【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。

私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。

・立位体前屈はもちろんマイナス

・開脚もできない

・背中だけでなく全体的に身体が硬い

そんな人でも3日坊主にならないストレッチ、それがたんだあつこ先生が指導する「肩甲骨はがし」なのです。

 

以下の3つをPCの横に貼って!「座ったままできる肩甲骨はがし」

背中で両手が組めた方、では「背中で合掌」はどうでしょうか? できなかった?

無理もありません。仕事をしていれば忙しさのピーク、家事をしていればそれも忙しさのピーク。自分だけのために使える時間がどんどん減っていきます。メンテナンスが足りていない自覚はみんな持っていることでしょう。

 

そして、避けられないファクターが更年期。残念ながらホルモンバランスの上でも身体の柔軟さが減る時期なのです。

 

そこで、「これならできる」「肩まわりが軽くなる」3つの肩甲骨はがしをご紹介します。

 

【この記事の使い方】

1・まず、このページを読みながら一通り実践し、方法を覚えます。

2・以下の見出し3つをメモに書いてPC回りに貼ってください。

3・今日から「見るたびに実践」!クセをつけるのが大事です。

 

1・肩こりに「鎖骨の下流し」

悩み1位、不動のトラブルは「肩こり」です。長い時間PC作業をして肩がこったなというとき、みなさんはすぐ肩をもみたくなるのではないでしょうか。たんだあつこ先生の「肩甲骨はがし」では、軽く握った指の関節を使い、鎖骨の下に沿って体の外へ向けて流します。鎖骨部分のリンパを流すイメージです。

1・指を軽く握った関節の部分を鎖骨下の中央に当てます。

2・鎖骨に沿って体の内側から外側に流します。皮膚をこするのではなく、骨から筋肉を動かし、はがすイメージで。

3・最後に、腕の付け根のくぼみ部分へと流していきます。左右同じように行います。

 

鎖骨下全体からワキへにかけては、身体のリンパが最後に集まる、いわばゴミだめ。この老廃物を腎臓・肝臓から排せつするために、鎖骨を動かさねばなりません。鎖骨をほぐしておくと肩甲骨も動きやすくなり、最終的に肩こりや首こりがラクになります。

胸骨に近い部分には咳のツボもあるので、咳が出る場合はここを動かすといいでしょう。腕の付け根に近い部分は肩こり・首こりのツボなので、こうして動かしただけで、首、肩、腕、背中が楽になりますよ。

 

2・肩から首にかけてのこりは「ピノキオの鼻のばし」

どれだけ肩がこっていても、肩を直接もんだり、首を回したりするのはNG。頭蓋骨は5kg近くあるので、頭を回すと首筋を痛める原因になるからです。首や肩が凝った時には、まず、首を倒し、「肩甲骨を動かす」ことが大切です。そのためにはこのストレッチ。

 

1・顔は正面に向け、首を右側に倒します。

2・左の肩を後ろに引き、左の肩甲骨を背骨のほうにぎゅーっと寄せます。肩が上がらないように。

3・鼻がピノキオのように前へぐーっと伸びる感覚に。

4・そのままピノキオの鼻をぐーっと下に向けます。

ほら、首筋が伸びませんか? そうなの、これで十分なんです。ポイントは、ピノキオの鼻が前へ伸び、下へググググググと引っ張られる感覚。

ひじには力を入れないでOKです。逆側も10~30秒、気持ちよく。息を吐きながら行ってください。

3・背中のこりに「あばら骨の間はがし」

背中がこって、ほぐしたいときは、鎖骨下、こぶし1つ分の、あばら骨とあばら骨の間をはがします。身体の後ろ側である肩甲骨をはがすためには、肩甲骨やそこにつながる部分を直接無理に動かすのではなく、その周囲がいつも柔軟に動くようにしておくのが大事なのです!

 

1・写真のように指で押さえて探しても、にぎりこぶしで押してもOK。背中の方にビーンとひびく位置があるので、そこを見つけてください。

2・10~30秒、ゆっくりと力を入れて押さえます。骨と骨の間を押し動かし、はがします。

3・身体の左側、右側ともに、きもちい~い位置をはがしてください。

 

背中が張り、首が痛いとき、喉に違和感があるときにも効果があります。

 

 

もっとスッキリ!「寝たまま肩甲骨はがし」

今回ご紹介した「座ったまま肩甲骨はがし」は、座ったまま・立ったまま行うバージョン。より深くリラックスする「寝たまま肩甲骨はがし」は、「寝た状態」で自分の体重をうまく利用してゆっくり気持ちよく行います。誰でも簡単にできます、本当に気持ちいい~!

 

20161128131343

クリックでアマゾンにジャンプ

『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』 たんだあつこ・著 主婦の友社・刊 600円+税

アマゾンはこちら

アマゾン(電子版)はこちら

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

40代女性の体は足裏で整える!老け防止にもなる足ツボが気持ちいい

40代になると30代の頃と比べて筋力が低下するため、体の老化を感じる年代に入ります。すでに実感している人も多いのでは? より意識的に運動をしないと、筋力が低下し全身…

篠田麻里子が玄米婚!10日で3㎏美しくやせる「玄米ダイエット」とは?

元AKB48で女優の篠田麻里子さん(32)が今月16日に3歳年下の実業家(29)と結婚。2人には「玄米を食べて育ったところ」など共通点が多かったそうで、ネット上では「玄米」「玄米婚」がバズってますね!なるほど…

ゴミだと思ったバッグが売れた!捨てる前に「ラフリする!」

わたくしごとですが、娘の小学校入学に合わせ、10年住んだ代々木を離れて小田急線の経堂に引っ越しました。積もりに積もった10年分の不用品を捨てに捨てまくり、こんなゴミにたっかいお家賃を払っていたのかと心底腹…

[PR]

44歳、「めまいとだるさ」に悩む私を救ってくれたのは【100人の更年期#3】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

【100人の更年期#2】47歳、この先の「性」も気になりませんか?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

宮沢りえも感激!「ヒアルロン酸の針」シート美容液が試せるストア登場

女優・宮沢りえさんが朝日を受けてほほ笑むCM、もう見ましたか? 資生堂ジャパンが2月1日からリニューアルした「NAVISION」は、140年にわたる美容皮膚研究から生まれた新しい美容体験のスキンケアブランド。その全…

【新連載・100人の更年期】54歳、太ったのは更年期のせい?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

あなたがお正月に太った理由は…?お正月太りとGW太り、原因と対策・3つのダイエット

こんにちは、主婦の友社オトナサローネ編集部の井一です。私は長年ティーンからシニアまでさまざまな世代の女性誌でダイエット記事を担当してきましたが、平均的な女性がリバンウンドなく確実に「健康と美」を手に入…

40代の婚活の始め方、終わり方。婚活コラムニストが考えたことって?

オトナサローネ編集長の浅見が「私、婚活しようと思うの」と突然発言したのは、今から2年半前、サイトオープンから2か月ほどたった夏ごろでした。(…????婚活???? まてまてまてまて、浅見ちゃん最近彼氏い…

その「かたいひざ裏」が下半身デブの元!今すぐカンタンにできるひざ裏チェック3ポイント

「私、体がかたいの」と言う機会が多い人。もしかして、あなたの下半身は冷えていませんか?柔軟な関節は、よく動かせる、代謝のよい身体には欠かせません。さて、ここで気になるのが、かたさを決めてくる「ひざ」の…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知症そのものは40代から進行が始まることも事…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事