白髪隠しのおすすめは? マスカラ・ファンデ・スティックなど「選び方」の基本

出かけようと思ったら白髪を発見しちゃった、という経験はありませんか? ホームカラーで白髪染めをする時間もなければ、美容院へ行っている時間もない。とりあえずしばらくの間、「白髪隠し」をしたい!

そんなときにおすすめなのが、白髪を簡単にカバーすることができる「白髪隠し」アイテムです。マスカラ、ファンデーション、スティック、スプレーなどのタイプがあります。私の白髪にはどんなタイプがいいの? 白髪隠しのタイプのご紹介と、白髪の部分別に白髪隠しの選び方をご紹介します。

 

そもそも「白髪隠し」って?

白髪隠しとは、一時的に白髪の表面に着色することで目立たなくさせるものです。色持ちするのは1日から数日と、比較的短いものです。大半が髪を洗うと落ちるタイプですが、最近では継続的に使うことで少しずつ着色するタイプもあります。白髪染めは、薬剤を使ってしっかり内側から染めるもので、色持ちはずっと長いものです。

生え際や分け目、つむじ付近や、チラホラ見える白髪を隠すのに便利です。

 

白髪隠し「4つのタイプ」と特徴

白髪隠しは大きく分類すると、だいたいこの4つのタイプがあります。どの部分の白髪を隠したいのかによって、それに合った白髪隠しを使うのがベストです。

1.マスカラタイプの白髪隠し

いわゆる、まつ毛用マスカラのような形状の白髪隠しです。チラホラ白髪があるかたにおすすめです。

マスカラのブラシが1本1本の白髪に絡みながら液をつけていくので、ピンポイントで隠したい部分に適しています。広範囲の白髪の場合は、塗る時間がかかるので向いていないかもしれません。

 

2. スティックタイプの白髪隠し

容器の先にブラシや筆、コームがついている形状のもの、リップクリームのような形状があります。分け目や生え際など、部分的に白髪があるかたにおすすめです。

部分的な白髪隠しには向いていますが、髪全体を広範囲でカバーするにはコスパも悪く、ムラになってしまいがちです。

 

3.ファンデーション(コンシーラー)タイプの白髪隠し

顔に塗るファンデ―ションのような形状で、スポンジやパフにつけて塗る白髪隠しです。比較的広範囲の白髪におすすめです。地肌にも伸ばしてつけると、薄毛隠しにも効果的です。

全体は塗りやすいのですが、チョロッと目立つ1本の白髪のピンポイントには塗りにくいかもしれません。

 

4.スプレータイプの白髪隠し

全体的に白髪が目立つ場合におすすめなのがスプレータイプです。髪にシューッと吹きつけるので、比較的短い時間で髪全体の白髪隠しが可能です。ただし、服や周囲を汚す恐れがあるので、ケープやタオルをつけたり、汚れても大丈夫な場所で使うようにしましょう。

また、こめかみや生え際などスプレーが行き届かない細かな部分は、マスカラやスティックなどと併用したほうがいいでしょう。

 

【続いて】私の白髪にはどの「白髪隠しタイプ」がいいの? おすすめの選び方を教えます!【次ページ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事