「あのオバサン、清潔感がない…!」と思われる、40代女性の盛りすぎメイク

メイクは、同じコスメを使ったとしても、その強弱によって印象はガラリと変わるものです。

清潔感の「ある」or「ない」については、色づかいや色の組み合わせかたも関係しますが、メイクがtoo muchになっているだけでも、その印象はネガティブなものに。

40代の「トレンドカラーを塗っているから」というだけでは安心できない落とし穴は、このあたりにも存在します。

「私のメイクは、大丈夫よね?」が気になった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「清潔感がない」と思われる40代女性ほど、too muchになっているメイクのお話です。

 

キレイになるつもりが逆効果…40代がオバ見えするtoo muchメイク1:アンバランスな印象のチーク

顔色を補正し、健康的な印象を高めてくれるはずのチークは、ちょっと付けすぎただけで40代をオバサンっぽく見せるコスメの代表格。

 

「ほっぺにグリグリとチークを塗っている40代半ばの同僚は、どう見ても化粧が濃いオバサンにしか見えない。もっとナチュラルなほうが、肌もキレイに見えそうだし清潔感もありそうなのに」(46歳男性)

 

「赤系のチークで出社してくる40代の先輩。いつも二日酔いみたいに見えるし、他パーツのメイクが薄めなのにチークだけが悪目立ちしていて、変な意味でケバい印象しかない」(39歳女性)

 

このところは、いかにも「チークを塗り込んでいます!」な仕上げよりも、さりげなく仕込むテクが主流。

チークだけが悪目立ちする使いかたをしてしまうと、即座にオバ見えしているリスクも高まります。

他パーツとのバランスや、発色にはよくよく注意しておいて損はなさそう。

 

 

キレイになるつもりが逆効果…40代がオバ見えするtoo muchメイク2:しっかりめの骨格メイク

彫りの深い顔立ちが演出でき、コンプレックスもカバーできる骨格メイクは、手順さえ覚えてしまえば、デイリーにも活用できる便利なテク。

しかし「やりすぎ」になった時点で、オバサンっぽさを増長させる要素にも……。

 

「職場に、骨格メイクをして出社してくる40代前半の先輩がいるんですが、あまりに濃淡が強すぎて、近くで見るともはやホラー。清潔感のカケラもないし、逆に、年齢を強調するだけな気がします」(33歳女性)

 

「骨格メイクを意識しているのか、頬にやけに強いシェーディングをしている先輩がいますが、頬がこけて見えて、不健康な感じしかしない。実年齢より老けて見えるのは、あの頬が原因なんじゃないかと密かに分析しています」(40歳女性)

 

さりげない骨格メイクは、いい具合に年齢をフォローしてくれる反面、やりすぎな印象を出した時点で、清潔感が失われ、過度なイメージを強くしがち。

シェーディングやハイライトは、さりげなく仕込んでこそ成功です。

 

○○まわりのメイクが濃いと一気にケバく見えがち……! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事