合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5つ、正しい言い方を覚えてしまいましょう!

 

1・「合いの手を入れる」「合いの手を打つ」どっち?

○ 合いの手を入れる
× 合いの手を打つ

「合いの手を入れる」の意味

会話・物事の進行の間に、別の人が言葉や物事をはさむこと。
この場合は、邪魔をする言葉や物事を挟むのではなく、「そうそう」「ね、言った通りでしょう?」などと、話をしている人の応援をする感じですね。
歌や踊りの調子に合わせて間に入れる掛け声や手拍子のことを「合いの手」と呼びます。そこから来た言葉です。

解説

多分「相づちを打つ」と混同しているのではないかと思います。相手の言葉に同意の印を表してうなずくことを「相づちを打つ」といいます。こちらは、話し手に向かって「わかった」の意味で首を縦に振ることですので、黙っている場合でも使える言葉です。ですから、「合いの手を入れる」とはニュアンスが異なりますね。

 

2・「押しも押されぬ」「押しも押されもせぬ」どっち?

× 押しも押されぬ
○ 押しも押されもせぬ

意味

実力があって堂々としている。

解説

絶対的に存在する事実などを表現する時に「押す『に』押されぬ事実」という言い方もするので、それと混同しているのかもしれません。「押しも押されぬ人気」のように誤って使われることが多いようです。正しい言い方として「押しも押されもせぬ」を薦めます。
文化庁の「国語に関する世論調査」では、平成15年度と平成24年度の二度調査を行っており、正しい使い方「押しも押されもせぬ」が36.9%から41.5%にアップ。逆に間違えた使い方「押しも押されぬ」が51.4%から48.3%に減っています。相変わらず間違っている方が多いのですが、その差が縮んできたのは、とても良い傾向だと思います。みなさんも、この機会に正しい方を使うようにしてみてくださいね。

 

3・「雪辱を果たす」「雪辱を晴らす」どっち?

○ 雪辱を果たす
× 雪辱を晴らす

意味と解説

「屈辱を晴らす」と混同しているようです。
「雪辱」には意味があります。試合・競技などで、前に負けた相手に勝つことです。それに「晴らす」が付くと、「頭痛が痛い」と同じで、重複表現にあたります。「屈辱を晴らす」ならば、重複表現にならないので、これはOK。
つまり「雪辱」は「屈辱を晴らした状態」。「雪辱を晴らす」では「屈辱を晴らした状態を晴らす」となってしまうというわけです。

 

4・「一つ返事で引き受ける」「二つ返事で引き受ける」どっち?

× 一つ返事
○ 二つ返事

意味

ためらうことなく、すぐ承諾すること

解説

私は「はい、はい」といい加減な返事をした時に「『はい』は一回でいい」などと言われた経験から、間違える人が増えたのではないかと推察しています。また、一回目で考え、二回目でやっと承諾というような意味に取られる可能性があるので「二つ」という言い方は避けるのでしょうか。とにかく「一つ返事」という言葉は存在しませんので、気をつけましょう。「二つ返事」自体に「承諾」「返答」の意味がありますから、「二つ返事で承諾する」「二つ返事で答える」などの表現は重複表現になります。

 

5・「安く付く」「安くあがる」どっち?

× 安くつく
○ 安く上がる

意味

安く済むこと

解説

これは辞書にはないのですが、少し気になったので取り上げます。値段などが想定より低く済むことを「安く上がる」と言います。これは「上がる」を「完了する」の意味で使う方法で「一万円で上がる」などのように使用します。逆に想定より高くなってしまうことを「高く付く」と言います。おそらく、この二つが混同してしまったのではないかと推察します。
似たような言葉に「やすきにつく」というものがありますが、これは「努力や工夫を嫌って、手軽な道・方法を選ぶこと」「楽な方を選ぶこと」という意味です。

 

どうでしょう?
解説を読んで納得していただけたでしょうか?
今回選んだものの中には、文化庁の調査の対象にもなっている言葉もあります。混同して言い間違えている人が多いということです。普段良く使っているが為に、言い間違いを注目されている言葉でもあるわけですから、なおのこと、間違えないよう気をつけたいものですね。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事