても活躍中。近著に『「リセットジュース」を始めよう~パリ美人のダイエット』(講談社刊)など、著書多数。

 

CHICOさんInstagram

SHIGETA HP

 

【CHICOさんのケア】

ストレス性で治りにくい顔周りのニキビ。どうスキンケアすればいいですか?

ストレスが原因の大人ニキビ。体内から治す呼吸とマッサージ、リラックス法は?

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気|ボブヘアランキング

今年の秋冬ヘアは、柔らかさを意識した、ちょっと女っぽいシルエットが人気です。カラーは引き続き暗めが旬。中でも注目度の高い「女っぽいボブ」の人気スタイルは? そのアレンジは? ボブにまつわる人気記事ラン…

メルカリ初心者はまず100均でコレ買って!「ラクラク梱包アイテム」5選

さて、そろそろ季節も変わり、絶好の断捨離タイミングですね!そんなときフリマアプリを使って不要なものを手放す方もいるのではないかと思います。「フリマアプリって興味はあるけれど、何を用意して始めていいかわ…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事