更年期には歯が欠ける?口臭が出る?口ケアの素朴な疑問【口コミ名医に聞く】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は約50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態になる場合もあります。

 

「最近更年期だからか肌がかゆい」「更年期のせいで太っちゃって」と、悩みは人それぞれにあるもの。ですが、いっぽうで直接的には更年期のせいではない、つまり「治療すればすぐ治る症状」が混ざっていることもあります。

 

今回は、「歯科」の分野に関する疑問をピックアップ。

 

更年期をやり過ごすために絶対必用なホームドクターのひとり、「地元で評判の口コミ名医」のかしの木歯科医院・山嵜智浩先生に聞きました。

 

Q1・「更年期だから歯が弱くなる」のは本当?

A:俗信です。ただし、骨は弱くなるのでご注意を。

 

よく、「更年期だから歯が欠ける」「妊娠すると子どもに歯のカルシウムを取られる」と言いますが、歯については俗信です。

 

でも、気をつけてほしいのが、歯とは違い、骨は実際にもろくなる点。

 

例えば、更年期に骨粗鬆症が発生しやすいのはよく知られた話です。

 

骨はカルシウムを体内に貯蔵する役割を持ち、血中のカルシウム濃度が下がれば自らを壊して放出します。女性ホルモンの一つ、エストロゲンにはこうした骨代謝のバランスを保つ働きがあるのですが、エストロゲンの分泌が急激に減少する更年期にはこの骨代謝バランスが崩れてしまいます。結果、骨がもろくなってしまうのです。

 

ですが、歯にはこうした貯蔵と放出の機能はありません。妊娠すると歯がもろくなるのは、つわりや育児などで口腔ケアに手が回らなくなるのが原因と考えられています。更年期に歯が欠ける理由は次のQ2でお話します。

 

そもそも、日本人は歯が薄い傾向があります。世界でもアジア人の歯科治療がいちばん難しいと言われますが、理由はエナメル質が薄いから。虫歯になりやすい、欠けやすい歯なのです。

 

肉食の欧米人は歯が頑丈で、ガチっと噛み合わせて肉を引きちぎって食べますが、穀物食のアジア人は臼のようにすりつぶして食べます。この違いがあるのかもしれません。

 

どちらにせよ、エナメル質の薄い日本人が長く歯を使いたい場合、かみ合わせの問題はとてもデリケートです。かみ合わせの悪い歯は早めに歯科に相談してください。

 

Q2・でも、私は48歳で歯が欠けました。更年期とは関係ないですか?

A:更年期ではなく「40代、50代だから」です。

 

直接の関連はないとはいえ、現実に更年期ごろには、歯が欠けた、割れたという話がよく出はじめます。

 

実は、枯れ木と同じように、歯からも時間がたつにつれ水分が抜けていきます。ですから、20代より40代のほうが歯は硬く、柔軟性に欠ける分だけ、歯が割れたり欠けたりするリスクが上がります。

 

妊娠出産期はケアに手が回らずに虫歯が増えますが、更年期ごろは歯の硬さが上がる上、過去40年以上の間の噛み締めや、夜の歯ぎしりなどの不可抗力で歯が限界を迎えています。

 

物理的に割れやすくなっているので、歯ぎしりでのかみ割りもこの先50代、60代と年齢が上がるにつれて増えます。あまりにも歯ぎしりが強い人は、マウスピースを作り、ガードしたほうがいいでしょう。

 

Q3・では「更年期だからクチが臭い」は本当ですか?

A:「歯周病が原因の口臭」という意味なら、あり得ます。

 

歯が欠けることよりも、更年期世代は歯周病を気にしたほうがいいでしょう。歯周病は実は歯や歯ぐきの病気ではなく骨の病気です。

 

歯周病というと、「歯から血が出る病気」というイメージがついていますが、虫歯がない、血も出ないから大丈夫と思っているならちょっと危険。虫歯を作る菌と歯周病の菌は違うので、どれだけケアをしていてもリスクは誰にでも均等にあります。

 

日頃きちんと歯みがきをしていて、歯にトラブルのない人でも、40代に入るとぐんと歯周病が増えます。これまで使い続けてきた歯の食いしばりや歯ぎしりが原因で破骨細胞が誤作動し、骨を壊してしまうこともあるからです。

 

もし、歯がぐらぐらしたり、噛み合わせがふわふわしたら危険信号です。すぐ歯医者に行ってください。

 

Q4・虫歯はないけれど、歯のチェックをしてほしい。「検診」だと自費診療になりますか?

A:まずは連絡してみてください。

 

私は郊外の住宅地でごく一般的な歯科医院を運営していますが、患者さんのうち半分は定期検診での来院です。もちろん、時間に余裕のある主婦層が多いエリアだということもあります。特に働いている人は異常もないのに定期チェックに行く時間はないでしょう。

 

ただ、40代以上の女性は、こうして意外にみんな定期的に歯科にかかっているものだということは知っておいてください。歯が痛いからと急に飛び込んでくる患者さんは、昨今は明らかに減る傾向です。

 

さて、まったく問題のない口腔の場合、確かに、検診だけにとどまれば自費診療です。ただし、断言しますが、99.9%の人は何かしら口の中にトラブルがあります。定期検診がまったく不要という人はほぼいません。

 

痛みもないのに歯科に行くなんてと遠慮のある人もいると思いますが、たとえば自分は歯が磨けているのかがわからない、口臭がある気がする、舌が白い、口内炎など、どんなことでもまずは受診してください。

 

お話/かしの木歯科 山嵜(やまざき)智浩先生/鹿児島県出身。2002年日本大学歯学部卒業後、法人歯科医院2カ所に勤務。
2010年に東京都東大和市上北台に「かしの木歯科医院」を開業(多摩モノレール桜街道駅・上北台駅から徒歩8分)。
特に歯と歯のかみ合わせに関する造詣が深く、ロジカルでわかりやすい治療指針に遠方からの口コミ患者も増加中。
かしの木歯科医院サイト

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期#14

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期#13

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

自覚すれば救われる?40代の「なんとなく不調」は更年期かも

Sponsored By 小林製薬オトナサローネでは「100人の更年期」というインタビュー連載を通じ、ごく普通の日々を送る40代、50代女性のリアルな体調と気持ちの変化を取材しています。中でも目立つのは、特に40代の「……最…

[PR]

45歳、私は【プレ更年期】?39歳から診断されないままで今も不安です | 100人の更年期#12

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事