長引く腰痛の原因は?どうすれば治る?【6つの質問】でその痛みが軽減します

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。

私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。

 

骨折や病気ではない。腰に悪い生活習慣もない。体の柔軟性にも問題がない。それでも腰痛が消えない。となると、いよいよ身体的な原因ではないのかもしれません。

今回はその判断方法「腰痛問答」について解説します。

 

「よくわからないけど痛い」が慢性化のもと

 

あなたは、自分の感じている痛みが、何をきっかけにして、どんなときに、どのように生じるのかと聞かれて、具体的に答えられるでしょうか?

答えられないとすれば、それが、「何をしても治らない慢性痛」の原因かもしれません。

 

自分の腰痛に対する理解を深めることが、痛みの原因を明らかにする一つの方法です。

「よくわからないけど痛い」という状況から、「痛みとちゃんと向き合うこと」へと理解のステージを進めていきましょう。

痛みを理解できれば、痛みを軽減できる可能性があるのです。

 

痛みの現状を把握する3つの「腰痛問答」

痛みを理解するためには、細かく具体的に、痛みに対する自問自答を繰り返すことが有効です。

まずは現状把握のための3つの質問です。

 

質問①「どこが痛みますか?」

こう聞くと、最初は多くの人が「腰のあたりが痛いです」としか答えてくれません。

そこで次に、より具体的な質問をします。

 

質問「どんなふうに痛みますか? どんなことをすると痛みますか?」

このように聞き直すと、「腰を曲げると痛いです」「ビリっと電気が走ったような感じです」というように、本人の答えも徐々に具体的になっていきます。

そしてさらに掘り下げていきます。

 

質問「普通に立っていると痛みは出ませんか? 腰を反ると痛いですか?」

こう聞くと、「立っているだけでは痛くないです。反っても大丈夫です」と自分の痛みに対する理解が深まっていくのがわかります。

 

このようにして質問を重ねないと、自らの痛みに対して細かく分析してみることはないでしょう。

あなたも先の3つの質問に対して、自分でも答えてみてください。

「やっぱり腰そのものに痛みがある」

「どうやら腰以外を動かしたときに腰に痛みが出るみたいだ」

「冷静に自問してみると、思っていたほどの痛みはなさそうだ」

きっといろいろな答えが出てくることでしょう。

 

痛みに対する自分の感情を具体化する3つの「腰痛問答」

痛みの現状を客観的に理解したら、次に大事なのは、痛みに対する自分の気持ちや考えを具体化することです。

今度は次の3つの質問に答えてみてください。

 

質問「腰の痛みは自分にとってどのような存在ですか?」

すごく嫌なものだったり、運動や日常生活をするうえで邪魔なものだったりするでしょう。

 

質問「どうやったら治りそうですか?」

これは、わからないという人が多いかもしれません。しかし大事なのは答えが合っているかどうかではなくて、治すことを考えることです。

 

質問「痛みがなくなったら、どうしたいですか?」

今まで我慢していたスポーツを思いきり楽しみたいとか、ポジティブな思考に切り替えていくことが大事です。

 

これらの質問の目的は、受け身ではなく、必要な情報を積極的に選択する主体性を持たせることです。それが腰の痛みの緩和や予防にもつながるからです。

痛みを自分でどう捉えるかが、その痛みが慢性化するかどうかにも深く関わってきます。

 

逃げ腰な心が腰痛に

 

そんな心の問題が痛みの原因になるのか? と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、これは事実です。

 

一つ例をあげましょう。スポーツをしている学生などの中には、稀に、痛みを「心理的に治したくない」人がいるそうです。

普通は痛みを、一刻も早く取り除きたいはずですが、なぜ「治したくない」状態になってしまうのでしょうか。

 

それは、「頑張っているのに結果が出ないのは、腰の痛みのせいだから仕方ない」と、自分で思い込んでいるためです。痛みがあることが理由のようになってしまって、「自分の腰は痛いんだ」と強く思うことが原因で痛みが現れることがあるのです。

 

このようなときに、腰に目立った異常はないのに痛みがあるという、原因不明の慢性腰痛になってしまいます。この状態に陥っている場合は、痛みは繰り返されます。

例えば、試合が近づいてくるとまた逃げ道が必要になり、痛みを心が生み出してしまうのです。

 

仮病のように嘘をついているのとはまったく違います。本人も意図しているわけではなく、本当に痛みがあるのです。

 

脱・ネガティブ思考で痛みが和らぐ?

近年の研究では、このように心理的なストレスが実際に痛みを生み出すことが明らかになっています。

最初はケガなどがきっかけで生じた痛みだとしても、痛みによって考え方がネガティブになり、ケガが治っても痛みがとれず慢性痛になるのです。

そして慢性的な痛みが長く続くと、さらにネガティブになっていく悪循環に陥ります。

 

この悪循環を断ち切るためには、プラス思考になりやすい環境をつくり出すことが大事です。「よくわからないけど痛い」状態は、不安や恐怖を生み、人によっては逃げ道をつくります。

ですから、まずは痛みを具体的に理解することで、「よくわからないけれど痛い」状態を抜け出してもらいます。

 

そこから先で大事なのは、さらに上を目指し、プラスに持っていくことです。痛みの解消は、マイナスだったものがゼロに戻ったにすぎません。

そこで止めてしまわずに、「痛みがなくなったらこれがしたい」「痛みがなければあれができる」と考えることで、不安や恐怖や「逃げ道思考」から脱出することができます。

 

プラスのイメージは、小さなことで構いません。腰痛が治ったら、今より少し速く歩けるかもしれないとか、少し遠くに旅行に行けるなど、些細なことでも想像してみることが大事です。

 

心の腰痛対策… 痛みをプラスに捉える

 

本人が自分の痛みを自分の言葉で表現し、認識と理解を深めるという変化によって、痛みは軽減されていきます。「実はそんなに痛みは強くないな」とか「腰痛が出ている時間はほんのわずかだな」と理解できるからです。場合によっては「軽い痛みなら上手に付き合っていこう」という結論でも構いません。

 

痛みは、体からの自分への何らかのメッセージ。自分の体の認識を深め、ひいては自分自身に向き合うチャンスをつくってくれるのです。

 

原因不明の慢性腰痛を抱えている人は、次のようなことを自問自答してみてください。痛みに対する今までになかった気づきが生まれて、腰痛解消に向かうかもしれません。特に、長年付き合っているような痛みだと、「いつものこと」としか考えていないことも多いのではないでしょうか。

 

・いつから痛いのか

・何がきっかけで痛むようになったのか

・どういうときに痛いのか

・具体的にどこが痛いのか

・どんなふうに痛いのか

・痛くて嫌なことはあるか

・痛くてできないことはあるか

・痛くてもできることはあるか

・どうすれば痛みがなくなりそうか

・痛みがなくなって困ることはあるか

・痛みがなくなったら何ができるか

・痛みがなくなったら何をしたいか

 

自分の痛みに対する理解が深まることで、腰痛の原因が体にあるのか? または心にあるのか? を客観的に理解し、痛みの原因に対して納得するきっかけになると思います。

 

 

 

さらに詳しく知りたい方はこちら

日本腰痛研究開発機構著  2018年12月23日発売  アスコム刊

スポンサーリンク

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

【ぽっこりお腹】はココを伸ばすと秒で治る!猫背もスグ解消|10秒ストレッチ

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。肩コリや腰痛を引き起こし、見た目もあまり良いとは言えない猫背。この猫背を解消するために胸を張ったり、背中を寄せたり…

肩コリは「脇をさすり、回すだけ」でびっくりするほど解消する!【新連載・バズる10秒ストレッチ】

こんにちは!10秒ストレッチトレーナーの柴です。今週からストレッチの連載をお届けします。さて、肩コリや痛み、そして動きの悪さで悩んでる方がいると思いますが、それを…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲ん…

【腰痛】はアイドルの追っかけで治る?「脳が起こす」2つの痛みとその処置

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。現在、日本腰痛研究開発機構で代表をつとめる私も、かつてIT関係の仕事をしていて、慢性的な腰痛に悩まされていました。それから自分の腰にピッタリあった…

腰痛を「座るだけ」で治す坐骨矯正テクの正体【理学療法士が解説】

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私もかつてIT関係の仕事をしていて、慢性的な腰痛に悩まされていました。それから自分の腰にピッタリあったマットレスを独自に開発し、今では腰痛に苦しむ…

「腰痛対策ストレッチ」痛みの取り方のタイプ別正解は?

慢性腰痛の原因は人によって千差万別、その対策も様々です。私は腰痛に関わるあらゆる専門家に話をうかがい、あらゆる角度から原因と対策を研究してきました。腰痛はどんなときに痛みが出るのか、その動きを見ること…

試しに肩を上げてみて?腰の痛みは「〇〇が硬い」せいかも

腰に異常がないのに、腰痛が治らない。これはプロのアスレティックトレーナーからすると、さほど不思議な話ではありません。例えば、腰が悪くなくても「足首が硬い」と腰痛になるケースがあります。なぜなのでしょう…

「朝起きたら腰が痛い」人、腰痛負債が溜まってるかも?気をつけたい4つのポイント

腰痛は、整形外科医に「明確な原因がない」と診断されるケースも多くあります。医者ですら原因を特定できないのに、腰痛の原因をどのように探っていけばよいのでしょうか。今回は、日常生活の中で腰痛発症のリスクを…

あなたの腰の痛み、どのタイプ?チェックリストでわかる「知らなかった原因」

仕事で無理をしすぎて、もう腰が壊れてしまった……痛くなるたびにマッサージや鍼治療の繰り返し……お医者さんにかかっても痛み止めで終わり……こんなふうに、自分の腰痛はもう治らないんだと、諦めてはいませんか?日本…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事