アレを言うだけ……!男性がドキっと惚れる「モテLINE」9選

恋愛をする上で、LINEでのコミュニケーションは欠かせないものですよね。

モテ女子は、どんな内容を送っているのか!

今回は、男性がドキっとしたモテLINEを9選ご紹介していきます。

 

モテ女が「御礼」をいうときに気を付けていること

1・程よく具体的な日程をおくる

「食事会や飲み会の後って『また今度ごはん行きましょう』みたいな定型文っぽいお礼LINEが届くんですよね。それだけだと流れてしまいがちですが、ざっくりでも日程を提示してくれるとスケジュールを調整しようと思えて、次に繋がります」(41歳・商社勤務)

 

2・社交辞令のLINEが終わった後にもう一度

「本当に気に入った子はこちらからきちんとお誘いしますが、大体は『また飲みに行きましょうね』って社交辞令で終わるんですよ。ひと通りのやりとりが終わった数日後とかに、さりげない感じでまたLINEをくれる女性だと実際にまた会うことがあります」(37歳・メーカー勤務)

 

3・早めに帰ってしまった時はフォローが大切

「スタート時間が遅めの飲み会をした時、1時間くらいでさっさと帰ってしまった女性がいたんです。そんなに話してなかったし、つまらなかったのかなーなんて軽く思っていたんですけど、グループLINEができた後にわざわざ個人LINEで『出張がなかったらもっと一緒に飲みたかったです』と送ってくれました。遅くまでいてくれる女性も嬉しいけど、先に帰ったのにわざわざ連絡くれたことが嬉しかったです。そう言われて、次を誘わない男なんていないと思います(笑)」(37歳・マスコミ関係)

>>チェック!→なるほど…モテ女は「LINEで御礼をいうとき」コレをつけてた!

 

ドキッと惚れ直した!モテLINEはこちら

4・あえてLINEで「褒め言葉」を送る

「僕の彼女は3歳上なのですが、いつもLINEで『お疲れさま』、『いつも頑張っててかっこいい』など褒め言葉を送ってくれます。定番かもしれないですが、やっぱり褒めてもらうと嬉しいです。忙しくてあまりかまえないのに、怒るどころか理解して心配してくれたり、上から目線ではなく褒めてくれたり……そんなサポートしてくれるところが、年上の魅力だなって感じています」(36歳・不動産関連)

 

5・「感謝の気持ちLINE」で浮気心がストップ

「ある程度付き合っていると、つい出来心というか『浮気できたらラッキー』くらい、ゆるく狙ってる女性とデートすることってあるんですよ。でもそんなタイミングで彼女から『いつもありがとう、なんか急に感謝の気持ちを伝えたくて』なんて届いたことがあって『俺、何やってるんだろう』って冷静になりました。他にも『牛丼作ったからシメを食べずに帰ってきてね』って届いて浮気願望がなくなったことも。今思えば、タイミングが良すぎたのでスマホを見られてたのかもしれませんが(笑)」(38歳・IT関連)

 

6・忙しい彼には「?」を送らない

「仕事柄、忙しい時期と比較的余裕のある時期とあるんです。付き合う前には必ずそのことも言うのですが、今までの彼女は必ず不機嫌になっていました。怒らなくとも、応援しているかのようなことを言いながら『会いたい』、『せめてLINEをマメに』など、自分の不安を解消するためにどうにか……みたいな。ですが今の彼女は、何かを強制することもなく、放っておいてくれるんです。そんな優しさに甘えさせてもらいつつ、彼女のことが本当に大切に思えます」(38歳・マスコミ関係)

>>チェック!→【男の意見】彼女にドキッと惚れ直す!僕がもらった「モテLINE」

 

男が惚れる!可愛いLINE

7・背伸びしない等身大の姿


「アラフォー世代の女性は、プライドが高い人が多いと思うんです。あまりにも無知な人は嫌だけど、知らないことは知らないと、きちんと言える等身大な姿にグッときます。素直な気持ちは若い頃のまま残っていて欲しい」(35歳・メーカー勤務)

 

8・笑顔が伝わってくる文章


「男って、よく笑う人や会話を楽しめる女性に惹かれるんです。一緒にいるときはもちろんですが、LINEから楽しい気持ちや笑顔が伝わってくる人はデートに誘いたくなります」(37歳・ジムインストラクター)

 

9・自分で「アラフォー」と言う


「『私はアラフォーだからさぁ』とか、アラフォーという言葉を否定的な意味じゃなくサラッと自分で言えちゃう人は可愛いと思います。誰でも必ず年齢を重ねるのに、受け入れられていない人があまりにも多いけど、きちんと受け入れている方が素敵です」(38歳・IT関連)

 

>>チェック!→アレを言うだけ…男が惚れるアラフォー女子の「可愛いLINE」

 

いかがでしたか?

是非参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク